スキル身につく+輝きプラス!

音楽療法資格

音楽の力で健全な生活を送れるよう 手助けができるようになります

音楽療法は音楽によるヒーリング効果を利用して心身の障害や機能回復、生活の向上のために行われる療法になります。

音楽療法の資格は病院や福祉施設など様々な分野で役に立つ資格になります。

こちらの記事では音楽療法資格がどういった知識が身につくのか、またどんな場面で役に立つか詳しく解説していきます。

音楽療法資格で学べること

音楽療法資格では音楽の効果や人の心と音楽の関係について学べるようになっています。

音楽の効果により病気が良くなったという声も多く、その効果を福祉施設や医療現場では取り入れられることが多いのです。

音楽療法で学べることは主に以下になります

  • 人の心と音楽の関係
  • 音楽の力
  • 音楽療法の方法

このように、音楽療法では音楽の力について、また人の心について学べるような内容です。

また、その知識をどのように活かしていくのかについても、考えられるようになります。

人の心と音楽の関係

音楽は人の心を大きく動かす力があります。音楽を聴いたり歌ったりすることでストレス解消になったり、気分が明るくなったという体験をしている人も多いでしょう。

それは、音楽には人の心を動かせるものがあるからだと考えられています。

音楽が人の心に与える効果は大きく以下の点です。

  • ストレス解消
  • うつ状態の改善
  • 不眠症の改善
  • 認知症予防
  • 高血圧・低血圧の改善
  • コミュニケーションの向上

このように不眠や高血圧、認知症なども、人の心の問題から起こる場合があります。

そうした病状を改善するのにも、音楽が有効なものと考えられているのです。

音楽についている歌詞や曲調、演奏方法など、それぞれ人の心に合わせた音楽を提案することで、心を癒すことも可能なのです。

音楽の取り入れ方

もちろん音楽なら何でもいいというわけではなく、その人の心理状態や目的にあった曲や音楽の取り入れ方をしなくてはいけません。

音楽の取り入れ方を表でまとめました。

音楽の取り入れ方法具体例
歌唱合唱・斉唱(それぞれパートや役割を分けて集団で歌を歌う)
鑑賞その人に合った音楽を鑑賞する歌詞や曲調などによって効果も違う
楽器演奏ピアノ・ギター・ドラム・タンバリン・ハーモニカなど楽器を使って演奏を行う
ゲームリズム遊び、体を動かしながら行うものなど音楽を使った遊びを取り入れる
創作メロディを作ったり、歌詞をつけたりを行う

このように音楽といっても聴くだけでなく、実際に歌を歌ったり、音楽を作ったり、ゲームとして取り入れることなどによって、それぞれ違った効果が期待できます。

もちろん静かに曲を聴いた方が効果的な場合もあります。

しかし複数人で音楽を取り入れ、合唱や楽器演奏をすることでコミュニケーションの活性化になり、効果が出る場合もあります。

また脳の活性化のためにゲームとして音楽を取り入れる場合もあります。

これは人によって目的も心理状態も異なるので、音楽の取り入れ方も変わってくるのです。

医療・福祉施設の現場で役に立つ

音楽に様々な効果や取り入れ方法があるのが分かります。

実際こうした音楽療法を取り入れているのが、医療現場や福祉施設です。

医療現場では、主に以下のようなところで利用されています。

  • 精神科
  • 心療内科
  • 脳神経内科

こうしたところで音楽療法は使われています。

精神的な問題への解決や、脳の活性化に効果が期待できるためです。

また、介護福祉施設でも音楽療法は使われています。

福祉施設では、脳の活性化のためにゲームとして音楽を取り入れたり、みんなでコミュニケーションの活性化のために歌を歌ったりと、音楽を取り入れるケースは非常に多いのです。

音楽療法がこうした現場で、大変役に立っているのが分かります。

普段の生活ストレスを緩和できるかも

普段の生活ストレスを緩和できるかも

音楽にはこうした人の心を癒す効果があることが分かりました。

この音楽の力は、普段の生活ストレスを緩和するためにも使える知識です。

仕事のストレスや人間関係からのストレスなど、そこから不眠を引き起こし、鬱っぽくなってしまう人もいるでしょう。

そうした人にも音楽療法の知識は有効です。

音楽はその時の気持ちとあったものを聴くようにすると、よりストレス解消効果があるとされています。

また、入眠するためにはリラクゼーション音楽やオルゴールなどを聴くなど、目的に合った音楽の取り入れ方の工夫をするのもポイントです。

ストレスが多い現代社会だからこそ、音楽療法を学ぶのは有効なのです。

音楽療法資格としておすすめ資格

音楽療法は人の心を癒すのにとても効果があることが分かりました。

またこうした知識は、医療の現場や福祉施設で今でも必要とされています。

これからもストレスを抱える人が増えるであろう現代社会や高齢化社会において、ますます注目される資格になります。

音楽が好きな人はもちろん、ストレスを抱えている人を救いたいと思っている人、福祉施設で働いている人にも是非学んでほしい資格です。

また音楽療法資格としておすすめの資格は、以下の2つです。

音楽と人の心についての専門的知識が身に付きます。音楽療法を適切に扱い医療現場や福祉施設で音楽についてのアドバイスができるようになりますのでおすすめです。 ↓

音楽療法の知識と考え方を身に着け、相談者の心理状態も確認しながらその人に合った音楽を提案ができます。スクールなど講師活動したい場合も役に立ちますのでおすすめです。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です