スキル身につく+輝きプラス!

ヌメロロジスト資格

数字を駆使して占う! 身近なところにある数字にも 意味があるんですよ♪

ヌメロロジスト資格は、数秘術を扱える証明となる資格で、数字と運命の関係、占いと数字の関係に意味を持たせて、アドバイスや提案の際に活用できるものです。

数学と数秘術にも深い関係があり、歴史的にも表立っての存在感はないのですが、確実に人類史になお残してきた占いです。

占いとしても歴史が長いため、教養や視野を広げるのにも役立つでしょう。

ヌメロロジスト資格(旧:数字占いアドバイザー)が求められている理由

ヌメロロジストは、その人の生年月日や氏名から、運命数・本質数を導き出しますが、インターネット上にある無料の占いツールでは、姓名から本質数を導き出せない場合が多いです。

計算、算出方法が複雑で、ツールだけではカバーできない場合があるため、本職として数秘術を扱えるプロが求められています。

数学的客観性がヌメロロジーにはある

数秘術を通して導ける数字は、他の占いと異なり具体的な数字が割り出されます。

この数字も何パターンか算出されますが、それらの数字はその人の本質や相性を表すものとしても、ラッキーナンバーとしても使えます。

占いの鑑定では占い師の主観が入って鑑定結果がずれることもありますが、数秘術から導かれる数字そのものは、占い師の主観も何も介入しないものです。

占い師ごとに鑑定結果が変わらない本質

数秘術で出てくる数字は、お出かけの日、大きな仕事をする日、試験の日などと合わせることで運気を最大にできるでしょう。

また、自分で決められる文字列があるときや、自分で決めて良いブランド、ロゴ、アイコンがあるときにも、その数字に関係する数字を記載して最大限のパワーを期待できます。

生年月日や氏名から割り出せる

数字イメージ

数秘術の鑑定結果はその人の生年月日と氏名、性別などから割り出せます。

このそれぞれ異なる数字の組み合わせをもつ数秘術の鑑定結果から、仕事や恋愛などの向き不向きも導き出せます。

その人の性格や、代表的な数字だけでなく、それぞれの分野の本質も見つけられるのが数秘術のおもしろい所です。

相談者の基礎データで導き出せる

相談者の生年月日は、占いの世界からすると非常に貴重なデータが含まれているものです。

生年月日からおおよその性格や行動特性、興味関心や仕事などまで割り出せる占い師もいるため、名前と生年月日さえ分かれば、多くのことが導き出せます。

数秘術の概念を持ち込めば、その人に関する情報がさらに多く得られるようになるため、占い師であれば習得しておくべきスキルです。

占いへの組み合わせが簡単にできる

数秘術(ヌメロロジー)は、タロットカード、ホロスコープ、風水、宿曜占星術などでも出てくる数字とその人の本質を結びつけてくれるものです。

数字の情報により追加の鑑定結果が得られて、場合によっては過去の鑑定結果と異なる情報が出てくるかもしれません。 その人の本質を知るために生かせるものはできるだけ広い分野で生かせるようにしましょう

自分と相手の本質を見れる占い

数秘術で自分自身と相手の鑑定結果を比べれば、関係を深められます。

相手が嫌がること、求めていること、2人の関係性そのもの、どちらが苦労しやすいかなども判定できます。

そうした事象を理解した上で付き合うだけで、2人の関係は大きな亀裂を避けて前進できます。

若者の経験不足を歴史的な占いで補える

社会人になったばかりのうちは人生経験がどうあっても足りません。その経験不足や教養不足を補ってくれるのが学問や知識です。

学校の勉強とは異なり、より深く人の本質や、人との付き合い方、特徴や扱い方などを分析して実践にもすぐに生かせるため、占いは決して無駄なものではありません

数秘術は数字を元に分析するもので、他の本質鑑定ができる占いを合わせればカンペキに近くなります。

人間関係改善や見直しにも効果的

なかなか改善できない人間関係がある方は、占いに頼って客観的視点で関係を見直しましょう。

そもそも相手の性格や属性を知らないでいると、むやみに相手の気持ちを逆なでしてしまう態度や発言を取ってしまっていたり、相手がどうしても変えられない属性にこちらがイライラしていたりすることもあります。 生まれ変わっても相性が悪い人間関係というのは存在するため、どうしようもない関係なのかどうかも占いを元に判定できます。

numero(数)+logy(学)でnumerology(ヌメロロジー)

日本語ではあまり馴染みがないですが、数秘術はヌメロロジーともいいます。海外で数秘術であることを伝えたい時には「numerology」と表現しましょう。

若い女性で、海外の若者とも交流があって、共に数秘術の鑑定を受ける時などは英語で表現する必要があります。

こうした知識もまた教養としてあなたの人間性を深めてくれるでしょう。

数秘術の歴史と仕組み

数秘術の起源までは明確にされていませんが、今の形になったのは数百年前、ピタゴラスが形作ったものと言われています。

古代エジプトやギリシャでは既にそのやり方が存在していたため、ピタゴラスが発案者ではないようですが、生年月日の数字をひとつずつ加算していって得られた一桁目の数字をその人の数字とする仕組みは、ピタゴラスの頃にできあがったようです。

ピタゴラスとヌメロロジーの関係

ピタゴラスは数学者としても有名な人物で、数秘術(ヌメロロジー)ともその関係で一緒に語られることが多いです。

歴史の勉強、数学の勉強双方で出てくる著名人で、20代の頃に詳しくなっていると将来の教養にもなるでしょう。

時間のある20代のうちに知識を深めて身につけておき、同時に資格まで取得できればいずれは占い師としての仕事もできるかもしれません。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です