スキル身につく+輝きプラス!

メンタル心理インストラクター資格

生活の保証制度や支援制度 についても深く学べます

メンタル心理インストラクターはカウンセリングに欠かせない相談援助知識、カウンセリングに関係する倫理、医療やカンファレンスなど幅広い知識を有することを証明する資格です。

この記事ではメンタル心理インストラクターの内容について詳しく解説していきます。

より詳細な内容を知りたい方は、メンタル心理インストラクター資格の公式サイトもご覧ください。

大人としての視野拡大に必須

メンタル心理インストラクターは他人のカウンセリングはもちろんですが、自分自身のセルフマネジメントや感情のコントロールを抑制できます。

その他にメンタル心理インストラクターのメリットは4つあります。

  • 職場でメンタルヘルスの知識を活かせる
  • 育児と仕事の両立に活かせる
  • ストレスサインに早く気がつく
  • 独立開業や転職のチャンス

特にメンタル心理では、大人としての視野拡大を重要視しています。

ストレスを抱えると視野が狭くなり、判断力が鈍くなりがちです。

その結果、仕事でのミスが続いたり、子供に八つ当たりをしてしまったりなどが増えることが多いのです。

ストレスがどんどん蓄積されうつ病などの精神疾患を患う場合もあります。

メンタル心理インストラクターでは、視野を広げて心に余裕を持つように意識を変えていくことを大切にしています。

メンタル心理から学ぶ視野を広げる内容は次の通りです。

  • 世の中の理不尽を避けて通れるように
  • 偏見や差別をしていないか早めに気づける

それぞれの詳細を見ていきましょう。

世の中の理不尽を避けて通れるように

視野が狭くなると物事への考え方も狭いものとなります。

「私にはこの方法しかない」

「このやり方以外に道はないんだ」

このような状況を心理学では心理的視野狭窄と呼びます。

心理的視野狭窄の主な原因はストレスで、心だけでなく体の視野も狭くなるのです。

心の視野

心の視野は偏った考え方しかできず、6つの思考パターンから抜け出せなくなる心理状態を指します。

6つの思考パターンは次の通りです。

  1. 結論を急ぐ
  2. イエスorノー的思考
  3. 責任の自己転嫁
  4. 何もかも悲劇化にする
  5. 自分がしなければという考え方
  6. ラベル付け

6つの思考パターンにはまってしまうと、自分はダメだというマイナスな思考回路に陥ってしまいます。

体の視野

実際に見える視野が狭くなります。

視野が狭くなると、周りのものや人に目を向けられなくなってしまう心理状態を指します。

心理的視野狭窄になると、せっかくの抜け出せるチャンスも掴めず、マイナス思考が働き続け、周囲との連携もできなくなってしまうのです。

メンタル心理では自分一人で解決できない悩みを聞いて、その人のストレスを軽減する役割があります。

心の病や心に問題がある人の治療を目的としてメンタル心理は活躍されており、日々の生活を明るく送るだけでなく、問題解決へのサポートも行います。

偏見や差別をしてないか早めに気づける

偏見や差別をしてないか早めに気づける

ほとんどの人は無意識に差別や偏見をしている場合があります。

カウンセリングでは相手と接するうえで、自分が持っている偏見や差別を知ることは大切であると説明しています。

自分自身が持つ偏見や差別を知るのが重要です。

  • 自己認識
  • 自分の偏りを指摘してもらう

これによって、自己理解ができるのです。

自分の情報に誤りがある、自分の考えに偏見があるなど、自分自身の考え方に対して怪しいと思うと、偏見や差別をしていることに気がつきます。

また他者から自分では気がつけない間違いや認識を指摘してもらうと、自身の行動に誤りがあったといち早くわかります。

そして自分を理解することは、相手を理解することにつながります。

相手を知ると「自分は他人と違うからしょうがない」、「みんなが同じ考え方ではない」など視野が広がり、ストレス軽減となるのです。

正しい心理の知識で人生もっと生きやすく

メンタル心理インストラクターはカウンセリングの知識だけでなく、医療や心理学の知識も豊富であり、様々な角度から相談者の悩みを汲み取り、問題解決へと導きます

メンタル心理インストラクター資格の試験概要は次の通りです。

受験資格特になし
受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
申請方法インターネットからの申し込み

カウンセリングの知識、クライアントと家族の関係性、予防のための生活支援など、メンタル心理インストラクター資格の試験概要は幅広いです。

メンタル心理インストラクターは、社会復帰を手助けする支援方法だけでなく、治療からその後の生活サポートまで相談者に寄り添った丁寧なケアを心掛ける必要があります。

また最初にお伝えしたように、他人へのメンタルを援助するだけではなく、自分自身のメンタルケアにも、メンタル心理インストラクター資格は役立てられます。

メンタル心理の正しい知識を身につけると自分や家族、友人が人生を明るく少しでも楽しく過ごせる可能性が高くなります。

転職やスキルアップだけでなく日頃のメンタルを豊かにするためにメンタル心理インストラクター資格は注目を集めています。

この記事を参考に、メンタル心理インストラクター資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です