スキル身につく+輝きプラス!

カラーアドバイザー資格

専門的に学べアドバイザーとして 企業でも活かせる資格です

色によって与えられる印象はそれぞれに大きく違うものがあり、それによって得られる心理的効果もことなります。カラーアドバイザー資格は、色の性質や特性を理解し、的確な助言ができることを証明する資格です。

カラーアドバイザーは多くのビジネスシーンで役に立ちます。

当記事では、カラーアドバイザー資格についてまとめています。

それでは、見ていきましょう。

売れない商品のReデザインのために

売れない商品には、きちんと理由があります。

その1つにデザインがあります。

売れる商品には、それぞれの配色や組み合わせがあります。

緑はロングヒットする
緑は飽きられることのない色です。
ロングセラーさせたい商品には向いています。
青と銀色は男性を惹きつける
男性にヒットしてほしい商品は、男性を惹きつける性質のある青や銀色が向いています。
紺とゴールドはプレミアム感を出す
紺は、おしゃれなひと時や安心感をイメージさせます。
ゴールドは、暖かみ、豊かさ、ゴージャス感を感じさせます。
赤と黄色は食欲をそそり、人を楽しい気分にさせる
あらゆる食品の中で最も売るのが、赤と黄色の配色です。

このように、目的やターゲットによって配色を使い分けることで、売れなかった商品の印象をガラリと変えます

色には、それぞれの意味とイメージがあります。

色の意味とイメージを覚えておくだけで、商品のデザインにどんな配色をしたらいいのか、迷った時に役に立てられます。

いまいち人気が出ないお店の印象を変えるために

人気があるお店と、いまひとつ人気が出ないお店には違いがあります。

それは第一印象です。

色使いでお店の印象をガラリと変えます。

色には、さまざまなイメージ性がありますので、紹介します。

色のイメージ

レッド
食欲を増進させる効果があるため、食品関連の会社のロゴに使われることが多いです。
また、回転率が売上に直結するファーストフード店の内装カラーとしても使われることが多いです。
ピンク
女性を主な対象にした企業に使用されています。
オレンジ
仲間意識、家族意識などの温かなイメージを連想させます。
また、食欲増進の効果があると言われています。
イエロー
軽快や陽気なイメージがあります。
活動的な印象の事業を展開する企業に使用されています。
ブラウン
落ち着きや健康といったイメージがあります。
健康食品や美容品などを展開しているブランド、企業に人気のある色です。
グリーン
癒しやリラックスができるイメージがあります。
リラックス感、安心感が求められる企業で使用されています。
ブルー
誠実、信頼感の印象を与えることから、コーポレートカラーで一番多いです。
また、食品ブランドで使用されています。
ホワイト
清潔感を感じさすため、内装カラーに使用されることが多い。しかし、緊張感を与えてしまうことから、お客さんの滞在時間が短くなってしまう傾向があります。
他の色と組み合わせて使用するといいです。

このように、それぞれ色には、イメージに違いがあります。

では、何色がお店にいい影響を与えるのかを見ていきます。

集客アップ

を使用することで、売り上げがアップすると言われています。

購買意欲アップ

セールなどの文字を目立たせたいときなどは、です。赤は目に留まりやすい色で、気分を高揚させる効果があります。

また購買色とも言われています

回転率アップ

お客さんの回転率を上げたいときは、オレンジを使うと効果的です。

鮮やかな色は、お客さんの入店のきっかけにもなります。

色は、たくさんの影響を与えます。内装やちょっとしたところに取り入れるだけで、お店の印象を変えれます。

しかし、あまりにもお店の内容とカラーが違いすぎると違和感を感じさせます。

色の意味を理解して、活用するようにしましょう。

売れて欲しい商品のパッケージを変えるために

売れる商品にするには、パッケージのデザインや色も関係してきます。

売れる色とは?

マーケティングでは、4大販売色とも言われている色があるのです。

みなさんの身の回りにあるヒット商品を思い浮かべてみてください。この4色が使われている割合が多いと思います。

しかし、色のバランスを考えなければ、かえって不快な気持ちにさせてしまいます。どの色を使うか、どんな配色にするか、慎重に考えるようにしましょう。

わかりやすさが大事!

どんなに売れる色を使っても、その商品がどんなものなのか、わからなくては意味がないです。

マーケティングの世界では、3秒で認識できないものは売れないと言われています。

どんなにおしゃれなデザインでも、わかりずらい商品は売れません

そのためには、わかりやすいデザインとそれに合った配色が重要となります。一体この商品は何を1番に伝えたいのかをしっかりと確認しましょう。

部屋に合う雑貨や食器を提案するために

部屋に合う雑貨や食器を提案するために

インテリアは、その部屋のイメージを決定付けます。

また、各カラーの配色比率も重要です。

バランスのいい配色

部屋の印象を決める配色は下記の3種類があります。

  • 配色で最も大きい色「ベースカラー」
  • 面積を占める色「アソートカラー」
  • ポイントをつける「アクセントカラー」

今回は、家具や雑貨の配色を決めるときに大事なアソートカラーとアクセントカラーを説明します。

色を選ぶ時のポイント

アソートカラー
主役になる色です。
濃い色、薄い色の選択によって、印象が大きく変わります。
アクセントカラー
部屋のテーマになる色です。
好みの色を入れて雰囲気を変えます。

上手な配色の仕方

同色でまとめる
同じグループの色でまとめて統一感を出します。
濃い色と淡い色を組み合わせてバランスを取ります。
無彩色と有彩色を合わせる
モノトーンの中にワンポイントだけアクセントカラーを入れます。

部屋にとって印象はとても大事です。

何色がベースの部屋なのか、どんな部屋にしたいのかを決めて、それに合ったバランスのいい色を選ぶようにしましょう。

カラーアドバイザー資格は店や物の色使いをアドバイスし、より良いものにしていきます

さまざまな場面で役に立つので、是非、カラーアドバイザー資格を取得してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です