スキル身につく+輝きプラス!

犬猫介護アドバイザー資格

ペットの介護で辛い思いをしている 飼い主を支える人材になれます

犬猫介護アドバイザー資格を取得することで、ペットの介護で辛い思いをしている飼い主を支える人材となります。将来、ペットのお世話をする仕事がしたいという方にとって、犬猫介護アドバイザー資格は有益なものであり、取得する価値があります。

今回は、犬猫介護アドバイザー資格の概要と資格取得の意義を説明します。

犬猫介護アドバイザー資格が役立つ分野・将来の仕事

犬猫介護アドバイザー資格とは、犬と猫の介護に関する知識を有していると認められた方に与えられる資格のことを言います。

資格取得のために勉強する内容は次のとおりです。

  • 小型犬、中型犬、大型犬、とそれぞれの犬の大きさと種類に応じた介護のしかた
  • 猫の介護の基本
  • 飼い主ケアの方法
  • 介護が必要になった動物の生活環境の整え方
  • 流動食の与え方
  • 寝たきりになった時の注意点や手入れ方法
  • 排泄についての知識

この他にもさまざまな知識を要します。

勉強内容が幅広い資格ですが、習得は独学で行います。独学だと不安という方には、資格取得に対応した通信講座もあるので、ご安心ください。

知識を習得した後は、認定試験を受けて合格すると資格が与えられます。

犬猫の介護のお手伝いを仕事にできる

現在のペット業界では、老犬や老猫のケアや介護の代行を行うところもあります

犬猫介護アドバイザー資格はそのような職場で活かせる内容です。

資格が役立つ場所の具体例を挙げると、次のとおりです。

動物病院
動物病院には、獣医のアシスタントをするスタッフがいます。老犬や老猫は病気になりやすいため、動物病院に通院することがよくあります。そのような犬や猫のお世話をするスタッフが必要となります。資格取得によって得られた知識を活かすことで、病院に来た動物たちのお世話ができるようになります。
ペット介護の代行業者
ペットの介護に疲れてしまった飼い主のために、24時間体制で預かる業者があります。そこではペットの介護ができるスタッフが必要とされています。犬猫介護アドバイザー資格では、犬猫の介護に関する知識の他に飼い主のケアについても習得します。そのため、犬や猫だけではなく、飼い主を励ます役割も果たせます。

犬猫介護アドバイザー資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

犬猫介護アドバイザー資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

現在は、ペットとして飼われている犬や猫の寿命が延びています。その理由は、飼い主がペットを大事な家族として扱っているからです。

老いていく犬・猫のお世話は大変

飼い主はペットの健康維持のために栄養のある食事を与えて、動物病院にも元気なうちから通わせています。

ペットが老いた時には、少しでも長く生きて欲しいという思いから、懸命に介護します。

それによって、犬や猫の寿命が延びて、介護の期間が長くなります。飼い主にかかる負担は人間の介護と同じくらい大変なものになります。

ペットがごはんを食べられなくなったら流動食を与える、歩けなくなって寝たきりになったら抱きかかえて体位交換をするというように、老いていく犬と猫にしてあげることはたくさんあります。

これらの行為は、人間の介護と同じくらいのレベルが求められます。

ペットとは少しでも長く一緒にいたいけれども、介護の負担で疲れてしまう飼い主はたくさんいます。

また、精神的に追い込まれてしまう飼い主もいます。ペットの介護を通して、大事にしてきた家族との別れを日に日に実感していくからです。

犬猫介護アドバイザー資格の勉強をして、老犬・老猫の介護に関する知識を習得することで、ペットの介護で辛い思いをしている飼い主を支える人材になれるのです。

若いうちの自己投資が大切

今、飼っているペットがとても可愛くて、将来はペットをお世話する仕事をしてみたいという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方にこそ犬猫介護アドバイザー資格を取得していただきたいです。

他人のペットのお世話をするだけではなく、資格取得で得た知識を活かすことで、自分が飼っているペットが老いた時に最期まで寄り添えるようになります。

知識の習得はこの先どこかで必ず役に立ちます。そのため興味関心のあるうちに、少しでも早く資格取得に励んでください。

若いうちの自己投資は大切です。

ペットショップのバイトでできることが増えるかも

犬猫介護アドバイザー資格が役に立つところとして、動物病院とペット介護の代行業者を挙げましたが、ペットショップでも資格を活かるようになります。

現在のペットショップでは動物の販売だけではなく、ペットを預かるペットホテルの事業も行っています。

預かったペットが高齢だったり、持病があったりする場合は、介護ができる技術が必要になります。

その中で、犬猫介護アドバイザー資格を所有しながらペットショップでバイトしていたとしたら、できる仕事が増えるかもしれません

犬や猫のお世話を将来の仕事にしたい方にとって、犬猫介護アドバイザー資格は有益なものです。

資格取得にチャレンジする価値はあります。興味のある方はぜひ勉強して認定試験にも挑戦してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です