スキル身につく+輝きプラス!

犬のしつけインストラクター資格

愛犬との関係がより良くなったとの 好評価が多い資格です

日本インストラクター協会認定の犬のしつけインストラクターは、ペットに関する知識が短期間で得られ、育て方やしつけなど実用的な知識が身につく魅力的な資格です。

当記事では、犬のしつけインストラクター資格が役立つ分野や仕事についてご紹介していきます。

犬のしつけインストラクター資格が役立つ分野・将来の仕事

犬のしつけインストラクターはその名称の通り、犬を飼育する上で大切な「しつけ」に関する知識が一定以上あると証明される資格です。

犬のしつけインストラクターとして学ぶ内容は次のとおりです。

  • 道具によるしつけ(ハーネス・玩具店首輪など)
  • 犬の性格や犬種に合わせた方法
  • 飛びつき癖や食糞・無駄吠えなどの一緒に生活していくうえでの困った行動
  • 成犬と老犬の飼育の違い
  • 多頭飼いの飼育方法

このように、多くの知識が身につきます。

将来役立つ分野や仕事は、犬に関するもの全般です。

【犬のしつけインストラクターが役立つ仕事

  • ペットショップ
  • ペットホテル
  • しつけ教室
  • フリーランスのトレーナー
  • ペットシッター
  • ドックカフェ

このように、様々な仕事に生かせるようになっています。

ここで、犬のしつけインストラクターの資格取得方法について簡単に紹介しておきます。

詳しく知りたい方は、ぜひ、公式ホームページをご覧ください。

犬のしつけインストラクター

資格種別民間資格
受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請方法インターネット
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
試験回数年6回(偶数月)
試験期間月の後半(5日間)
合否発表日約3週間後

【受験方法

  1. 公式ホームページより申し込み
  2. 試験問題一式が送られてくる
  3. 試験期間内に受験
  4. 解答用紙の発送
  5. ホームページより合否判定の確認

※試験申し込み期間は試験月の前月です。

※解答用紙は必着日があるので、遅れないよう注意してください。

言うことを聞かない犬に悩まなくなるかも

資格を取得すると仕事として生かせますが、それだけではありません。

資格を取得した人の口コミでは、このような喜びの声があります。

  • 「飼い犬とのコミュニュケーションがとれるようになった」
  • 「言うことを聞いてくれるようになった」
  • 「今までできなかった”待て”ができるようになった」

飼い主の方が飼い犬とより良い関係づくりのために、取得しているケースが多くみられます。

  • 「言うことを聞いてくれない」
  • 「無駄吠えを止められない」
  • 「どうやって教えたらいいのかわからない」

このように、犬のしつけに関してお困りのことあるならば、しつけについてしっかりと学ぶ良い機会かもしれません。

しつけについて学び、資格を取得することによって、飼い犬との関係も変化し、言うことを聞いてくれるようになるかもしれません。

また、その経験と資格を生かした仕事もできるようになります。

犬のしつけインストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

ペット市場は拡大し続けており、2021年には総市場が1.6兆円にまでになるのではないかといわれています。

日本において15歳未満の子供の数より犬・猫の飼育頭数が多いほどです。

これは、何を意味するのかというと、ペットに関する仕事の需要が今後も増加する可能性が大きいということです。

日本は、動物愛護先進国のなかでも犬を飼うハードルが低いとされています。つまり、しつけや飼育方法について詳しい知識が無くても飼えてしまう状況なのです。

それゆえに、飼育開始後にしつけ方がわからず、犬のしつけインストラクターなど資格所有者に助けを求めてくる場合が多いのです。

こういった傾向は今後も続いていくので、仕事の需要はなくならないでしょう。

今のうちに、専門的な知識とそれを証明する資格を保持しておくことで、将来の自分への自己投資となります。

いたずらが多い犬の理由が分かるかも

いたずらが多い犬の理由が分かるかも

犬は、狩猟本能から、走り回ったりおもちゃを加えて振り回したりとよく遊ぶ動物です。

子犬ならなおさらそういった行動が目立ちます。遊びながら社会勉強をしているのですね。そういった点は、人間の子供と同じです。

しかし、成犬がいたずらをする場合は意味合いが違ってきます。

「成犬のいたずら」には、このようなメッセージが含まれている場合が多いです。

  • 退屈
  • さみしい
  • 不安
  • 運動不足

いたずらをするシチュエーションや場所によってもそのメッセージ性は違ってきます。

当たり前ですが、犬は話せません。人間に何かを伝えたいときは行動で示します

その行動に対して、どう対処していくべきなのか。どう声掛けをしていくべきなのか。

犬のしつけインストラクターの資格を取得するということは、そういった知識を学ぶきっかけをつくれることになります。

資格を持っていなくても、犬に関する仕事には就けます。

ペットは「家族」という考える方が大変多くなり、それに伴い、ペット市場も拡大し続けています。

自分の「家族」の悩み・相談は、やはり知識や経験のある人にお願いしたいですよね。

一目で見てわかる「資格」は知識の証明として持っていて損はありません。

この機会にぜひ挑戦してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です