スキル身につく+輝きプラス!

筋トレインストラクター資格

筋肉をつける要素なども学べ、 自分を高めるためにも役立ちます

筋トレインストラクター資格は、トレーニング器具の使い方や実践して鍛えられる筋肉、効率的な筋トレ法など筋トレに関する知識を習得していることを証明できるものです。

筋トレを趣味にする人からスポーツ選手を指導する人まで幅広く取得されている資格です。

今回はそんな筋トレインストラクター資格について紹介していきます。

筋トレインストラクター資格が役立つ分野・将来の仕事

筋トレインストラクター資格は、名前にある筋トレインストラクターとしてジムへの終了や個人のスクールを開けるようになります。

また、プロ・アマチュアを問わずスポーツ選手の指導する際にも役立てられるので、筋トレインストラクター名前に囚われず、スポーツに関わる趣味や仕事に使えます。

その他にも普段の筋トレや筋トレ以外の筋肉をつける要素なども学べるので、自分を高めるためにも役立つ資格です。

それでは、筋トレインストラクター資格で学べる主要な項目について下記で見ていきましょう。

部活やジムの仕事で筋トレを正しく伝えられる

筋トレインストラクター資格を取得する人は部活動の顧問やジムのインストラクターといった指導する立場の人が取得することがあります。

元々ある程度の筋トレ知識を持っている人でも筋トレインストラクター資格で更に補強して知識にすることで、生徒やお客さんの体力・筋力を向上させられるかもしれません。

伸び悩みやマンネリ化を防ぐ

筋トレは準備運動として取り入れられることもありますが、一番の目的は筋肉を鍛えることによる筋肉量の増加や、身体を強くするところにあります。

しかし、筋トレは長く続ければ続けるほど次第に筋肉や身体が慣れていくため、同じ動きを同じ回数でやり続けると効果が薄れていくものです。

そこで、筋トレ後の疲労感や後日の筋肉痛の具合から見て、筋トレメニューの入れ替えや筋トレの負荷のかけ方を変えていくと、効果的な筋トレができることになります。部活やジムで同じ動きしてしまいがちな人は、自分の能力に伸び悩んだり、マンネリ化して飽きがきてしまったりするのが多いのです。

そんな時に的確な指導によって、効果だけでなく、本人のモチベーションアップにも繋がっていきます。

筋トレインストラクター資格では、筋トレにおける効率的なトレーニングについて学べるので、筋肉の停滞期や負傷した時に適した筋トレの知識も身に付きます。

正しく筋トレする方法を知っておくことで、体力や時間を無駄にしないように自分の筋トレにも他者の指導にも生かせるのです。

筋トレインストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

筋トレインストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

筋トレインストラクター資格は指導する立場の人が持つことから若いうちには取得しなくて良いと思う人もいるかもしれません。

しかし、若いからこそ筋トレに関する知識を有していることが、大きな強みになることがあります。

筋肉を貯金するために

筋肉は20代後半を境に急激に衰えていくと言われています。

高齢者の寝たきり状態や介護が必要なほど足腰が弱った状態は、身体全体の筋肉が衰えて、自分の身体を支えきれなくなっている状態です。

筋肉の衰退は完全に止められませんが、若いうちから筋肉を動かすことで、老後に介護の必要のない程度には身体を支えられる筋肉を残せるのです。

筋肉の貯金などで表現されるように、筋肉をつけることや動かし続けることは、若いうちからしておくべき運動なのです。

どの年齢からでも筋トレを

筋トレインストラクター資格では、年齢に合わせた筋トレ法についても学んでいけるようになっています。

上記では20代後半が境であると書きましたが、それ以上の年齢から筋トレを初めても、筋肉の衰退の予防に効果は十分あります。

筋トレを始める年齢はいつでも良いからこそ、その年齢に合わせた筋トレの知識が得られるのは有意義なものです。

高品質なプロテインやサプリを選べるようになる

プロテインやサプリは本格的に身体づくりをしていく人の物と思われがちな製品です。

プロテインとサプリの特性

しかし、現代の日本人は普段の食事からでは、必要な栄養素を全て摂取するのが難しいとされています。

そんな時に栄養摂取の手助けになるのがプロテインやサプリです。

必要な栄養素を必要なだけ摂取

筋肉をつけるために必要なタンパク質は、豚肉やツナ缶に含まれていますが、これらの食品は同時に脂質も含んでいるため、取り過ぎると脂肪がつく可能性もあります。それと比べてプロテインはタンパク質のみを摂取できるので、他の撮り過ぎると良くない栄養素を意図的に摂取せずに済むのです。

また、サプリメントも同じく足りていない栄養素をピンポイントで摂取できるので、必要な栄養素が含まれる食品を増やさずに済みます。

ただ、プロテインとサプリは現在多種多様な製品があり、値段や含まれている栄養素も製品によって大きく異なります。

筋トレインストラクター資格では筋トレと合わせて必要になるプロテインやサプリに関する知識も身に付けられます。この知識によって、自分に必要な栄養素が摂取できる製品を選ぶなど、似た製品の中でも品質の良い製品を見分けられるようになります。

あくまで普段の運動と食事にプラスして摂取すべきものですが、知識があることで足りない部分を補えるのです。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です