スキル身につく+輝きプラス!

子供心理カウンセラー資格

子どもの発達段階に応じて 深く学べる資格です

子供心理カウンセラー資格とは、カウンセリング技術の中でも、特に児童や思春期の青少年の心のケアに特化した知識を有し、適切なアドバイスやカウンセリングを行えることを証明する資格です。

この資格は主に教職員や幼稚園教諭、心理系の福祉施設で働きたい人々に人気のある資格ですが、活躍の場はそれ以外にも広がっています。

このページでは、子供心理カウンセラー資格が、その他の社会貢献においても非常に役立つ資格であることを紹介していきます。

何か人に役立つことをしたい、と思っている学生の方々の参考になればと思います。

では、早速見ていきましょう。

塾バイトやボランティアでも生かせるスキル

子供心理カウンセラー資格の取得者は、児童心理学を学ぶことによって、子どもたちの精神的な支援を的確に行えるようになります。

日本は現在、子どもたちへの「教育力」が問われている時代です。

しかしその子どもたちへの支援は、勉強面では特化されたとしても、子どもたち自身の心に対しては、まだまだ足りていないのが現状です。

せっかく未来がある子どもたちも、心理的・精神的な面でつまずきを感じてしまうことが多くあります。

にもかかわらず、そのサポートは、教育・福祉現場の正職員だけでは、十分に行えないことがあるのも事実です。

そのため、子どもたちへの心のケアを行う社会貢献は、ひとつひとつの行動は小さくとも、社会貢献として大いに効果があると言えます。

また、アルバイトとして貢献活動を行うことも、学生の皆さんにとってはいい手段になるでしょう。

子どもたちに関わる仕事で、学生のアルバイトとしては、学習塾のアルバイトが身近で応募しやすいですね。

ただ教科を教える先生としてだけではなく、日々の悩みや不安を打ち明けられる、信頼できる先生を目指せますよ。

若いうちから他者を気遣う意識は大切

学生の皆さんには耳の痛い話だと思われますが、社会に出てからは、今より格段に余暇が減ります。

せっかく時間がある期間に、自分の今だけに集中して、遊び呆けてしまうのは、正直もったいないことです。

若者である期間に吸収できる知識量や、経験から得られる感情は、これから大人として歳をとっていくに従って、鈍っていきます。

より多くのことを今のうちに吸収し、将来の生活に向かっての糧を積み上げていく必要があるのです。

また、これから「大人側」として、社会を担っていくにあたって、人の心を知り、気遣い、助け合っていくという姿勢は、より良い人生を歩む上で大切な要素です。

子供心理カウンセラー資格はこの2点でも、非常に役に立つ資格なのです。

  • 社会貢献として役立つ心理学の知識を吸収できる
  • 人の心や思いやりの表現方法を知ることで、より人といい関係を築いていくことができる

心情が理解できればいい先生になれる

学習塾など、子どもたちと関わるアルバイトをしている方には、子ども心理カウンセラー資格取得は、非常に有効なアドバンテージになります。

子どもたちは、教え方が上手であっても、冷たい・受け入れてもらえないと感じる先生であれば、塾に通うのが嫌になってしまいます。

逆に、あたたかく、自分のことをわかってくれる、話を聞いてくれると感じる先生には心を開きます。

「先生に会って話ができる」という理由で、来てくれる子もいるでしょう。

個人指導の塾講師のアルバイトであれば、生徒からの指名制度がある場合も多いですよね。

より多くの生徒から信頼してもらうためには、子どもたちの心をより深く理解して、その気持ちに沿った指導をすることが大切

子どもたちと関わっていく中で、資格取得のために学んだ内容との関係性に気付き、学びの楽しさを改めて知ることもあるでしょう。

例えアルバイトであったとしても、せっかくやるからには、いい先生になりたいもの。

児童心理学を学ぶことで、子どもたちから信頼される先生にステップアップしてはいかがでしょうか。

将来の自身の子育てにまで役立つスキル

将来の自身の子育てにまで役立つスキル

また、子ども心理カウンセラー資格は、就職活動の際に有効なだけでなく、今現在のアルバイトや社会貢献活動、将来的なライフステージの変化時にも役立てられます。

児童心理学の知識は、仕事やボランティアなど、他者・社会と関わる時だけでなく、自分自身が子供を授かった際にも、我が子との関わり方の参考になるのです。

子育てに男女は関係ありません。家庭が協力しあって、責任を持って1人の子供を育てていきます。

責任の大きさや我が子であるからこそ、冷静になれず、子供の言動や性格に対して、悩みが肥大化してしまいがちになることもあります。

しかしこの資格で得られた知識によって、悩みも小さくなるはずです。

家族間での子育てについての話し合いにも、カウンセリング技術が活かせるでしょう。

子ども心理カウンセラー資格は、実際的な子育てにそのまま役立つ内容の学びです。

単なる知識や、履歴書に書くだけで終わる資格ではありません。

これからの将来のために行うアプローチの一種として、勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です