スキル身につく+輝きプラス!

ドッグトレーニング資格

犬の生態を深く学べ グッと仲良くなれる要素は豊富です

当記事では、ドックトレーニング資格とはどういうものか。どういった仕事に役立つか。取得すると、どのような魅力があるのかについてご紹介していきます。

ドッグトレーニング資格が役立つ分野・将来の仕事

犬に関する資格は沢山ありますが、今回は、比較的短期間で取得が可能で、実用的な知識が身につき、ペット関係の仕事をする時に役立つ2つの資格について紹介していきます。

  • 日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する【ドックトレーニングアドバイザー資格】
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する【犬のしつけインストラクター】

犬の犬種別・性格別のしつけ方や飼育方法についての基本的知識を証明するものです。

資格取得によってどういったところで働けるのか?

  • ドッグカフェ
  • ペットホテル
  • しつけ教室
  • ペットショップ

このように、犬とかかわる仕事全般で働けます。

実は、上記の職場で働くうえで、必須の資格はないのですが、やはり命がある生物にかかわる仕事のため、知識は持っていた方が役立つようになっており、自分自身も安心します。

求人を見ても、飼育経験がある方や知識がある方を条件にあげている求人が多いです。

また、将来ペットカフェを経営したい・ブリーダーとして活動したいと思っている方にとっても、持っていると役立つ資格です。

もっと仲良くなれる犬のしつけの仕方

「しつけ」といっても犬種によって性格も大きさも違います。

例えば、ラブラドール・レトリバーは、作業犬として活躍してきた犬種です。

しつけを行う時は、頭やからだを使う「ゲーム要素」を取り入れたものがいいです。

一方で、シーズーは穏やかでおとなしい犬種とされていますが、頑固な一面もあり、一度間違ったことを覚えさせてしまうと、なかなか治せないといわれています。

個体差はありますが、犬種やサイズ・犬の習性や性格に合わせた「しつけ方法」を選択していくと、犬も楽しく訓練ができるため、信頼関係は今よりもっと強固になります。

しつけ方法を選択するためには、しつけ方法のバリエーションが必要になります。

ここで役立つのが、ドックトレーニングアドバイザー資格や犬のしつけインストラクターなど、しつけに関する知識を有しているかどうかです。

  • 「ペットに関する仕事を始めてから・・・」
  • 「犬を飼い始めてから・・・」

事後に学ぶのではなく、事前に取得して知識を増やしておくと、犬とのコミュニケーションも取りやすくなり、信頼関係もいち早く築けることになります。

ドッグトレーニング資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

2021年のペット市場は、1.6兆円に上るのではないかとされています。

ペット市場は年々増大しており、それに伴いペット関連の求人も増加しています。

大手求人サイトで、ペット関連の仕事を検索すると、全国で5000件以上の求人がヒットしました。

ペット業界が人材を求めていることがわかりますね。今後も拡大し続けると予想されるペット市場。

将来ペット関連の仕事をしてみたい・犬をかってみたいと思っている方は、将来の自己投資として、今取得しておくといいのではないでしょうか。

コロナ禍でおうち時間が増えている現在。このおうち時間を自分自身のスキルアップのために使おうという方も多いです。

自分のスキルアップをめざすのなら、仕事としてもつかえる資格の取得は、大変魅力的な時間の使い方ですね。

犬の生態をもっと深く学べる資格講座

犬の生態をもっと深く学べる資格講座

上記で説明してきた2つの資格ですが、実は、同時取得が可能です。

各協会に認められた講座を受講すると、より深く、しっかりと習得可能です。

また、卒業課題を提出すると同時に資格取得となる講座も選択できるため、受験の必要がなくなります。

自分で勉強すると、どうしてもムラがでます。知識が偏ってしまっては、せっかく資格取得をしても、生かせる場面が少なくなってしまいます。

そこで、犬の生態から飼育・しつけまでムラが無いように、体系的に学べる講座受講も検討してみてはいかがでしょうか。

ここで、ダブル受験ができる講座の少し紹介をしておきます。参考にしてください。

ドックトレーニングアドバイザーW資格取得講座】

通常講座スペシャル講座
受講期間6カ月(最短2か月)6カ月(最短2か月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
受講料59,800円79,800円

講座の教材は全4冊で、1冊が教科書、残り3冊が問題集(添削用問題冊子込み)となっています。

教科書はしつけなどについて、詳しく・わかりやすく書かれています。

講座受講の流れ

  1. 講座申し込み
  2. 教材にそって学習
  3. 卒業 ※ここでスペシャル講座を選択している場合は、卒業課題度提出で資格取得。
  4. 試験を各協会のサイトから申し込む
  5. 送られてきた試験問題
  6. 試験期間のなかで受験
  7. 協会へ発送
  8. 合否発表日にインターネットから確認

ドッグトレーニング資格取得検定講座 | 通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

講座の教材は、資格内容について詳しく書かれているので、自力で学習するより、もっと深く学べます。

しっかり学びたい・ムラなく知識を習得したいという方は、検討してみてください。

ペットは「家族」の時代です。犬にかかわることがあるのなら、知識と資格は持っていた方が安心です

コロナ禍でおうち時間が増えている現在。この機会に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

アイコンタクト・ハンドサイン・おすわり・伏せなど犬の様々なしつけを的確にできるようになる

首輪・ハーネス・知育玩具など道具を用いたしつけの方法など、TPOに合わせたしつけをマスター出来る

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です