スキル身につく+輝きプラス!

瞑想インストラクター

瞑想を取り入れることで 成績も能力もアップします

瞑想インストラクターとは、マインドフルネス瞑想を用いて自己の能力を底上げするスキルのことで、マインドフルネス瞑想についてしっかり身についている方に認められる資格です。

このスキルは効率の良い勉強をするために必要な集中力やモチベーションを上げます

こちらでは、瞑想インストラクターについて解説しています。

詳しくは資格公式サイトでご確認ください。

勉強できる人は意外と瞑想らしきことは既にやっている

「なぜ、あの人はあんなに時間に余裕があるのに成績が良いのだろうか」と気になることはありませんか?

  • 同じ時間の授業を受けているはずなのに、理解力が高く成績が良い
  • 勉強に追われて時間を削られているわけでもなさそう

なぜ、同じ授業を受けているにも関わらず、学力に差が出るのか。

その違いは勉強方法にあります。

その人は勉強の能力を高めるために、瞑想を行っているのかもしれません。

瞑想には集中力を高めたり、モチベーションを上げたりする効果があります

効率良く知識を吸収するために、瞑想を行う人は増えています。

なぜなら、大企業がある瞑想を社員研修に取り入れ、実際に能力向上の効果があることが証明されているからです。

勉強が出来る人は、瞑想が学力向上に繋がることを既に知っています。

その上で実践し、結果を出しているのです。

本当に効果がある瞑想で成績アップも夢じゃない

瞑想には様々な方法があります。中でも大企業が取り入れる程、特に効果が高いものがあります。

それは、マインドフルネス瞑想です。

【マインドフルネス瞑想】「今この瞬間」だけに集中し、疲労した脳を意識的に休ませる瞑想法

脳も体と同じで、疲れてしまうとやる気が起きなかったり、モチベーションが上がらなかったりするのです。

その状態で勉強をしても、脳は疲れているので集中力を保てません。

【脳を休ませることの効果】

  • やる気アップ
  • モチベーションアップ
  • 集中力アップ
  • ストレス軽減

休んだ脳が回復すると、再びパフォーマンス能力が上がります。

つまり、脳を休ませるための正しい瞑想を行えば、集中力やモチベーションがアップするのです。

その結果、効率よく勉強が出来るので、成績アップに繋がります。

集中力アップの常識と嘘

集中力アップの常識と嘘

集中力というものを誤って認識されている場合があります。

【誤った認識】

  • 長時間の勉強で集中力が上がる
  • 休憩は好きなことをして良い

勉強といえば、長い時間机に向かい、ひたすら覚えるというものをイメージする人は多いのではないでしょうか。

このような認識をしている人は多いのですが、人間の集中力は長く続くようには出来ていません。

どんなに長時間、机に向かっても、集中力は持続しないように出来ているのです。

集中力アップとは短時間に集中し、内容濃く記憶することです。長い時間を使った勉強を集中と言ってしまうのは、誤った認識なのです。

そしてもう一つ、誤った認識があります。

それは、休憩の仕方です。

確かに勉強には休憩が必要です。しかし、休憩時間の過ごし方に問題があるのです。

【誤った休憩の過ごし方】

  • SNSチェック
  • インターネットの閲覧
  • 漫画、雑誌を読む

これらは多くの人が休憩に利用します。

スマートフォンが手元にあると、つい操作したくなるものです。勉強でのストレスから、好きなことに逃げたくなる心理が働きます。しかし、このような休憩は、本当の意味での休憩にはなりません

上記のような休憩の仕方では、脳に情報を与えてしまっています。脳は、勉強ですでに情報を取り入れた後なので、疲れている状態です。その疲れた脳に、さらにSNSなどで情報を与えてしまうと、脳は休まる暇がないのです。

ストレス解消のつもりの行動は、脳には疲労というストレスを与えている状態だということです。

そのような状態では、休憩が終わった後の勉強で効率よく覚えられないでしょう。本当の意味の休憩とは、脳を休ませることにあります。

【集中とは】

  • 勉強時間の長さではない
  • 正しい休憩の過ごし方で効果アップ

短い勉強時間でも内容濃く勉強することと、正しい休憩をとることです。

そのどちらにも共通する点は脳を休ませることです。脳を休ませるためには、瞑想が有効です。

学生のうちに教養と基礎力を底上げ

マインドフルネス瞑想を行うのに、年齢は関係ありません。

学生でも行えるのです。マインドフルネス瞑想は、自己の基礎能力を底上げするスキルです 

瞑想インストラクターの資格を取得することで、この先の自分の能力が高まるのです。

元々の自分が持つ能力が底上げされれば、今まで難しく感じていた新しい知識も難なく吸収するでしょう。

【学生が陥りやすい勉強法】

  • 正しい勉強法がわからないので、時間がかかる
  • 手当たり次第にがむしゃらに勉強する

学生のうちは、人生経験がまだ浅いため、効率の良い方法に気が付きません。手当たり次第、がむしゃらに勉強してしまいます。長時間勉強することが、自分の能力になるものだと錯覚してしまいます。

しかし、学生のうちに瞑想インストラクターのスキルを利用することで、勉強方法は周りと差が付きます。

効率が良い勉強法で、飛躍的に教養が高まるのです。

マインドフルネス瞑想は、己の能力を底上げします。

一度身に着けることで、この先ずっと活用できるのです。

身に着けるのが早ければ早いほど、周りと差を付けられるでしょう

これまでの解説をまとめます。

瞑想インストラクターとは、マインドフルネスを用いることで効率良い勉強を行い、己の能力を底上げするスキルのことです。

自分自身の基礎力が上がると、余計な勉強をする必要が無くなるため、時間に余裕が出来ます。

時間に余裕が出来ることで、ストレスも軽減されます。

つまり、勉強が出来る人に余裕が感じられるのは、正しい勉強法を知っていたからです。

あなたも、今のうちに自分自身の能力を上げてみませんか?

瞑想インストラクターのスキルは、今後あなたの強力な味方となるでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です