スキル身につく+輝きプラス!

風水資格

風水の知識で見えたこと それを伝える技術も しっかりと習得出来ます!

風水資格には、風水セラピスト資格と風水鑑定士資格の2種類があり、それぞれ風水の基本、陰陽五行の基本から応用まで身につけ、住宅の風水鑑定までできるスキルがあることを証明できます。

土地や家を持つ方や不動産関係の仕事をしている方にも必要な知識で、20代など若いうちに習得することによって、一人暮らしでの開運や、家購入時の場所、向きの判断などもできて、有意義に生かせるでしょう。

風水資格で学べること

この資格で学び、取得できるのは以下の2つの資格です。それぞれ学習できる内容を紹介します。

風水セラピスト資格

風水セラピスト資格では、以下の習得を目指します。

  • 風水の基礎や鑑定方法
  • 運気を上げる方法
  • 家具の配置や選び方

風水セラピスト資格では、風水の基本から鑑定、鑑定結果の伝え方と具体的な解決策や改善方法をアドバイスする方法なども学びます。

全体的には運気を上げるために家具の配置、お部屋の場所、家具の向きなどを工夫できるスキルがあることを証明できます。 お部屋の模様替えやお部屋探しの時にも役立ちます。

風水鑑定士資格

風水鑑定士資格では、以下の習得を目指します。

  • 家や建物の鑑定方法
  • 家具の配置や気の流れの確認
  • 風水講座開講に向けた応用

風水鑑定士資格では、建物や土地、家がその地域でどんな気の巡りの中にあるかを理解して、少しでも運気が停滞しないよう、家庭内での工夫ができることを証明できます。

家具の配置、方向、色や形の選び方も習得し、そもそもその家の中での誰を基準に風水的視点で鑑定するかから学んでいきます。 風水のカルチャースクールや生涯学習講座を開くのにも役立つ知識が身につきます。

風水や陰陽五行とは

部屋の間取り

風水は主に方位・方角から物事を占う方法です。五行は「木、火、土、金、水」に分類され、これがさらに陰陽に分けられます。

そして「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」をそれぞれに当てていって、風水の陣を構成します。

その風水の陣を元に方位方角から鑑定を行います。

風水とは|建物などの吉凶禍福を見る

風水はその家や部屋の気の流れを見て、吉凶禍福を判断し、家具の配置や家電の選び方を工夫したり、部屋の間取りによっては変えられない部分に魔除けの水晶を置いたり、観葉植物を置く、逆に植物を置かないなどの工夫をして、運気が下がるのを防ぎます

科学的根拠があるわけではないのですが、これで運気を高めたり、家の中での動線を改善して生活しやすくしたりします。

例えば、家具の配置換えで風通しが良くなると、ハウスダストアレルギーは起こりにくくなり、日差しが入るようになれば、気分は少しでも上がるでしょう。

陰陽五行とは|方角や暦を見る

陰陽五行のうちの五行は「木、火、土、金、水」のことで、物質の元素のような感覚で捉えられる世界の基本となる構成要素です。 これらの要素を元に陰陽や十二支、方位方角を与えていって鑑定結果を導きます。陰陽五行に基づく過去の暦や、方角から物事の本質を見ていくため、その人の本質的な運勢や性質も見定められます。

風水で使う八卦を解説

風水分析の基礎として「☰(乾)☱(兌)☲(離)☳(震)☴(巽)☵(坎)☶(艮)☷(坤)」を用いるのが八卦です。

三爻は、「⚊陽(剛)⚋陰(柔)」に分けられて、陰と陽で区別される8通り×8通りの合計で六十四卦作り出されます。

方位にそのままあてて使用できるため、陰陽五行の細かい分析よりは鑑定しやすい場合があります。

八卦は陰陽五行が分かりやすくなったもの

八卦は細かく分けると六十四卦まで分類されますが、個人の本質を示すものとしては陰陽と八卦が分かっていれば鑑定可能です。

陰陽五行の概念、八卦の存在、そして、そこから導き出される本質から、風水的な占いが完成します。これらをより専門的に学ぶのがこの風水資格です。

20代のうちに扱えれば視野が広くなる

20代の若者のように早いうちから身につけておくと、それだけ教養や文化、価値観や感性が高まった状態で洗練され、物事を見る目が養われます。 占いだけでなく、風水という世界から物事を見られるようになること、そのものに価値があります。

風水の使い方・鑑定方法

風水は、土地、建物、お部屋など不動産関係の事象や、旅行先、滞在先、ビジネス先など方角が関係してくる事象の占い鑑定にも生かせます。個人の本質占いや性格診断にはあまり使われません。

アパートや家の引っ越し時に役立つ

風水の知識は、引っ越しの際にも役立てられます。アパートを探すだけでも運気が上がりやすく、自分自身の本質にあったお部屋を選ぶことによって、それだけで仕事も恋愛もうまくいくかもしれません。

気にしなくても良いのですが、考慮しておいて、運気が上がればそれだけプラスのアドバンテージを得られます。

何をしてもうまくいかない時の原因探しにも

普通に生活していても、なぜかうまくいかない時は、お部屋の気の流れが悪く、運気が下がっているのかもしれません。

風水資格を取得していて、その原因を確かめられるようになると、原因も把握できて自分で運気も回復させられるのです。

一度習得すると一生役立つスキルなので、20代の若いうちに身につけておくと良いでしょう。

風水に対する知識を身に着け、空間の気の巡りを整えられるスキルが身につきます。 ↓

風水の視点から、住宅の運気を鑑定出来るようになります。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です