スキル身につく+輝きプラス!

ブリーダー資格

獣医やペットショップに就きたい方 にオススメの資格です

ブリーダー資格では、繁殖・品種改良だけでなく、飼育に関する知識が学べる内容です。犬・猫の健康管理やしつけについても、しっかりと身につける必要があります。

これからブリーダーになりたい方だけでなくペットを飼っている方も、ケア方法を理解し、もっとペットの気持ちが理解できるようになります。

ブリーダー資格が役立つ分野・将来の仕事

ブリーダーとは、販売するためのペットを血統や健康などを考えて、繁殖をする仕事です。交配から出産まで全ての工程に携わります。

ブリーダー資格取得後はどんなお仕事に就けるの?

  • ペットショップ
  • 動物病院
  • 個人での販売
  • ブリーティング業

以上の仕事が主にあげられます。

どんなところで役に立つの?

ブリーダー資格をとり、トップブリーダーとしてドッグショーで入賞を狙う人もいます。副業として、ペットショップに販売している人もいます。

ペットに関わる仕事がしたい方向け

ブリーダー資格は、なにもブリーダーになるためだけの資格ではありません。ペットと接する仕事に就くうえでブリーダー資格があると、とても有利です。

ペットにまつわる仕事5つ紹介

トリマー
犬・猫を中心にペットのトリミング(毛をカット)をする仕事です。その際、爪を切り、耳掃除、体調の異変のチェックも行います。
ペットシッター
飼い主が家をあけるときに、ペットのお世話をする仕事です。飼い主宅へ行き、エサやりや、散歩などを行います。
ドッグトレーナー
ペットのしつけや、飼い主へのアドバイスを行う仕事です。
ペットホテルスタッフ
飼い主が自宅でペットのお世話できないときに、一時的にあずかる仕事です。主に、エサやり、散歩を行います。
ペットカウンセラー
ペットとのコミュニケーションで問題を抱えている飼い主へのアドバイスを行う仕事です。

合わせて取得すると有利な資格

個人でブリーダーとして販売を行う際に、「動物取扱責任者」が必要です。

特に勉強などは必要ありませんが、研修の受講と届け出を提出が必須です。

ブリーダー資格を学ぶ意味・若いうちの自己投資が大切

ブリーダー資格を学ぶ意味・若いうちの自己投資が大切

ブリーダー資格は民間資格のみで、資格なしでもブリーダーにはなれます。

ブリーダーになるために必ず必要というわけではありません。

資格をとる意味は?

しかし、犬・猫と接するうえでの必要な知識が基礎から学べる意味は大きいです。

ブリーダーとは動物の命を扱う仕事です。中途半端な知識では務まる仕事ではないため、まずは資格取得をし、様々な場面で対応できる基礎を培うと、実際の現場で困ることがありません。

興味があるのなら、体力がある若いうちに挑戦

ブリーダーは、ずっとペットのお世話しなければならないお仕事です。ということは休日や休憩時間はありません。そのため体力が必要不可欠です。

また、覚えることも膨大です。興味があるのなら、すぐ始めましょう。

ブリーダーの将来性

2003年に内閣府が実施した「動物愛護に関する世論調査」では、3人に1人の割合でペットを飼っていると答えました。

2020年、コロナ禍でおうち時間が増えた影響で、さらにペット需要が高まりました。そのため、ブリーダーやペットに関する仕事の有効求人も増えています。

獣医やペットショップの仕事を目指す方へ

獣医になるためには、高校卒業後に獣医系の大学で6年間学んだ後に、国家試験に合格する必要があります。国公立合わせても16校しかなく狭き門です。

獣医師免許を取得した後も、学会やセミナーへ参加と勉強が続きます。

ただ、苦労して仕事に就いた分、やりがいも感じられます。

獣医は、病気のペットを治療するだけの仕事ではありません。ペットを助けることで、ペットの家族も救えるやりがいのある仕事です。

ペットショップの仕事に就くには

ペットショップの店員は、学歴や資格問わず、だれでも就ける職業ではあります。

仕事内容として、接客や、販売、ペットの体調管理とお世話、取扱商品の管理などと多岐にわたります。

勤め先によって、犬・猫以外にも鳥類や爬虫類も取り扱いがあります。

そのため、幅広い知識が必要とされます。資格があると採用の際に有利になります。

ブリーダー資格といっても種類がたくさんあります。例えば、ペット繁殖インストラクターや犬・猫ペットブリーダー資格などがあります。

いずれも民間の資格であり、だれでも簡単に受験可能です。

ブリーダーになりたい方、ペットともっと仲良くなりたい方へおすすめしたい資格です。

ペットの種類別での繁殖に関する知識を学べます。どちらかというと趣味としてではなく、仕事にしたい方向けの資格です。取得難易度は高い資格ですが、ペット関係の仕事に就くときに有利です。

ペットの繁殖・改良についての基礎知識や、ブリーダー業務について学べる資格です。ブリーダーとしての開業方法や経費、販売法についての知識が身につきます。将来、カルチャースクールで講師活動やブリーダーになりたい人向けです。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です