スキル身につく+輝きプラス!

食育資格

義務教育では学ばない、生涯活かせる資格です

食育(しょくいく)とは、食品の持つ栄養素や食べ合わせなどの知識と、食の楽しみ方や文化などを身に付け、豊かで健康的な食生活を送るための教育のことです。食事と健康の関連性を深く認識し、様々な食品に関する理解が深いと認めらた人に認められるのが食育資格です。

食文化の変化に伴う健康問題が注目されている現代では、食育資格の需要はますます高まっています。

この記事では、食育資格について詳しくまとめています。

将来の子育てに備えて今のうちに自己投資

現代における「食育」は、子どもたちだけでなく消費者全体が対象で、幅広い世代に向けたものに変化しつつあります。

しかし、その中でもとりわけ重要視されているのが、子どもたちの健康問題を解決するための取り組みです。

子供の健康と食育

そもそも食育という言葉が使われるようになったのも、子どもの教育のひとつとして「食教育」が必要であると認識され始めたことがきっかけでした。

成長期の子どもにとって、食生活は生涯健康に行きていくための基礎や体質を左右する、とても重要な項目です。

子どもたちが心身共に健やかで豊かに成長していくには、正しく楽しい食生活が必要不可欠なのです。

そのため、すでに子どもがいる人はもちろん、将来的に子どもが欲しいと考えている人は、多くの場面で食育資格を活かせるようになっています。

子育てにおいて食育資格が活かせる場面の例

子育てにおいて、子どもの献立を考える時間は日常のほとんどを占めるくらい多いものです。

成長に合わせた適切な献立作り

特に離乳食期~大人と同じご飯を食べられるようになるまでは、子どもの成長や体質に合わせ、段階的に与えていかなくてはいけません。

しかも、アレルギー反応に注意しながら、なるべく様々な栄養素をバランス良く、しかも子どもの食べられる量を考えながら作る必要があります。

これらを慣れない育児の中で、大人と子ども一日三食分ずつの献立を考えるのは、本当に大変なこと。

栄養素についての知識や素材の適切な調理法、食べ合わせを理解していれば、献立作りに役立ちます

食に対する興味付け

食材についての知識や、季節や行事ごとの食文化の知識を正しく伝えることも食育のひとつです。

食文化に対する興味付けは、子どもにとっての食事を「ただの行為」から、「楽しく美味しいこと」に変えてくれます。

食に興味を持てると、食べる量が増えて栄養も十分に摂れ、食事を楽しむ豊かな心が育ちます。

好き嫌いへの対処

子どもとはいえど、好き嫌いには個人差があり、様々な素材でしっかり栄養を摂ってほしいと願う親を悩ませることがあります。

食育の知識があれば、同じ栄養を補える食品に代えてみる、調理法を工夫するなど、子どもの個性に寄り添いながら、あらゆるアプローチができます

食事マナーなど社会性の教育

食事時の挨拶から、食品に合わせた食べ方、スプーンや箸の持ち方まで、食事を通して子どもに教育すべきことが盛りだくさんです。

食育の知識を持つ人であれば、社会性の教育をする場面でも何から教えて良いか、困らずに済みます。

いずれ子どもが産まれてから勉強しようと思っていても、子育てが始まれば想像以上に忙しい日々が待っています。

今のうちに食育資格の習得によって正しい知識を身に付けておけば、このような場面でも適切に切り抜けられるようになるでしょう。

自己投資として備えておいても、決して無駄にならない資格と言えます。

自炊を始める年頃に学ぶと良いかも

自炊を始める年頃に学ぶと良いかも

これまで料理の経験が無かったとしても、環境の変化を機に料理を始める人は多いですよね。

自炊を始めるきっかけには、このようなことが挙げられます。

  • 一人暮らしを始めた
  • 恋人との同棲や友人とのルームシェアを始めた
  • 結婚して配偶者ができた
  • 病気などをきっかけに体調管理に気を配るようになった
  • 美容やダイエットのため

自炊を始めるタイミングで食育資格の勉強も行えると、「一体何から始めたら良いかわからない」という初心者ならではの悩みも解消されます。

食育資格の取得によって学んだことを、その日のうちに食事に取り入れて実践できる点も魅力です。

実践しながら学ぶことで、頭の中だけで覚えるよりも理解を深めやすくなります。

義務教育では学べない、成長に必要な教育

これほど重要視されている食育ですが、現在の日本では一部の高校や専門学校など、食の専門分野を専攻しない限り、一般的に学ぶ機会はありません。

しかし、本格的に食習慣を身に付ける時期とされているのは、小~中学生にかけてです。

その時期にすべての人が正しい知識を身に付けられるのが理想ですが、まだまだ家庭や学校では浸透していません。

食育資格の取得によって、大人になってからでも、本来学ぶべき食文化や食の知識を身に付け、周りの人に広める役割を担えることになります。

食育の知識は、自分の日常生活にはもちろん、家庭や職場を通じて自分以外の人の食生活にも良い影響をもたらしてくれます。

正しい食事で一生健康に|一生使えるスキル資格

食事は生きることそのものと直結しています。

正しい食生活は、健康な身体だけでなく、心の安定を保つ役割も担っているのです。

現代において、食に関する知識やスキルは急激に高まりつつあります。

独身世帯も多く、男女問わず忙しく働き、結婚していても共働きであるなど、現代人にはとにかく時間がありません。忙しいだけでなく、様々なストレスにも晒されています。

身体もしくは心の健康バランスを保ちにくい生活を送っている人が、とても多いのです。食育資格は自分や家族のためはもちろん、そのような背景から、就職や企業にも活かせるスキルです。

また、生きていく中で食事をしない人がいないように、人生と食事は切り離せない関係にあります

食育資格の習得で得た知識は、一生ものの資産と言えるでしょう。

食育資格の中でもおすすめの2つの資格を、ここでご紹介します。

食育についての基礎知識を持っていると証明する資格で、この資格を取得している人には講師活動も認められます。食品の栄養素や食べ合わせ、食生活や文化の他、国が制定している食育基本法や外国の食育事情など、食にまつわるあらゆる知識を身に付けられるようになっています。 ↓

食の知識の中でも、特に食品に関して詳しく理解している人に認定される資格で、この資格を取得している人にも講師活動が認められます。取得を通して、食品の持つ栄養素やそれらが身体にもたらす影響、食品に使われている添加物や食品表示の見方などの知識を得られるようになっています。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です