スキル身につく+輝きプラス!

カフェオーナー経営士資格

経営者視点を習得できて カフェ経営を効率的に進められます

カフェオーナー経営士資格は、カフェオーナーとして必要な知識と、その知識を実務で活用できるレベルの技能を習得している人を認定する資格で、カフェ経営や美味しいコーヒーの提供が出来るようになる内容です。

この記事では、カフェオーナー経営士資格の魅力や知識についてまとめています。

より詳細な内容を知りたい方は、是非資格公式サイトもご覧ください。

カフェオーナー経営士資格が役立つ分野・将来の仕事

カフェはコーヒーや紅茶など、好きな飲み物を味わいながらのんびりとした至福の時間を過ごせる場所です。

カフェオーナー経営士資格では、カフェオーナーとして経営に関する知識と、それを実務で活用できるレベルの技能を身につけられるようになっています。

カフェオーナー経営士資格を生かせる仕事を4つ紹介します。

カフェオーナー経営士】

カフェオーナーは、経営者として自らカフェを運営していくやりがいのある仕事です。

カフェを開業するには、利益を確実に出すために、カフェ経営を効率的に進められるだけの十分な準備が必要です。

コーヒーの専門的知識、技術、マーケティング戦略に関する知識、開業計画などを適切に理解した上で、実務の中での様々な状況に併せて応用できる技能が必要です。

カフェの業界は、オーナーになる夢を持つ方は多いのですが、経験と努力により比較的夢を叶えられる魅力があります。

カフェオーナーは、経営に関する知識や経験に基づいて、お客様に満足してもらえるメニューやサービスを提供するためにも、カフェ経営やコーヒーに関する資格を持っていると、実際に開業してからも拠り所になるものです。

【カフェスタッフ】

カフェスタッフとして、美味しいコーヒーと、お客様が心地よい時間を過ごせるような雰囲気を提供します。

カフェに来られるお客様の一番の目的は、美味しいコーヒーを飲んでほっとしたひとときを過ごすことです。

お客様に満足していただくためにも、カフェスタッフとして、美味しいコーヒーの淹れ方やコーヒーの産地などの専門知識にも詳しいことが求められます

自信を持って接客ができるようになるので、資格を持っていると有利です。

【カフェ経営の講師】

カフェ経営の講師は、カフェのスクールなどで、カフェに関する専門的な知識や技術について指導します。

人生100年の時代の今、カフェ開業を考える中高年も多いようで、カフェスクールは20代から60代の幅広い受講生が通っています。

そんなカフェ開業の実現をお手伝いするカフェ経営の講師として、カフェオーナー経営士の資格を持っていると有利です。

【コーヒー専門店】

世界各国のコーヒー豆に興味があるのであれば、コーヒー専門店がおすすめです。

コーヒー専門店を経営するには、店の雰囲気も重要で、お客様がカフェ選びで最も重視する点として、店の雰囲気が挙げられています。

コーヒー専門店にとって、コーヒーの美味しさはもちろんですが、お客様に来ていただくためには店内の雰囲気作りも重要課題となるでしょう。

経営者視点を持つのは貴重な経験になる

現代日本のカフェは多様化しており、飲み物を提供する場というだけでなく、レストランの要素を取り入れたカフェレストランや、さまざまなサービスを提供しています。

カフェオーナー経営士資格は、カフェオーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を習得するため、これからカフェオーナーとして働きたい方は経営者視点が得られるので、非常におすすめです。

そのほかにも経営者に必要な資質があります。

  • 経営者の立ち位置を心得る
  • 会社の財務・経理に関する知識
  • 資金調達
  • コミュニケーション能力
  • 将来を読む先見性
  • 判断力
  • 変化に柔軟に対応する能力

カフェオーナー経営士資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

カフェオーナー経営士資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

カフェの仕事はこのように分類されます。

  • 接客
  • 調理
  • 清掃
  • 管理
  • 経営

カフェの規模や、その人の能力に応じて複数の仕事を掛け持ちする場合もあります。

どの仕事も重要で欠かせないものですが、その中でも管理と経営の仕事はカフェを形成する大切な部分です。

カフェオーナーの仕事の喜びは、自分が一生懸命考えたアイデアが詰まったお店が軌道に乗った時に最も感じられるものです。

現代では競合するカフェがたくさんあるため、戦略を立てていく必要があります。

もしコーヒーに興味があり、将来カフェの経営者を目指しているのであれば、自分の夢をかなえるために、若いうちからの自己投資が大切です。

バイト先でも経営視点で仕事のできる人になれる

カフェオーナー経営士資格は、カフェオーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を

習得できます。

これはカフェ経営者にとって重要な資格ですが、アルバイトとして働く場合にも役立てられます。

誰にでもできるようなことを、単なる労働者として常識の範囲内で一定の働きをしていればよいというものではなく、上の視点を持つことはとても大切です。

どうのようにしたらもっと喜んでもらえるカフェになるのか、この店のために自分ができることは何かなど、経営者目線で働くことはコーヒーの専門知識を持っているものとして、働きがいにも影響するでしょう。

興味のある方は是非資格取得を検討してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です