スキル身につく+輝きプラス!

コーヒーソムリエ資格

コーヒーの専門知識を得られ 視野も会話も広がります

コーヒーソムリエ資格は、コーヒー豆、コーヒーの産地、美味しい生豆の見分け方、焙煎など、コーヒーを楽しむための知識を有している人を認定する資格です。

この記事ではコーヒーソムリエ資格の魅力や知識についてまとめています。

より詳細な内容を知りたい方は、是非資格公式サイトもご覧ください。

コーヒーソムリエ資格が役立つ分野・将来の仕事

1杯のコーヒーを作るときは、焙煎をし、豆を挽いて、淹れるといった手順を踏みます。

誰でも気軽にコーヒーを作ることは可能ですが、本格的にこだわったコーヒーを作る場合には、深い知識と経験が必要となります。

また最近の健康ブームから、コーヒーを適度に飲用することで、ガンや糖尿病などのさまざまな病気に対するリスクが低減するという研究結果が出ており、その抗酸化作用が注目されています。

コーヒーソムリエ資格が生かせる仕事

コーヒーソムリエ資格を取得してから、その知識や技能が生かせる仕事を紹介します。

コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエは、コーヒーを淹れる方法や知識を理解し、実践できる人が就ける職業です。

コーヒーを飲み、その口触りや香りを楽しみつつ味わうには、コーヒーソムリエのような専門の知識が必要です。

バリスタ

バリスタの仕事は、コーヒーやエスプレッソなどに、自身の知識と技術を投じて、最高の味を作りだすことです。

コーヒーは味と香りを楽しむことで、優雅な時間を生み出すきっかけになります。

そのためバリスタとして働けるだけのスキルを持つ人材は、多くの現場でコーヒーの魅力を提供できるでしょう。

プロフェッショナルの証明となるようなコーヒーソムリエ資格は、就職や転職に役立ちます。

喫茶店

新しくお店を開く際に必要な準備は多々ありますが、喫茶店においてもコーヒーの知識や技術は必要です。

「あの店では美味しいコーヒーが飲める」と口コミが広まることで、人気の喫茶店として有名店にもなりえるでしょう。

コーヒー専門家

焙煎の方法やコーヒー豆の種類などに精通しているコーヒーの専門職に就くのも良いでしょう。

コーヒーの専門家は実際に自分でコーヒーを淹れる職人的な仕事であると同時に、知識や魅力を広めていく広告塔でもあります。

専門家を目指すのであればコーヒーの種類ごとの特徴や味の違い、深煎りと中煎りと浅煎りの差などを、どこに行っても披露できるように準備しておくことが大切です。

ただ知識を持って終わりではなく、それを外に持ち出すための能力が、コーヒー専門家には必要なのです。

飲食店やカフェバイトでも生かされる

飲食店やカフェバイトでも生かされる

 大手コーヒーチェーン店では、バイトの方でもバリスタとして名乗れるようになります。

カフェなどの飲食店で、お客様に満足できるコーヒーやエスプレッソを淹れ、豊かな時間を提供することがバリスタの仕事です。

ただ用意されている既存の商品を出すのではなく、より美味しい味や香りを求めていくことが重要となるでしょう。

美味しく飲むための環境づくりや、ラテアートなどのスキルも必要で、コーヒーソムリエ資格のスキルが発揮されます。

アルバイトでも、自分自身がコーヒーを楽しめると良いでしょう。

コーヒーソムリエ資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

コーヒーソムリエ資格は、主にこのようなことを学びます。

  • コーヒーの産地
  • コーヒーの種類
  • 美味しい生豆の見分け方や選び方
  • 豆どうしの相性
  • 焙煎について
  • コーヒーの歴史
  • コーヒーの淹れ方

コーヒーについて幅広く学べるようになっており、まさにコーヒーのスペシャリストです。

ただ飲むのではなく、その口触りや香りを楽しみつつ味わうのがコーヒーの醍醐味であり、コーヒーソムリエのような専門の知識とスキルを持った職業が、多くの場所で求められているのです。

もしコーヒーに興味があり、将来コーヒーに関わる仕事を目指しているのであれば、自分の夢に向かって若いうちからの自己投資が大切です。

バーで働く時にも話題性があっておすすめ

アルバイトや就職先を探していて、思いがけずバーで働くこともあるでしょう。

意外かもしれませんが、バーで働く時にもコーヒーソムリエ資格の知識が役立ちます。

バーでの仕事は、お客様にお酒を作り提供するのはもちろんですが、お客様と会話する時間もとても多い仕事です。

コーヒーを使ったカクテルも数多くあり、コーヒーソムリエとしてのスキルが役に立てられるでしょう。

また、バーでの会話を楽しみにされるお客様も多くいます。

仕事の悩みや家族の話、旅行の話、趣味やペットの話など、お客様とコミュニケーションをとることは大切な仕事のひとつです。

例えばコーヒーソムリエ資格を取得することによって、オリジナルコーヒーカクテルを、コーヒーの専門知識を交えながら、楽しんでもらえることになります。

また、奥深いコーヒーの歴史についても話題を提供しても良いでしょう。

このように、コーヒーソムリエ資格を取得することはコミュニケーション作りに役立つのです。

興味のある方は是非資格取得を検討してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です