スキル身につく+輝きプラス!

風水鑑定士資格

引っ越したら良くない ことばかり…なんて ならないために!!

風水鑑定士資格は、住宅や不動産、部屋の運気を鑑定して、模様替えや配置換えなどのアドバイスができることを証明してくれます。

インテリア選びや邪気払いになる水晶などの天然石の選択、風水の講師としての活動をサポートするなど、多方面で生かせるスキルです。

風水鑑定士資格(旧:住宅鑑定風水インストラクター)が求められている理由

一人暮らしや核家族世帯が増えている今、従来に比べて、家、部屋の運気、開運の意識、土地柄の事象を気にする機会は減り、元々運気の悪い場所でも家賃や土地代が安い場合、住んでしまうことも多くなっています。 安さで選んで住み始め、家族に不幸や事故があっても、ただの不幸、自己責任にされてしまいます。

家購入や引越し時の判断に

大きい買い物となり、なかなか簡単に引っ越しもできなくなる土地と家の購入時には、本当にその場所、その形と間取りの家で良いか判断する必要があります。

お部屋の引っ越しをする時も同じで、その人に適さない間取りと玄関の方角の家に住んでしまうと悪いことばかり起き始めるかもしれません。

失敗できない買い物や引っ越しに役立つ

風水の知識は、家、土地、建物、不動産など失敗できないものの買い物、引っ越しなどで大いに役立てられます。

その人の本質や性格を言い当てるものとはまた異なり、その人の暮らしや生活を日常的に守るために事前に気をつけるためのものです。 知っているのと、知らないのとでは大きな差があります

邪気払いと開運は両方大切

風水において魔除けはまず1つ目に大切な事象ですが、気の停滞が起こらないような空間づくり、開運のための道標なども用意する必要があります。 まずは、悪いものが来てしまってもすぐに去るような仕組みを用意して、そこに魔除け、開運に関するものを用意して総合的に環境を維持することになります。

邪気や不運を意識して減らす大切さ

邪気払い、魔除けなどを活用すると、一度住んでしまっているお部屋の運気をギリギリまで上げて、それ以上下がらないように維持するなど、ギリギリの所まで運気を上げられます。 不運が続く場合には、まず部屋を掃除し、整理整頓をしてから、他の原因も減らしていくことになります。

気の流れを良くする事を最優先に

床に広く物を散らかしたり、道の真ん中に物を置いたりする行為は運気を大幅に下げます。

無駄にものが多く、使っていないモノがあふれているのも運気を落とすため、定期的に掃除・片付けをしていく必要があります。 お部屋、家の気の流れを良くするために、せめて玄関周りには余計なものを置かないようにしましょう。

掃除や模様替え・インテリアの意味付けに

部屋の配置で運気が変わります

風水を元にお部屋の模様替え、インテリア選びをすると、その空間にしっかりとした意味が生まれます。

なんとなくの配置にしておくよりも、安心してそのお部屋や家にいられるようになります。 この場合、自分自身だけでなく、家族の運気も上る可能性が高いので、みんなで幸せになれる工夫として、将来的にも生かせるのが風水鑑定士資格の良いところです。

運気が上がるお部屋の模様替えもできる

住んでいる部屋の模様替えをする時にも、風水の知識があると家具、家電の配置を大きく変えられて、お部屋の空気もキレイになります

よく使う、よく歩く場所、空気の流れを良くするための工夫など、風水資格講座を通して学べるので、じっくり勉強して、すぐに実践できるようにしましょう。

インテリアの工夫で邪気払いに

お部屋に置いても良いものと、置かないほうが良いものもあります。インテリアの配置や置くもの、置かないものの工夫だけでも、その人の運気は変わります。 好みだけで決めるより、運気が上がり、仕事もプライベートもうまくいくものを選んだほうが良いのは間違いありません。

風水の講師活動に最適な資格

早いうちに風水の知識を身につけることによって、その後の引っ越しやお部屋探し、家探し、土地選びなどで明確な理由を持って判断できます。

何を基準に決めたらよいのか迷わずに済むため、物事の歩みのスピードも思い通りにできるでしょう。

将来的には風水鑑定士としてカルチャースクールなどの講師をするなど、仕事でその風水の知識を生かせます。

不動産関係の仕事に就く時にも

不動産関係の仕事、お部屋の紹介・斡旋、家や物件探しの仕事でも風水の知識は役立ちます。

風水的に良くないお部屋は事前に避けて伝えられて、お客様からの信頼も厚くできるでしょう。

結果的に長く住んでもらえることで不動産会社としても家の持ち主としても有難いので、風水の概念を用いてお部屋を紹介するのは大きな意味があります。

風水占いの講師になるにも役立つ

20代のうちに風水の知識を得て、年齢を重ねる間に経験を積むことによって将来、その人生経験を元に風水占いの講師になったり、風水教室を開講したりできるかもしれません。

将来のための先行投資として十分頼りにできますので、ひとつどんな場合でも生かせるスキルとして習得しましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です