スキル身につく+輝きプラス!

九星気学占術士資格

自分の本質がわかり まわりの人との相性も 掴めるんですね!

九星気学占術士資格では、九星気学に基づいた占いができること、吉方位や凶方位を見られることを証明できます。また、九星気学を通してその人の本質・将来・仕事の適性なども導けて、占いの仕事でも生かせることを示す証でもあります。

20代のような若者でも、九星気学を駆使できれば毎年の運勢や吉方位が分かるため、運気を最大までアップさせて日常生活を有意義に過ごせるでしょう。

九星気学占術士資格で学べること

九星気学占術士資格では、九星の導き方、九星ごとの吉方位、凶方位の把握、それぞれの相性を把握する方法を学べる内容です。

自身の九星と本質を知れる

自分の九星、本質を知り、本命星・月命星が分かると、相性も運気の良い方角も分かって、生活の中で意識して運気を最大化できます。

何をしてもうまくいかなくなる方角を避けることによって、大きな事故を防いだり、風邪や怪我を減らしたり、などが可能になります。

受験であれば、確実に合格するはずなのに不合格になるなど、本命殺や歳破の方角は避けたほうが良いものです。

身近な人の九星と相性・付き合い方を知れる

あなた自信と気になる人の九星を知ることによって、相性の良さも把握できます。

同じ方角が歳破、近い方角が吉方位になっているなど、お互いを相乗効果で高められる場合もあれば、お互いの歳破、吉方位が間逆なために、一緒にいると最悪の事態が通常レベルの事象に抑えられる場合もあります。 こうした事象を分かることで、仕事やプライベート、私生活の充実具合もある程度コントロールできてしまいます。

吉方位と凶方位を見て判断

九星気学はその年の吉方位や凶方位を見られます。1年を通してどんな方角の運気が高まるか、どんな方角に縁があるかを見定められるもので、受験や進学、就職などでもその方向に良い縁が生まれることもあります

そういう吉方位や凶方位という概念がある事を若いうちに学べるだけでも、人生の視野は広くなります。

毎年・毎月の吉方位・凶方位が分かる

九星気学では本命、月命と年間の運勢、月間の運勢を確認できます。

その人の九星は生年月日から与えられるもので、一生変わることはないのですが、毎月のリズム、一定の年間のリズムを理解することによって、仕事でもプライベートでもポジティブに動けるときが分かります。

その運気の良い時に合わせて決断したり、新しいことを始めたりするのもおすすめです。

事前にリスクや不運に備えて行動できる

最も不運な時はできるだけ動かず、余計なことをせず、自分のメンテナンスや瞑想をするなど、その時がすぎるのを耐え忍び、徳を積める行動を心がけると良いでしょう。

運気が良くない日であることを身近な人に伝えておくだけでも、少し周りに迷惑がかかっても理解してくれるかもしれません。 不運や起こるかもしれないリスクを未然に防げると、人生はもっと生きやすくなります。

1年の吉方位や大きな道筋を見れる

占いが全てではないのですが、九星気学で1年間のおおまかな良縁の方角、安全な方角、避けたほうが良い方角を把握することによって、心の準備ができるので、対策・対応も変わってきます。

何の備えもできずにトラブルに遭うよりも、少しでも心構えがあった方が安心です。

1年間の目標を立てるのに便利

九星気学では、1年の吉方位や凶方位が分かるチャート、毎月の運気が分かるチャートがすべて算出されます。

天赦日や一粒万倍日などが重なっている時には九星気学上での吉方位に合わせて移動すると、良い発見や出会いがあるかもしれません。

事前に1年間のうち最も注目すべき日や、逆にじっとしていたほうが良い時がわかるのが九星気学の良い点です。

向かうと良い方角から1年の目標を作る

1年間のうち向き合うと良い方角、進むと良い方角が分かっていると旅行やデスクの向きなども工夫できます。

1年間の目標を立てる時にも自分と相性の良い方向、九星の人を知っておくことで、最悪の事態は避けて過ごせます。 運気の良さを意識した計画を立てるのも意外に大切なのです。

九星ごとに適した仕事・生活がベスト

九星気学イメージ

各自に九星があり、本質、得手不得手、適した仕事や考え方があります。

九星気学で、その人に合わない仕事をしていたり、役職にいたりすると、現実にもうまくいっていない、実力を出せていないことがあります。

九星気学のデータを参考に進むべき道を模索して、実力を最大限発揮するのも良いでしょう。

向いている仕事と向いていない仕事を見極める

人によって完全に相性が悪く、どう工夫してもうまくいかない仕事というものがあります。

ルーティンワークが苦手、0を1にする仕事が苦手、毎日同じ作業の繰り返しが苦手、屋内にいる仕事が苦手など、自分に合わない作業は、その作業を難なくこなせる人に任せるのが最も効率的です。

自身の最大の実力を発揮できる仕事をした方が、総合的に成果が大きくなり、会社にも個人にもメリットがあります。

本質を知れば無理な人生を送らずに済む

20代のうちに自分の本質や特性を理解して、向いている学業や仕事を目指することで、それだけ早く成功して思い通りの人生を歩めるようになります。

無理に困難に立ち向かわなくても、大きな成功は収められるので、必要としているかどうかに関わらず、自分を知る目的で九星気学を学ぶ価値は十分あります。 興味がある方は九星気学占術士資格講座も検討してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です