スキル身につく+輝きプラス!

マインドフルネスセラピスト資格

瞑想の効果で自分の人生の 質も上がります

マインドフルネスセラピストは、マインドフルネス瞑想の知識と効果、注意点、様々な方法についてしっかりと基礎から習得していると認められる資格です。

自己の能力向上に役立つ資格「マインドフルネスセラピスト」ですが、集中力や効率・生産性をアップさせるマインドフルネスは、大手企業も社員研修に取り入れています。

こちらでは、「マインドフルネスセラピスト資格検定」の特徴についてまとめています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

試験期間や日頃の勉強効率アップに

マインドフルネスセラピストの取得は、試験対策や日頃の勉強の効率アップに非常に有効です。

理由はマインドフルネスという瞑想法を行うことで以下の効果が得られるからです。

【マインドフルネスの効果】

  • 集中力アップ
  • モチベーションアップ
  • ストレス軽減
  • 自律神経を整える

これらの効果が得られることから、試験期間の短期集中の勉強や、日常の勉強の効率が上がると言えます。

時短で集中して覚えれば自由時間が増える

マインドフルネスは、集中力アップの効果を得られます。

短い時間でしっかり集中して覚えることで、そのほかの時間を自由に使えるのです。

つまり、マインドフルネスを身につけることで、勉強に長時間縛られる必要が無くなります

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、「いまこの瞬間」だけに意識を集中し、ストレスや雑念を取りはらう瞑想法です。

日常生活を過ごしていると、様々な情報が入ってきます。

【例】

  • 職場や家庭・学校でのストレスや人間関係
  • テレビやインターネットの情報

これらは意識せず生活していても自然と遭遇することが多いでしょう。

これらの日常的に受けている刺激は、脳や心に蓄積されています。

その状態で勉強しても、他のことが気になり集中力を保てません。

記憶できる量も減ってしまうのです。

【例】

ここで、わかりやすくコップの水に例えてみます。

  • コップ=「脳の容量」
  • 水=「情報量」

脳に情報が蓄積された状態というのは、コップの中に、すでにある程度の量の水が入っている状態と同じです。

その状態で水を足しても、入る量は本来のコップの容量よりも少なくなります。どれだけ注いでも溢れてしまうでしょう。

マインドフルネスはそのコップの水(雑念)を一度空にし、新たに水(新しい情報)を注ぎ込むという状態に出来るのです。

脳は、一度に記憶できる量に限界があります。

容量を最大限に使うには、マインドフルネスは非常に有効でしょう。

一生なくならないスキルは最高の自己投資

一生なくならないスキルは最高の自己投資

マインドフルネスは、これから先長く使えるスキルです。

マインドフルネスは自己の能力を底上げする為のスキルなので、仕事や家庭、学業など場所や環境を選ばずに、その能力を活用出来るのです。

仕事家庭学業
・仕事に集中できない
・人間関係のストレス
・考える内容が多い
・家事のやる気が起きない
・家族間のストレス
・近所付き合いの悩み
・勉強中、他のことを考える
・やる気が起きない
・友達関係の悩み

環境が違っても、人間関係のストレスや、自身の集中力・モチベーション低下に悩むという点は共通するでしょう。

つまり、マインドフルネスの効果は、どのような環境にも適応出来るのです。

自分自身のパフォーマンス能力が上がると、効率アップし、更に多くの知識や経験が身につきます

マインドフルネスの効果で、様々な場面で能力を発揮できます。

このスキルは自己の主軸の能力なので、一度手に入れると一生なくなりません。

つまり、長い人生で役立つ最高の自己投資といえます。

大企業でも取り入れている手法を学ぶ

マインドフルネスの効果をしっかりと得たいのなら、独学はあまりおすすめできません。

【独学のデメリット】

  • マインドフルネスの方法は様々
  • 書籍やインターネットの情報は溢れすぎている

膨大な情報の中からどの方法が自分に適しているものを探すのは至難の業でしょう。

また、誤った情報も溢れています。

その中から正しいものを探す労力と金額をかけるのであれば、資格取得で学ぶ方が遥かに効率良いといえるのです。

そして、マインドフルネスは大手企業で取り入れられています。

【代表例】

  • Google
  • Apple
  • Yahoo!
  • メルカリ

マインドフルネスは集中力や効率・生産性をアップさせます。

社内でマインドフルネスを取り入れているこれらの企業が、これほどの大手となるとマインドフルネスの効果は信ぴょう性があるといえます。

大手企業が取り入れている手法を学ぶのに、自己流では厳しいものがあります。

マインドフルネスの様々な手法を得るためには、それに伴う根拠と基礎知識は必須です。

どのような環境でも、ストレスはあるものです。

たとえストレスを避けたとしても、また必ず別のストレスに遭遇するでしょう。

また、情報が多すぎる現代は脳の容量を埋め尽くしてしまいます。

情報が多ければ多いほど集中力を奪います。

ストレスも多すぎる情報も、一旦マインドフルネスで切り離しましょう。

クリアーな脳に新たに情報を入れることで己の能力が高まります。

一度身につけたスキルはあなたにとって強力な味方となります。

一生の相棒として、マインドフルネスセラピストのスキルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です