スキル身につく+輝きプラス!

マインドフルネス資格

大手IT企業からも人気の 瞑想メリットが学べます

マインドフルネス資格は、今、ここの状態にフォーカスし、マインドを満たすことであり、そのマインドフルネスを基礎知識から実践までしっかり身につけていると認められた人に与えられる資格です。

今回は、マインドフルネス資格の中でも、講師活動ができる資格を取得するメリットを紹介します。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

若いうちに一生モノのスキルを

マインドフルネスとは、五感にだけ集中し、今この瞬間の事だけを考えることです。

リラックスして無心状態になる瞑想から、宗教的要素を取り除いたものといえます。

マインドフルネス資格には様々な種類がありますが、中でもオススメなのはマインドフルネスセラピストと瞑想インストラクターです。

マインドフルネスセラピストと瞑想インストラクターの資格はどちらも、講師として活動する為の知識までも学べる内容となっています。

マインドフルネスについて知識を深めるだけでなく、講師として活動する事はスキル向上となります。

若いうちに一生モノのスキルを手に入れる事は、財産となるでしょう。

著名企業でも瞑想を導入している

最近では、マインドフルネスへの関心もより高まっています。

集中力や記憶力が上がる、ストレス軽減などの効果を期待できるため、瞑想を導入する著名企業も増えました

具体的にどのような企業に取り入れられているか、紹介していきます。

Google

Googleでは、ストレス軽減、集中力・創造性向上のために瞑想が取り入れらました。

search inside yourself (SIY)という瞑想方法を取り入れています。

SIYとは、下記の5つの要素に注目した瞑想方法です。

  • 自己認識
  • 自己制御
  • モチベーション
  • 共感
  • コミュニケーション

1日30分間自主参加制で行っています。

また瞑想ルームなども設置しているようです。

Yahoo 

YahooもSIYの瞑想方法を取り入れています。

週に1回、社内の芝生で行っています。

Apple

スティーブ・ジョブズが新製品を作る時などに、瞑想を取り入れていたのは有名な話です。

Appleでも、瞑想は重視されているようです。

sansan

日本企業で初めて瞑想を取り入れたのが、CMで有名になった名刺管理サービスのsansanです。

sansanでもSIYの瞑想方法を行なっています。

メルカリ 

その他の日本企業ではメルカリも瞑想を取り入れています。

企業として取り入れたのではなく、有志からはじまったのですが、現在では社内研修として行われるようになりました。

エクササイズもなども取り入れながら、効果的に行われているようです。

その他にも、「MiLI」という企業がSIYをはじめとした、その企業にあった研修方法を日本企業に提供しています。

導入した日本企業は、2020年までに150社を超えています。

このように日本国内でも、かなり注目度のあるマインドフルネスはこれからも規模を拡大していくでしょう。

それに伴い、講師などの需要も増えます。

マインドフルネスセラピストや瞑想インストラクターの資格を保持していると、今後活躍の場は増えるのではないでしょうか?

瞑想のやり方は人それぞれ

瞑想のやり方は人それぞれ

瞑想といってもやり方はたくさんあります。

基本的なマインドフルネス瞑想とは、姿勢を正して呼吸にだけ意識を向ける方法です。

ラベリング
体の感覚に意識を向ける方法もあります。
空気が肺を通ることをイメージするなどの方法です。
この方法は、ラベリングといいます。
ジャーナリング
思いついたことを考えず書き出す、ジャーナリングという瞑想方法もあります。
誤字脱字には気にせず、書き続けることが重要です。
マインドフルイーティング
30分〜1時間かけてゆっくり食事をする方法を、マインドフルイーティングといいます。
5分かけてゆっくりレーズンを食べる、レーズンエクササイズなども、マインドフルイーティングのひとつです。
ムーブメントメディスン
考えずに体から生まれる自然な動きで踊る瞑想を、ムーブメントメディスンといいます。

このように、瞑想の方法はたくさんあります。瞑想を行う人それぞれのやり方で実践するのが、効果的です。

自分なりの瞑想でやる気をブーストさせられる

お伝えしたように、瞑想にはたくさんのやり方があります。

自分なりの瞑想で良いのです。

目をつぶって行うのも、半分目を開けて1点を見つめて行うのも、自由です。

瞑想する時間も自由で、短時間でも問題なく、慣れてきたら長時間行うのも良いでしょう。

朝行うのが効果的ですが、昼でも夜でも、習慣化するのが大切になります。

やらされているのではなく、自分が瞑想したいという気持ちが、やる気をブーストさせてくれます。

ブーストとは、引き上げるという意味や今より良い状態にするという意味があります。

自分のやり方で瞑想のやる気をブーストし、瞑想を行うことで自分自身をブーストさせられるのではないでしょうか?

マインドフルネス資格を取得し、自身の心の状態を健康的に保ち、余裕のある生活を送ってみてはいかがでしょうか?

注目の高まっているマインドフルネスを、活用する場は今後も増え続けるでしょう。

マインドフルネス資格を取得すると、講師として企業などで人の役に立てますね。

一生モノのスキルである、マインドフルネスについて学んでみるのはいかがでしょうか?

マインドフルネスセラピストと瞑想インストラクターについて

マインドフルネスセラピストと瞑想インストラクターの資格は、どちらも講師として活動できる資格です。

資格の違いを詳しく解説しています。

マインドフルネスセラピストとは、マインドフルネスの知識や効果を理解している人に与えられる資格です。

資格取得後はセラピストとして、心や体の不調を治療したり、マインドフルネスの知識を伝えたりする講師活動ができるようになります。 ↓

瞑想インストラクターとはマインドフル瞑想についての知識を理解している人に与えられる資格です。

また瞑想インストラクターでは、知識を理解しているだけでなく実践方法についても学んでいかなければなりません。

資格取得後はインストラクターとして、瞑想の方法を指導する講師活動もできるようになります。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です