スキル身につく+輝きプラス!

幼児食資格

将来の育児や子育て にも役立つ資格です

幼児食資格とは、乳幼児の成長に合わせた、安心・安全かつ子どもの食育に適切な食事を提供できる証明となる資格です。

気になった方は、公式ページをご覧いただき、より詳しい情報をチェックしてみてください。

大学の幼児教育過程を専攻している人向け

幼児食資格ではこれら2つがおすすめの資格です。

  • 幼児食マイスター
  • ベビーフードインストラクター

どちらも、食べ物や栄養素の知識をもとにして、子どもたちの発育に合わせた献立を考えられる人々に与えられる資格となります。

「どんな人に向いている資格なの?」

「どういった場面で役立つの?」

「他の調理師資格とはどう違うの?」

このページでは、そんな疑問にお答えしながら、これらの幼児食資格の魅力を紹介していきます。

幼児食資格を是非オススメしたいのが、大学で幼児教育課程を専攻している人です!

おそらく皆さんは、保育士や幼稚園教諭など、小さなお子さんの成長をサポートする仕事を目指していらっしゃると思うのですが、子どもの健康な成長のためには、栄養バランスの考えられた、正しい食事が不可欠です。

子どもたちは、乳幼児期に、食べ物の味覚の感覚を発達させていきます。基礎となる人格や性格が形成されていく時期でもありますよね。

子どもたちにとっては、食べ物を食べるという行為は、次のような気持ちを育むために必要な時間とも言えます。

「ご飯っておいしい!」

「食事は楽しい!」

私たち大人にとっても、適切な食事を美味しく摂ることは、日々の活動の基礎となります。

子どもたちの成長の要となる「食育」への知識を豊富に持っておくことは、決して損にはならないと思うのです。

保育士や幼稚園教諭を目指すなら必要かも

保育士や幼稚園教諭を目指す方にとっては、「私は調理をする側じゃないしなぁ…」と、思う方もいるかもしれません。

しかし、注意してほしいのは、調理を行う側ではなくても、食べ物に関する知識というのはかなり大切だということ。

子どもたちの中には、食物アレルギーを持つ子がいます。

食物アレルギーといえば、卵や蕎麦粉、甲殻類が一般的なものとされていますが、実際はアレルゲン物質の種類は多岐にわたります。

アレルギー食品をそのまま食しているわけではなくても、物質が少し含まれた食べ物を食べてしまっただけで、呼吸困難に陥ってしまう…というようなケースもあります。

  • アレルギーの種類には、どんなものがあるのか?
  • どんな食べ物に、アレルギーの含まれている食品が入っているのか?

そんな知識を、正しく身につけておく必要があるのです。

子どもたちが誤ってアレルゲン物質の含まれる食べ物を口にしないかを確認するのも、保育士や幼稚園教諭の先生の仕事です。

可愛い子どもたちが、安全な生活を送ってもらうためにも、幼児食資格が必要なんですね。

栄養士を目指している人にも欠かせない

栄養士を目指している人にも欠かせない

栄養士を目指している人も、幼児食資格の知識は身につけておくべきです。

食事といっても、赤ちゃんが食べるものと、大人の食べるものは違います。

子どもと一概に言っても色々な年代がありますよね。

母乳から幼児食、そして固形物への移行…。その時々に適した食べ物の選択や、移行時期の知識は、食事のプロである栄養士には欠かせないものです。

栄養士として、子どもたちの食事を作るにあたっては、このような注意点が考えられます。

  • 幼児食に不向きな食材は入っていないか?
  • 調理方法はどのようなものが適切か?
  • 子どもの身体的な発育に適した栄養素がきちんと含まれているか?
  • アレルゲン物質は入っていないか?
  • 味覚の発達を邪魔しない味付けとなっているか?

栄養士としての体系的な勉強の中で、幼児食に関してより詳しい知識があれば、活躍の場が広がります。

子どもたちの食べ物についての理解が深い栄養士の方が、食事を任せる側としても安心ですよね…。

将来の育児や子育てにもそのまま生かせる

幼児食資格の知識は、仕事でのみ役立つものではありません。

将来、子どもを持った時の、育児や子育てにそのまま生かせる、非常に実用的な資格なのです。

これまで見てきたような、栄養素やアレルゲン物質の知識に加えて、子どもたちの食事に必要なことがあります。

それは、四季折々の食べ物への感性や、食事自体を楽しいと思う気持ちです。

料理を構成するのは味だけでありません。

色とりどりな盛り付けや、食材の食感や色味を楽しむことも食事の楽しみであり、生きていく上での「豊かさ」を感じるための大切な要素になります。

味付けの濃いものばかりを食べて、ジャンクフードや化学物質の多く入ったおやつやコンビニ食品ばかりを「美味しい」と思う子どもには育ってほしくありませんよね?

こういった食事は成長を妨げるだけでなく、「医食同源」の言葉の通り、万病のもと。

感覚を形成される乳幼児期に感じた全てで、子どもたち自身の体や心は形作られていきます。

そのほかにも、幼児食の知識は、掴み食べや遊び食べの防止に繋がることも。

雇用の安定した専門的な職業への未来も、将来の育児にも繋がる幼児食資格

将来への安心という側面において、この資格の魅力は共通していますね。

子どもたちと関わる仕事がしたい!という方は、一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です