スキル身につく+輝きプラス!

ビーズアクセサリー資格

カルチャースクールや自宅で講座を 開くなど活躍できるようになります

ビーズアクセサリー資格は、ビーズに関する知識や天然石に関する知識、ビーズテクニックなどビーズアクセサリーの作成についての基本知識や技術が一定以上とされる人に認定される資格です。

今回は、「ビーズについて詳しく知りたい」「ビーズアクセサリーには、どのような資格があるの?」といった興味のある方に向けて、分かりやすく資格の種類や学習内容をまとめましたのでご紹介します。

また、より詳細な内容を知りたい方は、WEBの公式サイトからもチェックできます。

ビーズアクセサリー資格を生かせる仕事

最近、女子の間でビーズアクセサリーは人気ですよね。インターネットでは、様々なビーズ簡単に手に入り、作り方なども公開されています

あなたが作った作品をインターネットやお店などで販売して収入につなげることも可能ですので、ぜひビーズアクセサリー作りの知識やテクニックを身に付けていきましょう。

ビーズそのものを販売してもOK

ビーズには、様々な種類がありますが、それもビーズアクセサリーの楽しさの理由の一つです。

選ぶのが楽しい!ビーズの種類

一般的に知られているビーズはガラス製ですが、素材には、ガラスやプラスチック、木、天然石など様々なものがあります。

あなたが、どのようなビーズを使用するかによって、仕上がりの雰囲気が大きく異なるのです。

それぞれの特徴を、下記の表にまとめましたので参考にしてください。

ビーズの種類

ビーズの種類特徴
   パールビーズ本真珠、淡水パール、本物の真珠、イミテーションパール、プラスチックパール、ガラスパール、コットンパールなど。パールは、落ち着いた雰囲気のアクセサリー素材なので、高級感を出す、上品な雰囲気のアクセサリーを作りたいときに使います。
    ガラスビーズスワロフスキー独特のカッティングは、美しい輝きが特徴。アクセサリーに華を添えてくれる。カット入りガラスビーズスワロフスキーほど輝きはないが、安価で手に入るので利用しやすい。ベネチアンガラス風模様のビーズデザインのアクセントに使うことで、エスニックな雰囲気が出せる。
  ウッドビーズ木製のビーズサイズの種類が多く、大ぶりのアクセサリーを作れる。ビーズ穴のサイズは大小様々あり、使いたいテグスや鎖が通らなかったり、穴が大きすぎて固定が難しかったりする場合がある。
 天然石ビーズ天然の石をそのまま利用したビーズ色や形が一つひとつ異なり、ラフな雰囲気を出したいときにおすすめ。
  プラスチックビーズ天然石風のデザインや模様つきの物、不透明の物など。高級なアクリル製ビーズ軽くて美しい色合いが特徴。その他、細長い竹のような竹ビーズ、しずく型のドロップビーズなどがある。

ビーズアクセサリーは、ビーズの編み方やパーツの組み合わせなどによって、様々なデザインを作れる点が魅力ですね。

ぜひ、あなたのビーズに関するスキルを磨いて、デザインアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか?

作り方や作業工程をYouTubeに載せるのもあり

卒業後は、資格とスキルを活かして色々な活躍ができるようになります。

雑貨店やビーズ専門店などで、自分の作ったビーズ作品を販売することはもちろんのこと、あなたのオリジナルのビーズアクセサリーをインターネットショップ等で副業することも可能です。

ビーズアクセサリーの仕事とは?

ビーズアクセサリーは、自分や家族、知人にプレゼントするために作るのもいいですよね。

しかし、せっかく学ぶのであれば、その知識や技術を仕事として活かしてみませんか。また、ビーズに関する仕事には、おもに次のようなものがあります。

専門店で販売員として仕事する
手芸店や雑貨店など、専門店の販売員として活躍できるようになります。
お客様が商品を選ぶときのアドバイザー役をつとめたり、ショップ内で講座を開いたり、などが可能です。他には、ハンドメイド作家として活躍されている方もいらっしゃいます。
作り方や作業工程を動画で発信する
ハンドメイド作家が活躍する場は大きく広がっています。ビーズアクセサリーの作品をネットショップで販売したり、SNSなどで公開したりが可能です。また、作り方についてもブログや本などで発信するという選択肢もあります。
カルチャースクールや自宅で教室を開く
カルチャースクールや自宅でビーズアクセサリーの教室を開くほか、イベントなどでワークショップの開催も可能です。ビーズアクセサリー作りは、子供から大人まで幅広く楽しめるものなので、様々な場所でスキルを活かせるでしょう。

ビーズアクセサリー資格で稼げる金額

このように、ビーズアクセサリーに関する仕事は様々なものがありますね。

では、気になる講師としてのお給料はどのくらいなのでしょうか?

講師として稼げる金額とは?

お店によって異なりますが、たいてい固定給料ではなく、講習費が講師とお店とで折半になるようです。つまり、講習費の半分が講師の稼げる金額となる場合が多いようです。

また、カルチャースクールでの講師に関しても、平均金額は、人それぞれで異なります。

いくらと一概に言うことはできません。一人の講師が、いくつかの講座を掛け持ちすることもあるので、稼ぐ金額は人それぞれでしょう。

おそらくどの講師でも給料制で働くことは難しいことが予想されます。しかし、いくつかの講座を掛け持ちすることで、ある程度の金額は稼げるでしょう。

資格があると有利

ビーズアクセサリーで生計を立てるためには、まずビーズアクセサリー資格を取得しましょう。

多くの手芸店やビーズショップでは、定期的にビーズアクセサリー教室を開いており、講師を募集しています。

この場合、資格を取得していることが募集条件となる場合が多く、地域の市民講座やカルチャースクール、自宅で講座を開くなど資格を活かして稼げるようになるでしょう

まずは、あなたにあった資格取得することで、ビーズに関する専門的な知識が得られます。

専用講座では、初心者でも安心して取り組める教材になっているので、ぜひ学んだことを活かして講師活動やビーズアクセサリーデザイナー、アーティストとして活躍の場を広げていきましょう。

ビーズアクセサリー資格の種類

ビーズアクセサリー資格の種類

ビーズアクセサリーに関する資格については、主に次の2つの資格があります。

ビーズアクセサリー資格を持つことで、今後、あなたがどう学んでいきたいかを具体的にして、ぜひ参考にしてください。

ビーズアクセサリーデザイナー資格

ビーズアクセサリーデザイナーは、日本デザインプランナー協会主催の資格です。

天然石についての知識や道具の使い方、ビーズのステッチ方法など、ビーズアクセサリーに関する知識とスキルを持っている方に認定されます。

その後、ビーズ作家としての活動やビーズアクセサリー講師として幅広い活躍が期待できます。

ビーズアーティスト

ビーズアーティストとは、ビーズアクセサリーの作成に必要な知識と技術があるとされた人へ認定されます。資格取得後は、さまざまな知識を利用して講師活動ができるようになります。

※「ビーズアクセサリーインストラクター」は、「ビーズアーティスト」に名称を変更することになりましたが、試験範囲や合格基準などの変更はありませんのでご安心ください。

このように、ビーズアクセサリー資格についての想像は、ある程度できたのではないでしょうか。

ビーズに関する知識、天然石に関する知識、ビーズテクニックなどが身につきます。 ↓

ビーズアクセサリーの作成、必要な知識と技術を指導できるレベルまで得られる。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です