スキル身につく+輝きプラス!

アスリート栄養食インストラクター資格

栄養素を意識した健康管理が できるようになります

アスリート栄養食インストラクター資格は、アスリート選手に必要な食事や栄養などの職に関することと、風邪対策や疲労回復などの健康維持に関する知識などの習得が認められる資格です。

本格的なアスリート選手やインストラクターの他にも、部活動や社会人クラブなどの日常的にスポーツへ関わっている人も取得しています

今回はそんなアスリート栄養食インストラクター資格について紹介していきます。

ビタミン・タンパク質を意識した食事を

アスリートやスポーツ選手の身体づくりで栄養素はバランス良く取ることが必須ですが、その中でもビタミンとタンパク質は意識して取るべき栄養素です。

身体づくりに必要なビタミンとタンパク質

ビタミンは種類がありますが、その多くがエネルギーの生成や変換に関わるので、身体を動かすための、必須の栄養素です。

また、タンパク質は身体を構成する栄養素の一つであり、筋肉や骨の素材にもなるので、身体づくりでは中心とも言える栄養素です。

現代の日本人は普通に三食取っていても栄養不足になりがちで、しっかりと食事のメニューを選ばない限り、この2つも必要な量が摂取できていない可能性があります。

アスリート栄養食インストラクター資格で勉強する中では、この2つがどんな食事から取れるか、どのタイミングで取るのが良いかといったことが学べるようになっています。

また、栄養補助食品であるサプリメントについても正しい知識が得られるので、普段の食事での摂取が難しい人は、サプリメントを活用することも考えられます。

それ以外にもアスリート栄養食インストラクター資格では、以下のような様々な知識が身に付いていきます。

間違った糖質制限は体の毒になる

ダイエットの一つとして流行したものに糖質制限ダイエットがあります。

ごはんやパン、麺など主食に含まれる糖質を一切取らなければ体重が減るというもので、確かに糖質を取らなければ、数値として体重は減るものです。

しかし、糖質を取らないだけでは根本的なダイエットにはならないのです。

糖質は必要な分は取らなければならない

糖質は必要な分は取らなければならない

糖質は体のエネルギー源となる栄養素の一つで、糖質を取らないことはエネルギー不足を引き起こします。

そして、エネルギー不足になると、肝臓や筋肉に蓄えたエネルギーを持ち出して身体を動かしていくことになります。

すると、身体全体の筋肉量が減り、結果的には体重は落ちるものです。

しかし、筋肉量が落ちると、身体の代謝が悪くなり、脂質を摂取した際に燃焼できず、脂肪として付いてしまう可能性が高まります。

また、栄養不足から体調不良を引き起こしたり、栄養を求めるために糖質のある食べ物を急激に食べ過ぎて、逆に体重が増えたりする可能性もあります。

過度な糖質制限では一時的に体重は減らせるのですが、あまり効果的とは言えないのです。

重要なのは食事のバランス

上記の状態は糖質に限った話ではなく、全ての栄養素に言えることです。

本来必要となる栄養素を取らないことは、他の何かで無理やり補うことになり、結果的に健康状態を悪くしてしまう可能性があります。

そこで重要なのは食事のバランスです。

全ての栄養素が必要なだけ揃ったバランス取れた食事こそダイエットに必要であり、それと合わせて身体を動かすことが正しいダイエットです。

アスリート栄養食インストラクター資格では、食事と運動に関わる部分が中心となるため、身体の健康維持はもちろんのこと、ダイエットの際に参考にできる知識も身に付けられます。

体調管理には食事と睡眠が欠かせない

体調管理していく上で食事と睡眠は非常に大切な要素です。

具体的に見ていきます。

食事と睡眠で1日のリズムを作る

食事については三食しっかり取ることで、常に身体の代謝を保てるようになり、余計な間食を取らずに済むようになります。

また、夕食は20時までに取ることで、夜の時間帯で脂肪を溜め込まないようにすることも可能です。

睡眠については睡眠不足になると、肥満や生活習慣病に繋がってしまいがちなので、摂取した栄養も悪い方向に働く可能性があります。

まずは決まった時間に起きることで体内時計を設定し、なるべく早く睡眠を取って身体を休めることで、健康な状態を維持されるようになります。

アスリート栄養食インストラクター資格では、風邪対策や疲労回復に関する項目もあるので、食事と合わせて休息や睡眠も正しいとり方を学べるのもメリットと言えます。

若さで無理をするのは危険

中高生でも部活やクラブの関連で身体づくりに励んでいる人も多いと思います。

その中で間違った知識で運動や食事すると、身に付くはずの筋肉や体力が付かなくなってしまう可能性があります。

若いうちの健康管理とは

先に紹介した、糖質制限ダイエットのような無理なダイエットは、成長に必要な栄養素が取れないことが多いので、絶対にしない方が良いのです。

反対に、現役のアスリートと同じ様な食事法を取ることも中高生の身体には適していない可能性があるので、身体への危険性が高まってしまいます。

体力がある分、無理な動きや食事もできてしまうかもしれませんが、若いからこそ将来的に使える基礎を適切な運動と食事で作っておいた方が良いのです。

部活動やクラブの手助けに

アスリート栄養食インストラクター資格では、年齢に対応した食事と栄養についても学べるので、中高生で必要な栄養素も知識として身に付けられます。

また、スポーツの種類ごとの食事や試合前後の食事などは部活動やクラブにおいても生かせる知識なので、スポーツに励むお子さんのために取得しても、かなり活用の場面があります。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です