スキル身につく+輝きプラス!

筋トレ資格

体力に合わせた、継続できる 正しい筋トレを実感できます

筋トレ資格は、筋トレの基礎や実践、トレーニング器具の正しい使い方など筋トレに関する知識があることを認められる資格です。

ジムでインストラクターとして活動する人や自分の健康維持の一環として筋トレを正しい筋トレを取り入れたい人が主に資格取得しています。

今回はそんな筋トレ資格について紹介していきます。

筋トレ資格が役立つ分野・将来の仕事

筋トレ資格が役立つのは主に以下の場面があります。

  • ジム……筋トレインストラクターやトレーニングサポーターとして指導する立場に
  • 個人スクール……自宅やレッスンスタジオを開放してダイエットやエクササイズを
  • スポーツ関連……選手をサポートする人や部活動の顧問として筋トレの知識を生かす
  • 自分の身体づくり……健康管理や趣味に取り入れて普段の仕事やスポーツを向上

これらの項目に関わる筋トレ資格の魅力をもう少し掘り下げて見ていきます。

正しく各自に適した筋肉をつけられる

筋トレと聞くと腕立て伏せや腹筋運動をイメージする人も多いと思います。

このイメージは間違いではないのですが、筋トレは目的によって鍛え方や実践する種目が変わっていくものです。

イメージと実際の筋トレ法の違い

例えば腹筋運動の定番であるシットアップ(上体起こし)では、腹筋が鍛えられますが、腰にも負担がかかる動作であるため、腰痛持ちや腰を痛めやすい人は注意が必要な運動です。

膝を曲げたまま上体起こしをするクランチでは、腰への負担がシットアップよりも軽くなるので、腰に不安がある人はこちらの腹筋運動の方が適しています。また、腕立て伏せは腕だけで身体を支えられない人もいますが、腕立て伏せの目的は胸筋や上腕三頭筋を中心に鍛えるところにあります。

そのため、運動が苦手な人や筋肉がまだついていない人は、無理に腕だけで支えようとせず、膝をついた状態で腕立て伏せをした方が安全かつ長続きする腕立て伏せになります。

能力に合わせた筋トレ法を学ぶ

上記のように筋トレは個人の運動能力や健康状態によって、適したやり方があるものです。

筋トレ資格では、基礎的な筋トレを学ぶ中で各自の能力に適したやり方も知識として身に付くので、運動能力に自信がない人にも嬉しい資格です。

筋トレ資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

筋トレ資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

筋トレは筋肉をつけるための運動というイメージを持つ人もいると思います。

実際に筋トレは継続していくことで、回数や身体の軽さが変わるもので、それは筋肉がついている証拠です。

筋肉は年齢と共に衰えるもの

しかし、いくら筋トレを続けていても、筋肉は年齢と共に衰えていくものです。

人間の筋肉量のピークは平均して25歳であると言われており、それ以降個人差はありますが、基本的に筋肉量は減っていきます。

この筋肉量の減少は使われない筋肉から減っていくので、体力の減ったお年寄りが歩けなくなったり、体幹が衰えて腰が曲がったりするのです。

このことから筋トレは単に筋肉量を増やすという目的だけではなく、減り始める筋肉を使い続けることで、衰えないようにする目的としても実践すべきものなのです。

専用メニューを考える知識に

先に説明した筋肉をつける筋トレと筋肉を使う筋トレは共通する部分はありますが、筋肉を使うため専用のメニューも考えられます。

筋トレ資格では筋トレ法やトレーニング器具を理解すれば、健康維持にもつながります。

日常的にできるダイエットやエクササイズを

筋トレをする目的の一つとして、ダイエットはメジャーな項目です。

しかし、筋トレと題した負荷をかける運動はなかなか長続きがせず、実践しても体力が追い付かない人も中にはいます。

ただ、それも上記の二つと同じく目的に合った筋トレが行えていないことが原因になります。

ダイエットのための正しい筋トレ

筋トレ資格では、筋トレによるダイエット効果についても勉強できるようになっています。

その中で大事なのは回数ではなく、一回の筋トレでどれだけ負荷がかけられるかが重要になのです。筋トレで勘違いしやすいのは1回数を増やせば効果が出ると思ってしまうことです。

1回の筋トレの質が高ければそれほど回数をこなさなくてもダイエット的に効果は表れます。

このような正しい負荷のかけ方とその回数が知識としてあれば、体力に合わせて続けられる筋トレができるようになります。また、腹筋や腕立て伏せのような負荷をかける運動ではなく、エクササイズ形式で筋肉を鍛える知識も筋トレ資格では学べるようになっています。

負荷をかける運動が苦手な人はこちらの形式を採用すると、長続きするダイエットになるかもしれません。

筋トレ資格としておすすめの資格

今回は筋トレ資格について、一般的なイメージとその違いを中心に紹介していきました。

筋トレ資格の知識から正しく筋トレをしていくことで、自分も他者も健康に過ごせていけます。

今まで筋トレをあまり意識しなかった人でも始めるきっかけになり得るので、今回の記事で興味を持った人は、資格の取得を検討してみてください。

筋トレ資格としては、次の2つの資格がおすすめです。

筋トレに関する知識を中心に鍛えるポイントや効率的な方法を実践・指導したい人におすすめです。 ↓

トレーニングに関する知識を中心にダイエットにも生かせる動きや食事・プロテインなどの栄養面を実践・指導したい人におすすめです。 ↓


この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です