スキル身につく+輝きプラス!

チャイルド心理カウンセラー資格

子どもと接する職場で 大いに役立つ資格です

チャイルド心理カウンセラー資格は、児童心理学を体系的に学び、理解した、カウンセリングのスペシャリストとしての力を証明する資格です。

カウンセラーとしての高い信用度を示せるだけでなく、育児にはもちろん、教育や福祉など、子どもたちと接する現場にて非常に実践的に活用できる知識を学べるようになっています。

子のページでは、チャイルド心理カウンセラー資格の魅力を説明していきます。

資格取得について興味がある方は、ぜひ、公式ホームページ等で詳しい情報を確認してください。

幼児教育分野では大学でも学ぶかも

チャイルド心理カウンセラーの資格の大元になる、児童心理学。

これは、児童教育を学ぶ上での基礎となる学問です。乳幼児から思春期にかけての子どもたちの心の動きを学びます。

この領域では、子どもの成長や発達についての研究が行われています。

幼稚園の先生や臨床心理士を目指す、大学の教育系学部でも扱われている内容です。

資格取得のための勉強で、大学レベルの知識を学べるのです。その上で、カウンセリングの専門的なスキルを示すことも可能。

コストパフォーマンスを考えても、とてもお得な資格ですね。

しかし、チャイルド心理カウンセラー資格の真の魅力は、学びの深さに関するお得感ではありません。詳しくみていきましょう。

いち早く現場で学ぶためにあると助かる資格

チャイルド心理カウンセラー資格を活かせる現場は、子どもと接する場所全てといえます。

教育現場だけではなく、医療・福祉の現場でも、児童心理に精通した人材が必要とされているのです。

以下は、活躍を想定できる職場の一例です。

  • 保育園・幼稚園
  • 小学校・中学校・高等学校
  • 学習塾
  • 親子教室
  • 児童支援施設
  • 医療現場
  • 市役所の相談窓口
  • その他、地域の支援施設

社会環境が日々変化していく中で、不安や悩みを抱え、辛い状態に置かれる子どもたちは、さまざまな場所で支援が必要です。

助けを求めてくる子どもたちは、私たちに大きな期待を持っています。

カウンセラーとして明確な肩書きではなくても、教職員やスタッフの1人として、子どもたちの健康な心の成長を守っていく義務があるのです。

教職員やスタッフとして仕事を始めたばかりであっても、「プロ」としての力がすぐに必要になってきます。

未経験だからといって、子どもたちの心に傷をつけてしまうことは許されません。

子どもたちにとっては、一生引きずってしまう大きな挫折につながる恐れがあります。

そのためいち早く、児童心理学を学んでおく必要があるのです。

現場で安心して働けるようになるため、チャイルド心理を学び、子どもたちとの接し方の土台を固めておくべきです。

幼い子どもと向き合う時に欠かせない

幼い子どもと向き合う時に欠かせない

子どもたちは、特に幼い子どもたちにその傾向が見られますが、時折大人である私たちには理解ができない行動を取ることがあります。

「なかなか話をしてくれない」

「落ち着きがなく、座っていられない」

「他のお友達に対して、暴力的になることがある」

「なんで泣いているのかがわからない」

「どうして言うことを聞いてくれないんだろう?」

子どもたちだけでなく、保護者もそれらの問題に頭を悩ませ、心を病んでしまう現状があります。

適切な支援やアドバイスを行うことによって、その状態を改善していくことが必要です。

その際に、チャイルド心理カウンセラーの資格を活かせます。

資格取得に向けて学ぶ内容には、乳幼児について・そして子育てについての項目が多く含まれているのです。

子どもの心の成り立ちや、未就学児の周囲の人間との関係性の築き方、環境から受ける心の変化などを学んでいきます。

また、まだあまり言葉で上手く気持ちを表現できない幼少期の子どもたち、その感情がどのように表れるのかも学んでいける内容です。

顔つきや行動の変化から、子どもたちの真の願いや悩みにいち早く気づき、対処してあげられるようになるのです。

現場で実力を磨くのが何よりも大切

チャイルド心理カウンセラー資格は、机の上で学び、理解するだけでは不十分な資格でもあります。

いくら子どもの心理を理解できたからといって、子どもたちは常にそのテキストや研究結果の通りであるとは限りません。

あくまでも、児童心理学で学ぶ内容は、子どもたちの支援者としての「土台」です。

その知識を、どのように活用し、子どもたちやその保護者たちをサポートできるかが鍵となります。

資格を活かしていくためには、実際に子どもたちと接していくことが大切。対話の中で気づくことも多いでしょう。

そして、勉強の中で学んだ内容をもとにした対応を行っていく中で、子どもたちの反応を見て、自身で考えながら対応していきます。

カウンセリング技術は、実際の現場で力を身につけていく必要があるのです。

しかしその技術を、何もないまっさらな状態から築き上げていく方法というのも、難しい問題になります。

基盤として、児童の心の動きをしっかりと学んでおくことで、より確実な支援を行えるでしょう。

チャイルド心理カウンセラー資格で学ぶ内容は、大学でも扱う、体系的なものとなっています。

学んでおいて、決して損はありません。

より良い子どもたちの未来をサポートしていくために、必要とされる資格であることは間違いありません。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です