スキル身につく+輝きプラス!

陰陽五行士資格

陰陽五行難しそう… でも凄く当たるんなら 興味あるかも…

陰陽五行士資格では、陰陽の基本、五行の基本を熟知し、占いに生かせることを証明できます。

20代の若者のように、進学か、就職か、また、バイト選び、カリキュラム選びなど選択肢が非常に多く、判断を間違えられないような時には、自分の本質を理解するために陰陽五行や四柱推命を頼るのも良いでしょう。

自分の決断に自信を持てるようになるのであれば、占術でも活用すべきでしょう。

陰陽五行士資格が求められている理由

陰陽五行士は、陰陽と五行という世間一般ではあまり理解されていない概念を活用して、その人の本質をより詳細に分析、鑑定するものです。

既に世間で有名な占いだけではなく、特別な占いとして実践できるため、他の占い師や占術に差をつけられます。

20代のうちに習得しておけば教養として、学んだものの見識を深めてくれます。

季節のある日本では最適な占い

陰陽や五行の概念は日本の四季、季節の感覚と近い部分があります

日本の四季、生年月日などからその人の本質をその土地にあった方法で鑑定して評価、その人に適している仕事や生き方、人生のアドバイスができるようになります。

日本という土地だけでなく、日本人に向いている占いと考えて良いでしょう。

東洋独自の占いで道を正せるかも

陰陽や五行という感覚は、西洋にも近い感覚はありますが、東洋独自の感覚が混じっています。

元素そのものの認識ではなく、特定の生命・属性をグループに分けており、環境や空間、現象そのものを大切にする東洋の感覚が色濃く残っています。 人生の大切な選択肢や、判断を誤れない事象においてはこうした占いのアドバイスが選択を助けてくれるはずです

陰陽五行と四柱推命の関係

五行の解説図

四柱推命の基本はその人の生まれた生年月日と時間で、それら生年月日を元に陰陽五行などからその人に適した、最も力を発揮できる方向や場所を見出すこともあります。

四柱推命と陰陽五行は、その成り立ちや占いの仕組みの時点で共通する認識があるため、双方をよく理解するとよいでしょう。

人生の本質や運命を導き出せる

西洋でも似たような概念がありますが、四柱推命でも生年月日という生まれた時を基準として鑑定をします

四柱推命の生年月日と生まれた時間帯、陰陽五行の生まれた場所や名前に関する事象まで鑑定すると、効率的でより密度の濃い鑑定結果になります。

今の自分の立場や立ち位置を明確に

自分の本質を理解すれば、自分の行くべき所、立ち位置、進むべき道、失敗しやすい道なども分かり、事前に対策が取れる、または、心の準備ができるようになります。 何の基準も、知識も本質理解もなく進んでいても準備はできませんが、陰陽五行士資格などを通して本質を知れば、人生における最悪の事態は防げるでしょう。

風水と陰陽五行の関係

風水鑑定も陰陽五行を元にした事象があります。物事の本質につながるような考え方で、風水と陰陽五行も四柱推命も関わりがある分野です。

理想はどの分野の占いも学んで、横断的な占いスキルを身につけることです。

今いる場所と運気の関係が分かるかも

風水や陰陽五行では、住んでいるお部屋、土地、家と運勢の関係も導きます。

生まれ持った運命とそれに適した場所で暮らせていれば運気は上昇し、さらに部屋の間取りや住む場所の工夫でさらに実力が発揮されるようになります

住んでいる場所に関係する運気の低迷があれば、陰陽五行の鑑定で改善できる可能性があります。

個人の本質と合わない場所・方角もある

人によって生まれた場所を基準にして、適している方角と適していない方角があります。

20代の住んでいるお部屋の間取りや構成が、その人に合わない空間だった場合は、遅刻が多発したり、成績が下がったりする可能性もあります。 努力に見合う成果があまりにもない場合には生活環境を変えてしまうのもよいきっかけになります。

占いや分析スキルが一層向上する

複数の占術を身につけるのは非常に難しいですが、20代の若いうちのように、暗記力も学習力も高い時期であれば習得も早いです。

暗記項目が多く、学び取るのに時間もかかるので、学生時代のまだ余裕がある時に身につけておいて損はないです。

占い・鑑定スキルを極限まで高められる

若い頃に知識を身につけて、少しずつ訓練、練習をして、年を経るにつれて実力が磨かれてくれば、将来占い師になる道も開けます。

しかし、何も学ばず、知識もつけていなければその可能性はゼロになります。

占いスキル・鑑定スキルは知識を身につけて少しずつ実践することによって高められるので、陰陽五行士資格などを取得してしまうのが一番の近道です。

若いうちの自己投資にぴったりな分野

こうした占いのスキルは一度身につければ一生活用できます。

自分の本質を見るだけでなく、職場の上司、後輩との相性、新しく出会った異性との相性なども自身で占い、付き合い方を工夫して相手よりアドバンテージを取れます。 何事も有利に立ち回れるようになる可能性があるならば、それはコミュニケーションスキルとして活用できるよう身につけてしまうのが良いでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です