スキル身につく+輝きプラス!

食育健康アドバイザー資格

身近な食品を安心安全に 選べるようになります

食育健康アドバイザー資格は、食育についての基本的な知識を持ち、食事と健康の関係を理解した上で、他人に教えられるレベルに達していることを認定する資格です。

この記事では、「食育健康アドバイザー資格」の取得で得られるメリットについて、詳しくまとめています。

より詳細な内容を知りたい方は、是非資格公式サイトもご覧ください。

ファストフードを正しく理解できる

現代人にとって身近なファストフードですが、「健康に悪い」という漠然としたイメージだけを持っている人も多いでしょう。

そもそも、ファストフードとは一体どんな食べ物を指し、何が問題視されているのでしょうか?

ファストフードとは

外食産業のなかで「早い」「安い」「美味しい」の3要素をウリにしている業態のサービスを指します。

さらに、経済産業省の商業統計データによれば、1人の顧客が利用する平均単価は700円未満、料理の注文から提供までは3分未満、提供方法などにセルフサービス方式を採用している店舗を指しています。

【ファストフード店の料理の主な例】

  • ハンバーガー
  • フライドチキン
  • ピザ
  • 牛丼などの丼ぶり
  • そばやうどん
  • ラーメン
  • カレーライス など

実は、ファストフードは手軽に利用できて便利な反面、健康の観点から見ると課題は山積みです。

「早くて安くてうまい!」には、それなりの理由があるからです。

例えば、低価格を実現するために、あらゆる種類の添加物が使われています。

添加物は、食品の保存や素材の味を補強するために使われていますが、身体に良い成分とは言えません。

すぐに甚大な影響は出ないものの、過剰摂取や長期摂取が健康被害をもたらす危険があると言われています。

さらに添加物で味を補っている分、実際に使われている素材の栄養はほとんど摂取できず、高いカロリーのわりに栄養価が低いことも問題になっています。

食育健康アドバイザー資格の取得によって、このようなファストフードが抱える健康の観点での課題を正しく認識できるようになります

ジャンクフードやインスタントの安全な食べ方

添加物や保存料のリスクをきちんと学べる

一日三食、手作りのバランスの良い食事を摂れるのが理想ではありますが、現代社会においてはそれが難しい場合もあるでしょう。

では、上記のようなファストフードや、インスタント食品など所謂ジャンクフードと呼ばれる食品とは、どのように付き合っていけば良いのでしょうか?

【ジャンクフードやインスタント食品を利用する場合に工夫できること

  • サイドメニューなどを利用してサラダや野菜食品を一緒に食べる
  • テイクアウトにして自宅で手作りの食品と一緒に食べる
  • なるべく身体に優しいファストフード店やインスタント食品を選んで利用する
  • 出来るだけ利用頻度を減らす

完全に利用を避けることは難しくても、食品が持つ課題点を理解し、健康的な食事を目指す工夫が大切です。

食育健康アドバイザー資格の取得を通して学んだ知識は、ジャンクフードやインスタント食品と上手に付き合っていく上でも役に立てられます。

コンビニ弁当だけではダメな理由を学べる

その日の気分によって手軽にお弁当を購入できるので、仕事のランチ用にコンビニ弁当を購入しているという人もいるでしょう。

しかし、ファストフードやインスタント食品だけに限らず、コンビニ弁当も健康面に課題のある食品です。

コンビニ弁当には多くの添加物や保存料が使われており、さらに調理工程でも様々な薬品が使用されています。

食育健康アドバイザー資格の学習では、コンビニ弁当ばかり食べる生活がどうして不健康に繋がるのか、その理由も正しく学べるようになっています

添加物や保存料のリスクをきちんと学べる

ここまで繰り返しお伝えしている添加物や保存料の問題ですが、具体的には健康にどのようなリスクがあるのでしょうか?

以下では、コンビニ弁当やファストフードでよく使われている、代表的な添加物・保存料を紹介しています。

pH調整剤

【pH調整剤】…防腐剤や保存料の代わりに使われるようになったもので、食品を酸性になるように調整し腐りにくくする添加物です。

摂取しすぎてしまうと骨量が減り、骨が脆く弱くなってしまう可能性が指摘されています。

トランス脂肪酸

【トランス脂肪酸】…マーガリンや外食産業で利用する油など日本では幅広く使われていますが、すでにその危険性が指摘されアメリカでは禁止されている成分です。

植物油から摘出される成分ではありますが、その工程がプラスチックと似ていることから「食べるプラスチック」とも呼ばれ、がんや不妊、アトピーなど、様々な健康被害が報告されています。

亜硫酸ナトリウム

【亜硫酸ナトリウム】…食品を腐りにくくするためや、食品の見栄えを良くするために漂白剤として使われます。

こちらも幅広く使われている添加物でありながら、成長障害や頭痛、胃へ負担をかけるなど危険な添加物として知られています。

ソルビン酸

【ソルビン酸】…保存料の中でも最も多く使われている成分で、ハムやソーセージなどの加工食品がその代表的な例です。

肝臓や腎臓の健康障害や、発育障害が報告されていて、多量に摂取すると最悪死に至る可能性のある成分なので、使用限度が決められています。

ここで挙げた成分はほんの一部ですが、昨今の日本ではスーパーで販売している一般的な食品にも、多くの添加物と保存料が使われています。

食品の鮮度や見栄えを良くするために使われているとはいえ、添加物や保存料と、現在問題視されている様々な健康問題との関係は、残念ながら否定できません。

また、食品添加物や保存料は表示の仕方やルールはとても複雑です。専門的な知識を有していてようやく、リスクを回避しながら食品を選べるものと言えます。

食育健康アドバイザー資格を取得した人であれば、食品添加物や保存料に関して詳しく学べるので、身近な食品を安心安全に選べるようになります。

現代社会において自分や家族の健康を守るためには、食に関する正しい知識を身に付けることが必要不可欠と言えるでしょう。

そのため、食育健康アドバイザー資格は、社会からも求められるスキルでありながら、自分と家族の日常生活にも役立つ資格です。

食事の重要性や、食品の安全性やリスクに興味をお持ちの方は、食育健康アドバイザー資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です