スキル身につく+輝きプラス!

幼児食マイスター資格

離乳食の知識から踏み込んだ 応用内容まで学べる資格です

幼児食マイスター資格は、子どもの成長に合わせた献立を作るための知識や、離乳食から幼児食への切り替え時期、幼児食に向く食材などに関する知識を有している人を認定する資格です。

最近の日本では、共働きの夫婦が増加しており、毎日の食事がおろそかになっている家庭もあります。

この記事では幼児食マイスター資格の必要性や魅力ついて説明します。

より詳細な内容を知りたい方は、是非資格公式サイトもご覧ください。

幼児向けの食事を基本から理解する

赤ちゃんはお母さんの母乳や粉ミルクを飲んで育ちます。

そして生後6カ月前後から離乳食をスタートさせ、最初は1日1品1さじから始めます。

  • 米(おかゆ)
  • じゃがいも
  • かぼちゃ
  • 人参
  • 豆腐

このような食材をやわらかく煮て、すりつぶして食べさせます。

離乳食の基本は、トロトロしたおかゆ状の食べ物で、ほとんど噛まずに飲み込めることが大切です。

そして月齢が進むと、幼児食となり大人の食事に近いメニューを与えます。

しかし、飲み込む力や噛む力も未熟なため、大人の食事へ慣れさせる工夫が必要です。

噛む・飲み込む練習
おかゆ状から固形の柔らかく押しつぶせるものへと徐々に移行させ、噛む・飲み込むといった動作に慣れさせましょう。
栄養バランスを考える
子どもの健康や成長をサポートするため、5大栄養素を意識し、バランスの取れた食事を作りましょう。
味覚を育てる
人間の味覚は3歳までにほとんど決まります。様子をみながらたくさんの食材を体験させましょう。
味付けは薄く
味の濃い食事は高血圧や肥満の原因となり、子供の将来に影響します。和食中心のだしをきかせた味付けを心掛けてください。

幼児食マイスター資格は、離乳食から幼児食の基本的知識を習得するので、幼児たちの将来を支える重要な存在となっています。

正しい食事の知識は将来必ず役に立つ

時代とともにライフスタイルは多様化し、和食中心の食生活も大きく変化しました。

食について気がかりなことも多いでしょう。

  • 栄養バランスの崩れ
  • 不規則な食事
  • 野菜の摂取不足
  • 朝食の欠食
  • 生活習慣病の増加

身体の健康は毎日の食事でつくられています。

今の私たちの身体は、過去に食べたものによってつくられており、今日の食事が未来の健康をつくるのです。

このことから、日々正しい知識を持ち、正しい食事を継続していくことで、未来の健康が手に入り、自分はもちろん、家族など大切な人の健康が守れるのです。

また成長期の子どもは、成長に必要な栄養を十分にとる必要があります。

正しい食習慣を身につけるには、小さい頃からの積み重ねが大切であり、大人になってから急に変えることは難しいものです。

子どものいる家庭では、子どもの食生活に注意しましょう。

ボランティアやバイトの現場で必要になるかも

ボランティアやバイトの現場で必要になるかも

幼児食マイスター資格で得た知識は、ボランティア活動やアルバイトで必要になることもあります。

例えば昨今ニュースで取り上げられている、こども食堂についてお話します。

こども食堂とは?

子どもたちに温かい食事を提供し、食を通して地域とのつながりの場を提供する社会活動です。

以前は貧困層を対象にしていましたが、近年共働きの家庭が増加し、学校から帰ってきた子どもたちが家でご飯を1人きりで食べる「孤食」が問題となっています。

特に決まりなどはなく、地域ごとに様々な形での活動が実施されています。

こども食堂はバランスのとれた食事を十分に食べること、食べる喜びを地域の方々と一緒に感じること、地域社会へのつながりを得られるようになっています。

こども食堂でのボランティアの役割

  • 食事を作る調理担当
  • 食事を出す、下げるなど食堂での配膳担当
  • 子どもたちの話し相手や学習支援
  • 食材などの調達や寄付への対応
  • こども食堂開催のお知らせをする

幼児食マイスター資格で習得した知識を、地域の子どもの健やかや成長のために使うことは社会貢献にもなります

学校や現場研修で教えてもらえないこともあるかも

保育園などで働く栄養士・管理栄養士には、献立作りはもちろん、食育も積極的に進めていくことが求められ、専門知識を持った栄養士が必要です。

しかし保護者や保育士から相談を受けたが、離乳食や幼児食について一般的な知識はあるものの、上手く答えられないかもしれません。

  • 子どもの身体の作り
  • 脳や神経細胞の成長
  • 骨や筋肉を成長させる食事
  • 食事に最適な環境
  • アレルギーやアナフィラキシー症状の予防・対策
  • 子どもの手づかみ食べ
  • 遊び食べの克服するためのしつけ

幼児食マイスター資格では、離乳食の基礎知識から、もっと踏み込んだ応用的な内容まで学習できるので、現役の栄養士・管理栄養士の方にも役立つでしょう。

幼児食マイスター資格は、幼児食というジャンルにあらゆる形で関われるようになっており、幼児たちの将来を支える重要な存在となりつつあります。

興味のある方はぜひ取得を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です