スキル身につく+輝きプラス!

子ども心理資格

心理学の観点から子どもを 見れるようになります

子ども心理資格(チャイルド心理資格)とは、赤ちゃんから思春期にかけての年代の子どもたちに対し、心理的側面から十分かつ的確なカウンセリングを行えることを証明する資格です。

医療・福祉・教育の現場で活躍が期待できる、児童心理のスペシャリストとしての肩書きです。

このページでは、子ども心理資格取得の魅力を詳しくお伝えしていきます!

受験資格や要項など、より詳しい情報を知りたい方は、公式ページをご覧ください。

教職を目指す人におすすめのスキル

子ども心理資格を活かせる現場は、学校・病院・支援施設など多岐にわたります。

現在、子どもたちは、SNSの発達や核家族化・少子化の中で、様々な問題を抱えています

子供が抱える心理の問題

心理的に悩み、不登校や家庭内暴力、引きこもり、最悪の場合は自傷・自殺などの状態に陥ってしまうことも。

また、教育現場では、学級崩壊やいじめの問題が横行しています。

教職員たちも、実際の勉強や教育の指導以外にも、このような児童たちの精神的な部分での問題の対処に追われているのが現状です。

対処方法の難しさから、先生自身も心を病んでしまうことも…。そして、教職から離れていく、指導者の減少も大きな問題となっています。

様々な形でヘルプサインを出している子どもたちに対しては、繊細な心に寄り添うための、専門的な知識と手法を用いたカウンセリングが必要です。

子ども心理資格(チャイルド心理資格)は、子どもたちの心を深く理解し、支援を行えるという証明になります。

教育の現場での貢献度を大きくアピールできるため、幼稚園・保育園の先生から、小中高の教職員を目指す方へぴったりの資格です!

そして、この資格取得は、将来の夢として教職を志している「今」、取得することおすすめです。

理由について、順を追って説明していきます。

心理を理解した授業や対応が理想的

教育現場では、子どもたちとの接し方の理解が必要です。

「子どもたちが心を開いてくれるようになるにはどうしたらいいか?」

「心に傷を負った子どもに対して、どのように接すればいいか?」

「不登校児童や、落ち着きのない生徒に対しての対応方法は?」

このように、実際の教育現場での対応で、資格で得た知識を役立てられます。

じっとしていられなかったり、他の子どもへ乱暴をしてしったり、そのような子どもに対してもしっかりとカウンセリングを行い、気持ちを理解した上でそばにいてあげることによって、少しずつ落ち着きを取り戻す例があります

子どもたちは、自分を理解してくれる大人を常に必要としています。

指導側となる教職員として、そのポイントは常に意識していなくてはいけません。

子どもたち1人ひとりの性格や心情を汲み取った対応が必要となります。

また、学校と保護者間の問題にも、子ども心理資格は効果的です。

学校に大切な子どもを任せている保護者にとっては、子どもの学校での生活は気になって仕方がないもの。

保護者からの疑問や心配の声に対しても、児童心理学に基づいた知識をもとに、子ども本人への分析を行なった上で耳を傾け、一緒に解決策を探っていく必要があります。

カウンセラーとしての資格を保持している先生であれば、より安心して子どもを任せてくれるはずです。

子どもたちとの関係性は、「先生」と「生徒」だけでなく、ひとりの「人」同士の関係性でもあります。

いかに信頼を築き、心を開いてもらえるかが大切なのです。

若いうちだから共感もしやすいはず

若いうちだから共感もしやすいはず

信頼関係の基礎は、「共感」にあります。

「自分のことを、先生はきちんとわかってくれる」

「安心して、心配事や悩みを話せる」

「先生がいるから、安心して学校に行ける」

「先生は、絶対に僕・私の味方をしてくれる」

そういった気持ちを育むことが大切です。

子ども心理資格の基本は、児童心理学(チャイルド心理学)です。

まだうまく言葉を発せない時期から、思春期の心が揺れ動きやすい時期の子どもたちの接し方について学びます。

学んでいく中で、子どもたちの抱えがちな気持ちと向き合っていくのです。

「うまくできない」

「言い表せられない」

「むしゃくしゃしてしまう」

「友達との関係性で不安を感じる」

「自分を認めてほしい」

これらの心理が、子どもたちと歳の近い若いうちであれば、共感がしやすいはず。

自分がその年代だった頃の悩みや状態を思い出すことで、資格取得の勉強はより進みやすいものと言えます!

そして、その共感力を資格取得後に活かしていくことが大切です。

自分はどうだったか…をすぐ思い出せる

まだあなたが子どもや10代だった頃、大人が自分の気持ちや行動を子どもの視線から理解してくれたとき、安心した覚えはありませんか?

「先生もそうだったから」

「私も悩んでい他ことがある。こうして対応していたよ」

このように言ってもらえることで、得られる安堵の気持ちがあったと思います。

これらもやはり、自分が同世代だった頃どのような気持ちだったか?をしっかりと思い出し、共感してあげられる力です。

児童心理学を学ぶ上で大切なのは、子ども時代を過ぎてしまった「大人」が知る「学問」・「知識」としての勉強ではなく、実際の子どもたちをサポートしてあげられるための勉強であるという意識。

教職の夢を叶えた後に、実践として役立てることが第一です。

勉強の中で、自分の同世代の時期のことをより鮮明に思い出すことによって、その目的に近づける、深い学びが可能になるでしょう。

早くから子ども心理資格の取得に向けて動き出すことで、資格取得もスムーズになるだけでなく、夢を叶えた後にも資格を有効活用できるように。

資格の勉強は、思い立ったが吉日です。一度、詳しく調べてみてはいかがでしょうか?

子どもの人格や性格の形成に関わる重要な子ども心理学がしっかりと身につきます。 ↓

胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までと多感な子どもの心理に寄り添える技術を習得できます。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です