スキル身につく+輝きプラス!

アーユルヴェーダアドバイザー資格

アーユルヴェーダって 難しい?いえ、基本から しっかりだから安心!

アーユルヴェーダアドバイザー資格では、アーユルヴェーダの基礎的な知識の習得と、生活への導入方法を身につけていて実践できることを証明されます。

自身の生活だけでなく、エステのお客さん、占い関係の相談者など第三者へのアドバイスをする時にも生かせる資格で、プライベートでも、仕事でも生かせる資格です。

アーユルヴェーダアドバイザー資格で学べること

アーユルヴェーダアドバイザー資格では、ピッタ・カパ・ヴァータの概念、また、それに基づく健康法を学べます。

オイルトリートメントのような世間一般の想像するアーユルヴェーダの一部分だけではなく、アーユルヴェーダの真髄からじっくり学習し、習得します。

ピッタ・カパ・ヴァータに基づく思想

ドーシャのエネルギーとして存在する3種類、ピッタ・カパ・ヴァータは、それぞれピッタ(火:PITTA)、カパ(水:KAPHA)、ヴァータ(風:VATA)を意味します。

多くの人はこの内のどれかが弱く、バランスが崩れやすいため、そのバランスを保てるように工夫していくのがアーユルヴェーダです。

自分の弱い所を理解して、それ以上弱くならないようにする、そう考えると良いでしょう。

自分にあった健康法や食事法を学べる

3つのピッタ(火:PITTA)、カパ(水:KAPHA)、ヴァータ(風:VATA)はそれぞれ相性の良い食べ物、悪い食べ物が分かっています。 人によってはナッツ類を食べるのが良くない人、ナッツ類を食べたほうが良い人がおり、世間に流布される健康法からナッツを食べていても、逆効果になっている場合があります。

食事や暮らしの改善に役立つ

アーユルヴェーダの知識で、食生活と普段の生活習慣が改善できるようになります。

全てを変えるわけではなく、その人それぞれにとって最適な暮らしのスタイルを見つけるための一助となります。

崩れている、または、合っていない暮らしから、その人に適した独自の生活スタイルを見つけられるのです。

食事法や健康法もアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダではドーシャに基づく健康の概念、食事と食材の概念があり、まずはそれを元に食生活を変えてみて、改善が見られるか確かめます。

3つの属性がわかっていて、実践しても効果がない場合には、変える食材を絞り込んでいき、必要に応じて睡眠時間やストレッチ、運動も取り入れる必要があります。

自立した丁寧な暮らしのために

アーユルヴェーダを極めてくると、生活や食事から無駄なものがなくなっていき、生活はシンプルになります。

食材も最適なものが見つかってくると、調理法や購入コストを下げられるため、無駄な出費も減らせるのです。

その分、自由にできるようになったお金や時間、体力で趣味や旅行を満喫するのも良いでしょう。 丁寧かつ自立した暮らしを、アーユルヴェーダが助けてくれます

アーユルヴェーダを生活に導入する方法

アーユルヴェーダのイメージ

アーユルヴェーダは、知識さえ身につけていたら、生活に取り入れるのは簡単です。

食事のとり方や食材選びを再考し、睡眠時間や仕事の時間の調整などを工夫していくため、現代人の多くの人が簡単に実践できるような内容です。 健康的なハーブ類やスパイス類の知識も多少身につくため、教養、知識の幅は十分広がります。

知識があれば年齢問わず実践するだけ

アーユルヴェーダは完全に暗記できていなくても、実践できる内容です。

少しずつ実践して変えていき、試す、試行錯誤の繰り返しを効率的に行うものです。

実践的に学べる上に、変化も目に見えてわかるはずなので、習得に対するモチベーションも高く維持されるのです。

まずは食事から変えるのが最適

多くの科学的な健康法と同じく、食生活、睡眠、運動を変えていって根本的に生活を改善するのがアーユルヴェーダです。 習慣化は難しいのですが、日々食べる食事くらいはすぐに実践できて簡単なので、第一に食べる食材を変える事を意識しましょう。

サプリやオイルだけではない

アーユルヴェーダといえばオイルトリートメントの施術ですが、実際にはオイルだけがアーユルヴェーダではありません。

サプリメント、オイル以外にも食べるものをその人の属性に合わせて変え、代謝されやすいものと代謝されにくいものを区別していきます。

区別した上で実践し、体調が改善されたら続け、変わらなければさらに調整を加えていき、最適な食生活などを見つけるのがアーユルヴェーダです。

サプリメントやハーバルオイルよりも意味があるかも

食事を変えて、体質に合う生活ができればそれだけで、多くの美容の悩みも解消できます。

合わない食材は身体へのストレスとなり肌荒れやむくみ、疲労の増加にもつながります。サプリメントやオイルトリートメントよりも、美容効果が期待できます

肌にあったカンペキなボディケアを目指して

余計な添加物を身体に入れずに、理想的で最適なボディを手に入れられるのがアーユルヴェーダというアプローチです。 20代の若いうちに身につけることによって、無駄な健康グッズやダイエット商品に騙されないで、完璧に近い美容法を実践できるようになるでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です