スキル身につく+輝きプラス!

色彩資格

私生活から仕事まで資格を 活かせる場面は多彩です

色には色々な作用が秘められおり、科学的根拠に基づいて、色々な場面で役立てられています。色彩資格は、色の生理的効果や心理的効果など、色彩にまつわる幅広い知識を身に付けていることを証明する資格です。

当記事では、色彩資格についてまとめています。

それでは、見ていきましょう。

カフェでは食器や灯りの色選びに

カフェはみなさんもよく利用する場所だと思います。

「落ち着いた雰囲気」や「おしゃれな雰囲気」というイメージがカフェにはあります。

その雰囲気を出すために大事なのは、やはり色です。

照明と色の関係

照明の色で、雰囲気は変わります

照明の光の色には5種類あります。

  • 昼光色
  • 昼白色
  • 白色
  • 温白色
  • 電球色

では、カフェはどの種類の灯りが使われているのでしょうか。

カフェはお客さんの回転率が早く、活発な場所ではなく、まったりと心地よい場所だと思います。

つまり、落ち着いた雰囲気を演出できる「電球色」がカフェでは多く使われています

照明の色はただ、その場を明るくするだけのものではなく、雰囲気を作ります。

食器と色の関係

カフェでの食器は落ち着いた雰囲気があります。

白い食器
食材を鮮やかなに見せます。
豪華な料理や盛り付けにこだわった料理にぴったりです。
やわらかい白など、暖かみを感じる色も美味しそうに見えます。
黒い食器
地味な色の食材も引き立ててくれます。

他にも、緑や茶色など、鮮やかな色よりも落ち着いた色のほうが多いです。

また、デザインや形も食器選びには重要です。

レストランでは内装や看板のデザインにも

私たちが普段から利用するレストランや看板のデザインにも、実は色の様々な効果が利用されています。

店内のカラーは、お店の印象を決めます。

どんなお店なのか、職種に合ったカラーを選ぶ必要があります。

美味しく見える内装のカラー

レストランなどの飲食店は、暖色系を重視としたお店が多いです。

暖色系には、食べ物を美味しく際立たせてくれる心理効果があります。

看板も配色が大事

看板のデザインは、集客を行う上で色と配色が大切になります。

では、適切な配色について見ていきます。

【明るい時間でも目立つ色】

  • 純粋な赤
  • オレンジ
  • 緑 など

【暗い夜の時間に目立つ色】

  • オレンジ
  • 黄色
  • 水色
  • 黄緑 など

夜に営業している飲食店では、暗い場所で目立つ色を使用します。

明るい場所と暗い場所では、目立つ色が異なるので注意が必要です。

色の特性と組み合わせ

相手に求める行動によって、使用する色も変わってきます。

視認性
物事を視覚で認識する度合いのことを言います。
視認性の高い色は、明るい色と暗い色の組み合わせです。
文字の大きさ、バランス、数と上手く組み合わせて、瞬時に内容を理解するデザインを心がけましょう。
誘目性
人目を引き立たせる度合いを言います。
誘目性は、赤や黄色の暖色系と背景色を黒や白にするといいです。
ただ、背景色が黒と白では、目立つ色が違うので注意が必要です。
遠くからでも、認知しやすいため、車通りやお店を見つけにくい場所では、この配色が適しています。
可読性
文字を理解しやすい度合いを言います。
基本的に看板に書かれている文字は、短く、読みやすくしています。
もし、お店の名前や伝えたい内容が長い場合は、セパレーションを使用し、読みやすくしましょう。
お店の内容に合った色使い

看板に使用する色は、目立てばいいわけではありません

飲食店なら、活気のある赤や黄色。

カフェなら、落ち着きのある緑。

このように、どんなお店なのかによっても配色が変わってきます。

商品開発やロゴデザインにも

商品開発の上で、商品やロゴデザインの色選びは売り上げを左右する重要な要素です。

多くの商品に使われているのが、「販売色」と呼ばれる下記の4つです。

非常に目を引く色です。
積極性を引き出し、お客さんの購買行動を喚起させます。
また、食欲を増進さす効果があります。
知的や信頼、爽やかなイメージがあります。
医薬品や清涼飲料水などの商品にも、使われています。
清潔で新品なイメージがあります。
高級で重厚なイメージがあります。
贅沢品に使われ、特別感を醸し出せる色です。

商品の特性によって、使用する色を選ぶことが重要です。

ターゲットで色を変える

その商品が男性向けなのか、女性向けなのかでも、使用する色は、違ってきます。

女性向け
ピンクやオレンジ、赤などの暖色系。
男性向け
ネイビーやグレー、モスグリーンなどの寒色系、濃い色。

男女で好む色には差があります。

お客さんの感情を呼び起こし、購買へと繋げましょう

似合う色の服を提案する時にも

似合う色の服を提案する時にも

人には、肌や頬、瞳、唇、髪などの「生まれ持った色」があります。

生まれ持った色は、人ぞれぞれ違います。

似合う色を身につけることは、顔色をよく見せ、明るく元気な印象を与えるのにとても大事なことです。

似合う色を知る

春、夏、秋、冬タイプの4つのカラータイプに分類されます。

スプリングタイプ(イエローベース)

ぽかぽかとした陽射し、空気の澄んだ春のグループです。

カラフルで明るい色が似合うタイプです。可愛らしい雰囲気で、実年齢より若く見える方が多いのが特徴です。

【似合う色】

コーラルピンク、明るいオレンジ、黄色、黄緑 など

サマータイプ(イエローベース)

スモーキーな夏のグループです。

ソフトで優しく、明るい色が似合うタイプです。爽やかな中にも、上品でエレガントな印象を持っている方が多いのが特徴です。

【似合う色】

ベビーピンク、パステルイエロー、スカイブルー など

オータムタイプ(ブルーベース)

落ち着いた秋のグループです。

深みがあり落ち着いた色が似合うタイプです。知的で、大人っぽい雰囲気をもたれている方が多いのが特徴です。

【似合う色】

カーキ、レンガ色、マスタード など

ウィンタータイプ(ブルーベース)

クールな印象の冬のタイプです。

はっきりと澄んだ色が似合うタイプです。シャープな雰囲気で、独特の存在感を持つ方が多いのが特徴です

【似合う色】

鮮やかな赤、青、深緑、ワインレッド など

色の知識の他にも、似合う色を見抜く技術が重要です。

色彩資格は、仕事や普段の生活にとても役に立ちます。

みなさんも是非、色彩資格を取得してみてください。

色彩資格としては、次の3つの資格がおすすめです。

色の持つ力で心を癒して、メンタルケアを行う資格です。 ↓

色の知識を身につけ、いろんなビジネスシーンで役に立つ資格です。 ↓

色の知識を身につけ、ファッション関係の仕事や講師活動などに活かせる資格です。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です