スキル身につく+輝きプラス!

手芸アドバイザー資格

様々な手芸の知識やテクニックを 身につけられる資格です

手芸アドバイザー資格は、クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解し、様々なクラフトを制作出来るレベルにある人を認定する資格です。

この記事では手芸アドバイザー資格で学べることや魅力について説明しています。

より詳細な内容を知りたい方は、是非資格公式サイトもご覧ください。

手芸アドバイザー資格で学べること

手芸とは、個人の趣味として、裁縫、刺繍、編み物など技術を駆使して創作品を作ることです。

手芸は、趣味として女性に根強い人気があり、手芸店などに行くと、プロが使うような専門的な道具や豊富な材料のほか、必要な材料が全て同封されたキット商品が販売されており、初心者から上級者まで需要があります

手芸アドバイザー資格ではこのような幅広い知識を学べるようになっています。

  • 糸ラベルの見方
  • クラフト製作でよく使用する糸の種類
  • 革、用具の基礎知識
  • ミシン糸の通し方
  • 菱目打ちの方法
  • ステッチのかけ方

手芸を趣味としてさまざまな作品を作りたい、趣味の手芸を活かして商品の販売をしたいと考えている方は、手芸アドバイザー資格を取得し、知識やテクニックを身に付けてみてはいかがでしょうか。

将来の手芸教室や生涯学習講座で生かしやすい

手芸は、誰でも手軽に始めることができる趣味として、年齢を問わず女性から根強い人気を集めています。

【手芸の種類】

  • 裁縫
  • パッチワーク
  • フェルト
  • レース編み
  • 編み物

ひと言で手芸といってもさまざまな種類があります。

それぞれに制作工程は大きく違い、手芸を趣味として習得するには、一つ一つの作品作りについて専門的に学び、習得していく必要があります

手芸教室の先生

手芸に関する広い知識だけでなく、作品を作るためのスキルが求められます。

また、教室に通う生徒に対し、的確なアドバイスと応用力が必要です。

手芸の先生としての活動は、少人数を指導するアットホームな手芸教室から多くの生徒に指導する本格的なものまであり、自分の生活のペースに合わせてレッスンを組むことが可能です。

生涯学習講座の講師

公共施設などを利用してカルチャースクールの開設や生涯学習講座の講師として働ける道もひらけます。

手芸の先生として指導するため、確かな知識とスキルは必須ですが、大好きな手芸を仕事にできる喜び、生徒の作品作りに携わり、生徒と喜び合う充実感を味わえる仕事です。

自身の知識や技能を活かして活動できる講師は、人に教えるのが好きな人にとって、非常にやりがいのある仕事と言えます。

手芸アドバイザー資格でアクセサリー製作

手芸アドバイザー資格を取得したら、早速ハンドメイドしてみましょう。

最近ではハンドメイドアクセサリーが人気を集め、お店やインターネット上で見かけることも増えました。

ここでは、手軽に手作りできるアクセサリーを紹介します。

ネックレス
布にくるんで作るラッピングネックレスは、ビーズと布で簡単に作れます。
金属、パールなどで作るアクセアリーよりカジュアルな印象を与え、普段使いにぴったりのアクセサリーです。
コサージュ
お店で好みのコサージュが見つからないことはよくあります。
そんなときは造花で自分好みのオリジナルコサージュを作ってみましょう。
イヤリングやピアス
レジンを使うことで個性的なアクセサリーが作れるようになります。
レジンの中に季節を意識したドライフラワーを入れてみるものおすすめで、お好みの組み合わせで、オリジナルデザインのイヤリングやピアスができます。
毛糸のシュシュ
布で作るシュシュもかわいいですが、かぎ針を使って編む毛糸のシュシュはハンドメイドならではの味わいを楽しめます。シュシュの材料は、毛糸とヘアゴムだけなので、いつでも手軽に始められます。

手芸は自分のために作り、楽しめることも魅力のひとつですが、趣味と実益を両立できる副業を始める人も増えています

自宅で空いている時間で出来てしまい、販売はインターネットの専用サイトに登録するほか、実績を積むことによって、自身のサイトを立ち上げて販売という選択肢もあります。

手先が自由に動くうちに覚えた方が良いかも

手先が自由に動くうちに覚えた方が良いかも

子どものころから手先が器用で工作や絵画、手芸が得意な人がいます。

これは巧緻性が高いためで、指を上手に動かして、頭の中のイメージを具体的に表現することに長けています。

巧緻性こうちせいとは?】

手先の器用さ、巧みに指先を使う能力のことで、この能力を幼児期に鍛えることが幼児脳の発達に大きく影響します。

人は加齢により、脳や体の動きが悪くなります。何もないところでつまずいたり、階段の上り下りでバランスを崩しそうになったり、指の動きが悪くお釣りを落とすなど、人によってさまざまです。

年を取ると、手で細かい作業をするのが難しく、それは巧緻性の衰えと言えます。手芸のスキルは定年してからゆっくり勉強しようと思わず、巧緻性の高い今のうちに習得することをおすすめします

手芸アドバイザー資格に興味のある方は是非取得を検討してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です