スキル身につく+輝きプラス!

カフェオーナー資格

カフェを始めたい方に オススメの資格です

カフェオーナー資格は、カフェオーナーとして必要な経営の知識や、コーヒーの淹れ方などがしっかりと学べる内容であるため、将来カフェの経営をしたい人の間で人気が高まっています。

今回はカフェオーナー資格について、詳しく説明していきます。

カフェオーナー資格が役立つ分野・将来の仕事

カフェオーナー資格は、主にカフェ経営に携わりたい人や、自分でカフェを開業したい人にとって重要な資格の1つです。

カフェオーナーとして必要な経営の知識や、コーヒーの淹れ方などがしっかりと学べる内容であるため、将来カフェの経営をしたい人の間で人気が高まっています。

【カフェオーナーとは?

カフェオーナーは、お店のコンセプトやサービス内容を形作る経営者であり、顧客に魅力的なサービスを提供し、経営者として売上などの数字を見ていく力も求められます。

カフェオーナー資格が役立つ分野・仕事

カフェオーナー資格の取得によって、以下の仕事で活用できるようになります。

  • カフェの経営者(マネジメント・サービスの提供)
  • カフェスタッフ(コーヒーやサービスの提供)
  • 料理教室・セミナー運営者(コーヒーに対するアドバイス・指導)

カフェとひと口に言っても、大手のチェーン店や個人経営の店まで様々です。

競合の中から頭1つ抜き出るためにも、カフェオーナー資格を持っていて損はありません

一生モノの大人の嗜みを身につける

カフェオーナー資格の1つとして、コーヒーソムリエが注目されています。

コーヒーソムリエとは?

コーヒーソムリエとは、コーヒーの基礎知識や淹れ方を理解しているかを試す資格のことです。

具体的には、以下の内容を問われます。

  • コーヒー豆の種類・産地
  • コーヒーの歴史
  • コーヒーカップの種類
  • 生豆の選び方
  • ラテアート
  • 豆の違いによる焙煎

コーヒー豆の種類から焙煎の知識、コーヒーカップの選び方まで求められるため、実践でも活かせる資格となっています。

受験資格は特に設けられておらず、万人に開かれた資格になっています。受験者は、コーヒーの知識を深めたい人から仕事でコーヒーを扱っている人まで様々です。

特にカフェオーナー視点から見ると、コーヒーは商売道具です。コーヒーのブレンドの出来次第では、顧客の増減に関わるとても重要な要素です。

コーヒーは、カフェにとっての心臓部分と言っても良いかもしれません。

顧客に好かれるコーヒーの味が理解できるようになると、顧客の心を掴み、競合店と比較されても選ばれるお店になる可能性も高まります。

必須資格ではありませんが、カフェオーナーを目指すのであれば、コーヒーソムリエの資格は取得しておいた方が良いでしょう。

味のある大人になるために

味のある大人になるために

コーヒーソムリエの資格の取得によって、コーヒーの知識を教えることも可能になるので、カフェのみならず、料理教室を営んでいる人にも大変おすすめです。

コーヒーソムリエの資格取得で得た知識は、一生モノです。

例えカフェオーナーに携わらなくとも、「コーヒーの違いが分かる大人」として、一目置かれること間違い無し!です。

コーヒーソムリエは2ヵ月に1回試験が行われています。在宅受験も可能となっており、昨今の三密の影響を気にせず、受験できるのもメリットですね。

カフェオーナー資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

本格的にカフェ経営に携わりたいのであれば、カフェオーナー経営士の資格を取っておいて損はありません。

カフェオーナー経営士とは?

カフェオーナー経営士とは、コーヒーの専門知識からマーケティング力など、カフェ経営に必要な教養を試される資格です。

具体的には、以下の内容を問われます。

  • コーヒーの専門知識
  • コーヒーを淹れる技術
  • マーケティング戦略
  • 開業計画
  • スタッフのコーチング知識

経営者に必要なマーケティング力だけではなく、スタッフのコーチング力も身に付けられるようになっています。

コーヒーカフェ戦国時代に求められる力

現在、コーヒーカフェ業界は、まさに戦国時代です。

外資系コーヒーカフェからコンビニエンスストアまで、コーヒーを提供する店が乱立しているため、独自性・売りなどをしっかり打ち出せるようなカフェが求められています。

独自性を出す為には、まずはコーヒーに関する基礎知識を体系的に持っている必要があります。

そこで役立つ資格が、カフェオーナー経営士です。

カフェオーナー経営士の資格取得のために得られた知識を応用し、カフェの魅力を見出す際のアイディアはいくらでも湧いてくるでしょう。カフェオーナー経営士の受験資格は特に無く、何歳からでも取得できるようになっています

しかし、さらにカフェ経営も学べるという点を踏まえると、若いうちから取得しておいて損は無い資格と言えるでしょう。

カフェオーナー経営士の資格習得後はカフェ開業のみならず、既存カフェのコンサルティングを行う選択肢もありえます。

カフェオーナー経営士の試験は2ヵ月に1回行われており、在宅での受験が可能です。

コーヒーソムリエと併せても、受験料は20,000円です。安価ではありませんが、先々の自己投資として考えると安いものです。

将来に備えて経営もコーヒーも学ぶ

現状飲食店は経営は厳しいものがありますが、今の自体が終息してからは、飲食業界も活気を取り戻すでしょう。

その時のためにも、カフェオーナー資格を取得する価値は十分にあります。更に、2018年から政府は副業を推奨する方向で動いています。

参照:副業・兼業の促進に関するガイドラインー厚生労働省

このことから、今までより個人の能力が試される時代となっています。

独立や開業を目指さずとも、スキルがあること自体に価値があります。特に経営に関する知識は、身に着けておいて損はありません。

既存のコーヒー店のコンサルティングも可能です。厳しい状況が続きますが、カフェの未来には様々な可能性があります。スキルアップや開業に備え、カフェオーナー資格を取得しておきましょう。

カフェオーナーを目指すのであれば、カフェオーナー経営士の資格がおすすめです。

コーヒーの専門知識のみならず、スタッフへの教育スキルも身に付く資格です。 ↓

コーヒーの知識を深めたい・焙煎やラテアートの知識を取得できる資格です。カフェに勤務している人のみならず、コーヒーを愛する人にもおすすめです。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です