スキル身につく+輝きプラス!

ゆがみ矯正インストラクター資格

正しく年齢に適した 施術方が学べる資格です

ゆがみ矯正インストラクター資格は、整体を行なううえでのテクニックを理解・保有していることを証明する資格です。施術に用いる器具の種類や正しい使用方法、年齢別の適切な整体の実施方法などが学べる資格です。

ゆがみ矯正インストラクター資格試験に関する情報を知りたい方は、日本インストラクター技術協会が運営する公式ホームページを参考にしてください。

ゆがみ矯正インストラクター資格が役立つ分野・将来の仕事

ゆがみ矯正インストラクター資格を取得する過程で、整体の技術的な面を中心に習得します。整体クリニックなどを開業する前にぜひ取得しておきたい資格の1つです。

ゆがみ矯正インストラクター資格を取得して役立つ分野というと、以下のような仕事が考えられます。

  • 整体師
  • 鍼灸師
  • スポーツインストラクター
  • マッサージ師

ゆがみ矯正インストラクター資格を取得して、整体系の仕事をこなしていくうえで考えておくべき事項を3つ紹介します。

これから資格取得を目指す方は特に参考にしてください。

  1. 勉強をたくさんする人の助け
  2. 若いうちに経験を積む重要性
  3. 集中力アップにおすすめ

よく勉強する人ほど姿勢が歪みやすい

整体を受けに来る患者の方は様々なタイプの方がいますが、意外に多いのが勉強のし過ぎによる体の歪みがひどくなる方のケースです。

机に向かって勉強をすると、無意識のうちに前傾姿勢になってしまい身体がゆがんでいってしまいます。仕事でデスクワーク中心の業務をこなす方も同様です。

よほど気を付けて取り組まないと、時間の経過に伴ってどんどんと姿勢が悪くなり骨格の歪みが発生します。

歪み矯正とともに、歪みが起こりにくい勉強の姿勢についてのアドバイスをするのも整体サービスを提供する者の仕事です。

姿勢の悪い勉強のデメリット

姿勢が悪いまま勉強をするデメリットはたくさんあります。身体がゆがんで矯正などの処置をしないとどんどん悪化していくことは想像がつきますが、学力向上の妨げになるデメリットも考えないといけません。

疲労がたまりやすく、長時間の勉強で心身ともに疲れてしまいます。

姿勢よく勉強をしている人の方が、姿勢が悪いままで勉強している人に比べ、勉強での疲労がたまりにくい研究結果もあり、注目に値します。

ゆがみが起こりにくい勉強の姿勢

歪みが起こりづらく、体に負担がかからない勉強姿勢とはどんなものでしょうか。顎を引き、イスに深く腰を掛けて背筋を伸ばします。そして両足の裏がしっかりと床についている状態が理想的です。

勉強をしていると猫背になりがちで、背骨も曲がりやすくなります。

また逆に背もたれにもたれかかりすぎると肩や腰などに必要以上の負担がかかってしまいます。

勉強中の姿勢で悩んでいる患者に対して、正しい姿勢を示して歪みが起こりづらい姿勢のアドバイスをしましょう

ゆがみ矯正インストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

ゆがみ矯正インストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

ゆがみ矯正インストラクター資格を得て整体関係の仕事に従事すると決めた場合は、年齢の若いうちに早めに従事することをおすすめします。

早い段階での自己投資と考え、早めに学習を進め資格取得をしましょう。若い年代で整体関係の仕事に従事するメリットをいかに2つ提示します。

  • 多くの患者と接する必要性
  • 多くの施術を実行する重要性

専門的な施術を行なう整体関係の仕事は、経験を積めば積むほど自分のプラスになります。早めに方針を決め、全力でプロの仕事に向かっていきましょう。

多くの患者と接する必要性

整体関係の仕事に従事する場合、多くの患者と接して施術をしたり相談を受けたりすることがすべて経験となり、今後の糧となります。

若い年代のうちから施術を経験し多くの実績を積むことで、頼られ親しまれる整体師に成長します。

多くの施術を実行する重要性

知識として習得した技術も、繰り返し実践することで手になじみ、自分のものになります。

患者それぞれ適切な施術の内容は異なります。様々な施術を実体験するためには、多くの患者と接して必要な施術を幅広く経験することはとても重要です。

歪み矯正で集中力も大幅アップする

勉強や仕事においても、普段の生活においても、歪みを治し姿勢を正すことには健康面だけでなく、他のプラス面があります。様々なメリットがありますが、特に注目される2点を紹介します。

  • 姿勢と呼吸・神経系との関係
  • 姿勢と計算力・記憶力との関係

歪みを矯正し姿勢を正しくする意義をしっかりと理解し、患者への施術とともに整体内容の意義を説明できる方が、施術全体に説得力が増します

姿勢と呼吸・神経系との関係

前傾姿勢で猫背になると、十分な呼吸ができなくなります。

呼吸が不足すると疲労がたまりやすくなり、かつ集中力の継続が難しくなります。これに伴い、自律神経に悪影響が及び、さらに集中の継続が難しくなります。

姿勢と計算力・記憶力の関係

姿勢の悪さは、計算をする能力や物事を記憶する能力にも悪影響を与えているといわれています。

集中力が維持できず、計算力も発揮できなくなり、さらには記憶をする能力も低下してしまいます。

身体的な悪影響だけでなく、学習や仕事の効率そのものにも影響が及んでしまう姿勢の悪さはぜひ改善しましょう。

ゆがみ矯正インストラクター資格を取得し、整体にかかわる仕事に従事して施術を行なうことは重要ですが、患者の心理的な相談に応じてリラクゼーションを与えることも整体師の魅力を決める重要な要素です。

様々な患者とコミュニケーションを取り、経験豊富な専門家を目指しましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です