スキル身につく+輝きプラス!

ホロスコープ鑑定士資格

ホロスコープがわかると 色々なことが 読み解けるのです!!

ホロスコープ鑑定士資格は、西洋占星術(ホロスコープ)を基本から応用まで理解し、占いの実務でも応用できることを証明できる資格です。

相談者に対しての適切なアドバイスができるようになり、正しく提案できることも証明されます。

若者が習得することによって、自分自身の道標を常に自分自身で確認できるようになるでしょう。

ホロスコープ鑑定士資格(旧:ホロスコープインストラクター)が求められている理由

ホロスコープが求められているのは、その人の本質・性格がつかみづらくなっていることと、無駄なく合理的な生き方をしないと、人生を無駄にしてしまうことが分かっているからです。

決断できない時の手助けになる

一度しかない人生で、一度しかできない決断をして、失敗した場合、人によっては数年、数十年という時間を無駄にしてしまいます。

そうならないように、多くの人は決断の瞬間に悩み、苦しみ、不安を抱えます。

そうした不安を解消するのが、長年の経験や知識の集積で構成された西洋占星術という占いなのです。

自分が分からなくなった時の助けになる

迷った時には、信じてきたものから全て疑い始め、しまいには自分自身が分からなくなることもあります。

そうなってしまうと前に進めなくなり、決断そのものができなくなります。 前進のない人生も時間を無駄にすることになるため、できるだけ前進できるように、占いなどの鑑定を信じて前に進みます

ホロスコープと十二星座

ホロスコープと十二星座イメージ

西洋占星術(ホロスコープ)は十二星座と同じではないのですが、似たような数字と黄道十二宮という概念で鑑定を進めていきます。

星座の知識や星と地球との関連などから、長年の歴史の中で得られた統計的なデータも参考に、その人の本質を導きます。

これにより、その人の進むべき道のヒントが多少なり得られるでしょう。

黄道十二宮とは

ホロスコープには世間で言う十二星座と同じ意味合いの黄道十二宮というものが存在します。

十二星座を円状に配置して、その人の生まれた日時や場所に応じて星座を割り当てていき、その本質を成すものとします。

その本質を基準に、性格や特性、個性、行動原理、相性、方向性を見定めて、できる限り思い通りの結果になるようアドバイスをすることとなります。

惑星や十二室について

太陽系にある惑星、また、十二室という行動特性に関する分類を合わせることで、個人の本質をより詳しく把握できます。 鑑定結果に応じて、また、相談内容に応じて適した答えをアドバイスしますが、これが全てではないので、参考程度に人生の大切な選択に役立てると良いでしょう。

人の生まれ・過去と未来を見定める

すべての人は生まれた瞬間に運命を背負っていると考え、その時点での決められた未来、ホロスコープに出会うまでの期間、現在とそこからの未来というように時間の流れも考えながら鑑定します。

その時の一瞬を見るだけではなく運命を見ていくことになるので奥が深く、得られる鑑定結果も密度の濃いものとなります。

生まれた瞬間に与えられる運命とは

占いの概念では、その人の運命は決められているものと考えます。近代物理学でも、既に未来は定められているものとして考え、その過程にはある程度の自由意志や余裕、変化があるとしても起こりうる結果は同じだとして考えます。

ホロスコープの占いも同じで、結末や起こりうる未来を見据えて行動することで、結果を少しでも早く導いて思い通りの道を歩めるようになります。

未来から逆算して「今」を最適に生きられる

ホロスコープを学ぶとある程度の未来、定め、運命、宿命を理解できます。

その運命から逆算して「今」を生きられるようになると、失敗や苦痛、苦悩を最小限にして、成功や思い通りの歩みを多く手にできるようになります。 一度しかない人生で失敗ばかりしていると、失敗からの回復だけで人生を終えてしまうかもしれません。占いも頼りに、人生を無駄にしないようにしましょう。

他の占いと合わせて使うのがベスト

ホロスコープだけでは、鑑定結果が安定しないことがあります。その人の本質を離れていたり、結果が明らかに異なったりする場合、その人とホロスコープの相性が良くない場合があります。

そうした時は東洋占星術や数秘術などの他の占いも活用し、目的であるその人の悩み解決や人生のヒントの提示ができるようにしましょう。

20代のうちに教養を深められる

ホロスコープの考え方、概念、価値観などは20代に限らず多くの人に影響を与えます。

ポジティブでもネガティブでも、その影響はその人の人生に大きな変化をもたらすので、まだ決断・選択で自由に道を選べるうちに、ホロスコープの世界に触れて鑑定力を身につけておくべきです。

知識の蓄積で鑑定力が高まる

20代の頃に身につけた知識や経験は、その後の人生で少しずつ熟成されていって、感性や価値観の変化、さらなる経験によって全く新しい別の意味を持ちます。

ホロスコープの鑑定結果に対する考え方や感じ方にも変化が生じるので、早いうちにホロスコープの存在を知って、そこから経験を積むのにはかけがえのない価値があります。

早いうちに知識を得て、長い時間をかけてその知識をさらに高められるようにしましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です