スキル身につく+輝きプラス!

管理健康栄養インストラクター資格

食生活の見直しもできて 美容にも役立つ資格です

管理健康栄養インストラクターの資格は、食品に含まれる栄養素についての知識や、それらが身体に与える影響など、食品に関して一定の知識を身に付けていると証明する資格です。また、管理健康栄養インストラクター資格を取得した後は、講師活動が認められます。

この記事では、管理健康栄養インストラクター資格の取得で学べることを、詳しくご紹介しています。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

栄養学の側面から食事を真剣に考える

管理健康栄養インストラクター資格の学習内容のひとつに、栄養学に関する知識の習得が含まれています。

栄養学(えいようがく)とは?

食品に含まれる栄養素や、それが人間の身体に与える影響など、食事や食品の栄養に関する学問のことです。

栄養学の研究が進むにつれ、生活習慣病と食生活が深い関係にあることがわかってきました。

管理健康栄養インストラクターは、食育資格の中でも特に、栄養学の側面から食生活にアプローチできる点が特徴です。

生活習慣病やその他の疾患を防ぎ、健康を維持するためには、健康的なバランスの良い食生活が欠かせません。

しかし、年齢や性別、生活習慣や食べ物の好みなどによって、「毎日続けられる、その人に合ったバランスの良い食事」は異なります。

素材に含まれる栄養素や、食事と関わる身体の機能を理解し、専門的な知識を根拠に個人に合った食生活を提案できるのが、管理健康栄養インストラクターです。

管理健康栄養インストラクター資格の取得で得られること

  • 食材に含まれる栄養素の基本的な知識を身に付けられる
  • 腸内細菌をはじめ、食事が人間の身体にどのような影響を及ぼすか理解できる
  • 健康維持に必要な栄養素や摂取量などの知識を身に付けられる
  • 必要な栄養素の効率的な接触方法を理解できる
  • 個人に合った(特に子どもや高齢者など)栄養摂取の工夫ができる
  • 美容や筋力向上など、目的に合わせた食事を提案できる
  • これらの知識を人に教え、食生活に関するアドバイスができる

食と健康への関心が高まっている現代社会において、管理健康栄養インストラクター資格は、多くの場面で必要とされるスキルと言えるでしょう。

講師資格なので資格を活かせる職種が幅広く、自分や家族の食生活にも応用できる実用性の高い資格です。

独り立ちの時に健康を失わないために

管理健康栄養インストラクター資格を取得することによって、一人暮らしを始めるタイミングでも役立えられます。誰かと共同生活を送っている人に比べ、一人暮らしの人の食生活は乱れやすいものです。

例えば、このようなことが挙げられます。

  • 誰かと食事をする機会が無いので、食べないことが増える
  • 仕事と家事の両立で時間が無いので、自炊せずインスタントや外食が増える
  • 誰かと合わせる必要が無いので、食事の時間が不規則になる
  • 丼ものや肉おかずだけなど、少ない品種でボリューム重視の食事になりがち

食事の重要性や、健康維持に必要な栄養素を知ることによって、健康的な食生活にしようと意識できるようになります。万が一、理想的な食生活は送れないという状況でも、管理健康栄養インストラクターの知識を活かして工夫を凝らせるようになっています。

例えば、手軽に摂取できる良質な食品を利用したり、インスタントや外食を利用したりする場合でも、なるべく安全な食事を選ぶなどです。

現在一人暮らしで食生活に不安がある人はもちろん、今後一人暮らしの予定がある人にも役立つ知識なので、自己投資として取得を目指してみるのも良いでしょう

最高の肌と髪の状態を作るために

最高の肌と髪の状態を作るために

管理健康栄養インストラクター資格は、健康だけでなく美容にも応用できる資格です。

美容は健康の延長線上にあるようなもの。

健康維持に必要な栄養分が不足すると、身体の不調や病気だけでなく、肌や髪にも悪い影響が出てしまいます。

肌や髪など美容が気になる部位も、すべて身体の一部であり、食事で摂取した栄養が行き渡る部分なのです。

肌や髪の美容ケアと聞くと、パックやクリーム、トリートメントなど外側からケアする商品がありますが、栄養に関する知識を得ることによって、身体の内側からもセルフケアが可能になっています。

肌には「ビタミン」や「ヒアルロン酸」が、髪には、「たんぱく質」「ビタミン」「亜鉛」が必要な栄養素の代表的なものとして挙げられます。

管理健康栄養インストラクター資格の取得によって、これらの栄養素の効率的な摂取方法の他、悩みに合わせて摂取すべき栄養素を判断できるようになります。

運動能力を最大限引き出すために

管理健康栄養インストラクター資格があれば、アスリート向けの食生活アドバイスも可能になっています。

美容と同様に、筋力や運動機能の向上も食事を通してサポートできる事柄です。

栄養素と身体の関係性を理解することによって、効率的に筋力や運動機能を向上できる食材や摂取方法を、その人の目的別に提案できるようになります。

健康維持はもちろん、美容や運動能力向上など、個人の目的に合わせた食生活を科学的に提案できるのが、管理健康栄養インストラクターの魅力です。

食が身体に与える影響が注目されている現代では、アドバイスを求める人の様々な要望に答えられるという点から、幅広い職種で求められるスキルだと言えるでしょう。

また、管理健康栄養インストラクター資格の取得で学んだ知識は、自分や家族の食生活にも応用できるものです。

私たちの生活と食事は切っても切り離せない関係なので、一度習得した後はいつまでも活用できるのです。

管理健康栄養インストラクター資格に少しでも興味をお持ちの方は、この記事を参考に取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です