スキル身につく+輝きプラス!

動物介護資格

人より早く老いる愛犬猫の 気持ちに寄り添える資格です

動物介護士は、介護が必要な犬猫の、基本的な介護方法や飼い主のケアまで、トータル的にサポートできる資格です。

動物介護士は、人間と同じように高齢化が進んでいる、犬猫などのペットや飼い主に必要とされる資格です。

動物介護資格が役立つ分野・将来の仕事

動物介護資格を就職に役立てられ、仕事ができる場所はいくつかあります。

  • 老犬、老猫ホーム
  • 動物病院
  • ペットホテル
  • ペットサロン
  • ペットを取り扱うホームセンター
  • ドッグカフェ、猫カフェ
  • ペットショップ
  • ペットシッター
  • ペットインストラクター

また、ペット達の生態や心理を熟知しているので、必要なしつけを最適なタイミングで行える為、パピーウォーカーなどの仕事も可能です。

この様に、動物介護士の需要は様々な場所にあります。

高齢の犬猫との付き合い方は早めに学んで

人間と同じく、いつか年老いるペットですが、そのスピードは人間の4倍と言われています。

いつのまにか老齢期を迎えた、ペットのサインに突然気づいて慌てるよりも、あらかじめ知識を得て、心構えを身に付けておく事が大切です。

高齢犬猫とされる年齢

小型犬は10歳から、大型犬は8歳以上
11歳以上

老化のサイン

【犬】

  • 睡眠時間が増える
  • 段差を嫌がる
  • ご飯を食べない等食事量の変化
  • 散歩や歩くのを嫌がる
  • 口内、目や皮膚、被毛の環境悪化

【猫】

  • 被毛の色が薄くなり、顔の周りに白髪が増える
  • 歯に黄ばみや、茶色っぽく汚れてくる。また口臭がある
  • 被毛の艶がなくなる
  • 爪がよく伸びる
  • 目ヤニが増える

老犬との付き合い方

散歩、歩行補助

筋力が衰えて、歩く事を嫌がるようになりがちな老犬ですが、お散歩は1番の運動になります。

無理をさせてはいけないので、どうしても嫌がる時は、家の中を歩かせるなど、犬の気持ちに寄り添ってサポートしてあげましょう。

歩行補助のサポートグッズ→前足、後ろ足用ハーネス。部位別にある為、その子の状態に合わせて使用できる。

補助機能付きベスト→室内で歩かせるのに便利。背中を支える様にして歩かせる事ができる

靴→歩行がおぼつかなくなり、足を引きずりやすくなる為、肉球や爪を、アスファルトなどで傷つけないように保護する

食事のサポート

消化器官が衰えて、食欲不振になったり、咀嚼ができず、食べる事自体が困難になる場合があります。

  • ご飯を柔らかくしたり、ペースト状にしてスプーンなどで食べさせる
  • フードを食欲のでる香りの強い物に変える
  • 缶詰など、嗜好性の高いトッピングをする
  • 温めて香りを立たせて食欲を刺激する
  • 食べやすい様にお皿の位置を高くする。滑らない様にマットを敷く

犬の為の介護食も販売しています。ぬるま湯を加える事で、団子状や、流動食の様にして与える事ができます。栄養バランスも考えられている為安心です。

排泄の補助

老化により、今までトイレでできていたのに、所かまわず粗相をしてしまう事が増えます。

犬自身も戸惑っている場合があるので、叱る事は止めましょう。

飼い主の負担を軽減する事にもつながるグッズは、おむつや防水シーツなどがあります。

例えば、飼い主が出かけている間だけおむつをするなど、粗相をされては困る場所にあらかじめ防水シーツを敷くという方法があります。

バリアフリー対策

足腰が弱り、段差に躓いて骨折などの怪我をしてしまう事があります。

少しの段差を快適に上りやすくする為、犬用のステップやスロープを使って、部屋の中をバリアフリーにする事も大切です。

床ずれ予防

老化だけではなく、怪我などで寝たきりになってしまった場合、長時間同じ姿勢で寝かせると、床ずれを起こします。これは、血流が悪くなるなど、骨が出ていて地面と接しやすい場所に起こります。

頬骨、肩、足の関節、膝、骨盤などが起こりやすいです。

  • 介護クッション→犬が顎や頭を楽に載せられる為のクッション。U字型や棒状の物、小判型など、様々な形がある
  • 低反発ベッド→身体にフィットして形状を保つ、衝撃吸収フォームが入ったベッド。長時間同じ姿勢で寝ていても血行を妨げずに体圧を分散する
  • 床ずれ予防サポーター→足の床ずれ防止や、関節を保護したり冷えを防止する
  • 床ずれ予防クッション→頭部、腰、肩の床ずれを予防する。圧迫を軽減して血流を妨げない

これらのサポートグッズは犬猫などの負担軽減だけではなく、飼い主の負担も軽くし、肉体的精神的サポートになります。

早いうちに知ることによって、うまく活用出来るようになり、老犬猫との生活を少しでも楽しく快適に変えられるでしょう。

動物介護資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

動物介護資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

動物介護資格を学ぶことで、就業先もたくさん増え、また学ぶ内容も、動物のお世話全般と多岐に渡る為、様々な応用ができます。

動物介護資格取得を、自分への投資と考えて取得されてみてはいかがでしょうか。

動物介護士のやりがい

  • 動物に毎日触れられる
  • お世話した子がリハビリなどを通じて元気になる
  • 飼い主から感謝される
  • 介護方法は多種多様で、常に勉強をする為、知識を蓄えられる

犬猫を飼育する前に身につけておいて欲しい

犬猫などのペットがいずれ老いて、特別なケアが必要となる事、またケア方法を、そのペットが子供の頃から頭に入れることによって、覚悟ができて不安も消えます。

ペット業界へ就職する際へのアピールに繋がるばかりではなく、自分のペットのケアの為に動物介護資格を取得する事は、ペットと最後まで幸せに暮らす事の手段にもなるのです。

ぜひ、資格取得にチャレンジしてみて下さい。

動物介護資格としては、次の二つの資格がおすすめです。

犬猫介護アドバイザーとして、犬と猫の介護に関する知識を有している事が認定される資格です。 ↓

犬や猫の基本的な介護方法、食事のケアなどの知識を有し、それを指導できる事が認定される資格です。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です