スキル身につく+輝きプラス!

介護食作りインストラクター資格

在宅や介護施設でも役立つ 幅広い調理法を学べる資格です

高齢化が進む日本では、介護の現場だけでなく、飲食業界や食べ物に関わる職種でも介護食に関する知識が必要とされてきます。介護食作りインストラクター資格は、介護食の役割や、作り方に関して学べる在宅受験が可能な資格です。

当記事では介護食作りインストラクター資格で学ぶ内容と魅力、どのような場面で学んだ知識を活かせるかについて解説していきます。

食材の調理方法を幅広く知れる

日本の総人口は2008年をピークに減少している一方で、高齢者数の割合は過去最高の更新を続けています。

高齢化率は今後も上昇することが予想されており、あらゆる分野で超高齢社会に対応したサービスや人材確保の重要性が叫ばれています

食事は人間が生きる上で欠かすことが出来ないものです。

少子高齢化が進行する日本で、介護食の知識や、介護食を作るスキルは、家庭、介護や福祉、飲食業界でも役に立ちます。

在宅で受験可能な介護食の人気資格

在宅で受験できる介護食づくりの人気資格に、「介護食作りインストラクター」があります。

以下に試験概要と、「介護食作りインストラクター」の学習内容をまとめました。

主催団体日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格特になし
受験料10,000円(税込み)
受験申請インターネットからの申し込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価が必要
試験日程隔月20日~25日

介護食作りインストラクター資格とは

介護食作りインストラクターとして、介護食の役割や作り方に関する基本的な知識を持っていることが証明できる資格です。

学習内容

  • 介護食の栄養バランス
  • 介護食づくりに必要とされる基本的な知識
  • きざみ食、ゼリー食、ミキサー食等の高齢者向けレシピ
  • 調理方法を工夫した介護食レシピ など

資格を活かせるフィールド

高齢者向けの介護施設や老人ホームの調理師として、ホームヘルパー(訪問介護員)のスキルアップなど、介護関連職に就く際、介護食作りの知識は大いに役立ちます。

介護の仕事に携わらなくとも、家族の食事介助の際にも有用です。

また、介護食の作り方を学び、食材の調理方法を幅広く理解できるため、飲食や調理の仕事をする際にも活きてくる資格だと言えます。

以下、介護食作りインストラクター資格が介護の現場以外で、どのように活かせるのか、3つの点に絞って解説していきます。

  • 飲食店経営や調理の現場
  • 誰もが食べやすい献立の作成
  • 家族の食事介助

飲食店経営や調理師希望者にも

冒頭で少し触れた通り、高齢者の人口が今後も増え続けることが予想されるため、それに伴い高齢者の体調に合わせた食事や、介護食の需要が高まります

この傾向は下に挙げるような、料理や食品関連の仕事に携わる方達にも関係してきます。

  • 飲食店の経営者や料理人
  • ホテルのシェフ
  • 食品業界の商品開発
  • パティシエ

今後、人口が増えていく、高齢者層の好みや体調にあった商品開発は、ビジネスを続けていく上で重要となってきます。介護食は時代のトレンドや現役世代の嗜好で作るものではありません。そこで、介護食作りの知識が必要となってきます。

介護食作りインストラクター資格で学ぶ、咀嚼機能(噛む力)や嚥下機能(飲み込む力)が衰えている人向けのレシピや、高齢者に不足しがちな栄養素をバランスよく取り入れた献立を企画できる人材は、調理の現場で重宝されます。

プロフェッショナルな調理スキルと介護食作りの知識は、ライバルに差を付けられ、新規顧客の獲得にも効果があると言えるでしょう。

誰もが食べやすい食事を提供できるかも

介護食作りインストラクター資格では、下に挙げるようなレシピを学ぶため、料理のバリエーションが広がります。

  • 咀嚼機能が低下した人向けの、食べ物を刻んで小さくした「きざみ食」
  • 嚥下機能が低下した人向けの、飲み込みやすさに配慮した「ゼリー食」
  • 噛まなくてもいいように、ミキサーにかけてペースト状にした「ミキサー食」

これらのレシピは、高齢者だけでなく、歯医者に通院中で固い食べ物が噛めない方や、喉に痛みがあり、食べ物を飲み込むことが困難な方に料理を提供する際にも応用ができます。

それに加えて、肉、魚、野菜、卵などを中心にした介護食レシピ、介護食のデザートレシピ等も学ぶため、最近利用者が増えてきているテイクアウト商品の一つとして「食べやすさに配慮した」メニューを加えると、他店との差別化にも繋がります

家族の食事介助の手助けにもなるかも

家族の食事介助の手助けにもなるかも

介護食作りインストラクター資格で学ぶ知識は、仕事だけでなく、家族の食事介助をする際にも大いに役立てられます。

最近は施設の空きを待つ間、家族が在宅で要介護者を介護しなければならない地域も出てきています。

在宅介護は、子育てとは異なり、明確にいつ終わるのかがわかりません。入浴やトイレの介助、認知能力が低下した際のケアや、通院など様々なサポートを家族みんなで協力して行う必要があります。

そのような状況で、介護食作りインストラクター資格を取得することによって、食事面でのサポート役としても活躍出来ます。

一緒に暮らしていないとしても、資格学習で学んだ、簡単な介護食や冷凍できる介護食のレシピを、食事介助をする家族に教えることは、立派なサポートと言えるのではないでしょうか。

資格学習で得た介護食の知識を、調理や食品関連のフィールドで活かしたい方にも、食事面から家族のサポートをしたい方にも、「介護食作りインストラクター資格」で学ぶ知識は利用価値が高いことがお分かりいただけたと思います。

介護食作りインストラクター資格の詳細を知りたい方は、是非資格の公式ホームページをご確認ください。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です