スキル身につく+輝きプラス!

東洋占星術士資格

悪いことが起こりそう なときも事前にわかる! だから防げるんです!!

東洋占星術士資格は、九星気学以外にも陰陽、五行、十二支、八卦、六十四卦などを通してその人の本質を提示し、占いや鑑定に生かすスキルがあることを証明します。

知らない人にとってはさっぱり分からない分野かもしれませんが、これらを駆使しつつ、ホロスコープや数秘術を合わせられれば、それだけで占いのプロとしても活躍できます。

東洋占星術士資格が求められている理由

東洋占星術士資格を習得していると、その年、その月、また、その日の運勢の良い&悪い方角がわかり、最悪の事態を避けられます。

九星気学の概念と合わせて陰陽五行を生かすことで、本質の理解と方角における運命、宿命もわかり、最も実力を発揮できるよう人生をコントロールできるようになります。

九星気学を基本から学ぶ

それぞれに与えられている運命は生年月日と氏名、性別などから割り出せます

九星気学では本命星・月命星などを特定して、それと相性の良い九星を知り、さらに吉方位・凶方位を把握していきます。

一生分の運気の良い方角を把握できるため、大きく見て人生設計の参考になり、小さく見れば大事なイベントがある時の歳破避けができます。

陰陽五行を基本から学ぶ

陰陽五行は、物事のすべてを司る概念から、その人の本質をもっと具体的に深めて理解していくものです。

九星気学でしかわからない事、九星気学では分析しきれない部分も陰陽五行を駆使することできっと理解できます。 占い師として仕事をする場合には両方身につけておく必要があります。個人で占いをする場合も両方扱えると、一生分の運勢と自分の本質を自ら確認できます

陰陽・五行・十二支・八卦を学ぶ

占星術イメージ

東洋占星術士では、陰陽五行、十二支といった基本となる知識を占いに生かせるように学びます。

その人の本質を定義づけるために必要なデータなので算出や導出は簡単ですが、組み合わさって得られた本質を正しく理解し、相談者に伝えられるようにする表現力も必要です。

陰陽五行とは

陰陽五行のうち、五行は「火・水・木・金・土」がこの世を構成する全ての要素であるとする考え方です。

陰陽も世界をもっと大きい枠で捉えた時に、陰と陽の2つに分けて考え、互いに影響しあっているとする考え方です。

東洋占星術では、ここにさらに十二宮や十二支、二十七宿(時に二十八宿)などの概念が合わさって鑑定を行います。

十二支や風水とは

風水で用いられる概念、四柱推命や九星気学の概念では生年月日、その人の生まれた場所、性別など変わることのないもの、変えられないものを基準に占いを行います。 風水も九星気学の概念と重なる部分が根底にあるため、両方を理解することによって、引っ越しやその人の本質そのものの鑑定から、人生全ての方向性までを確かめられます

東洋の占いを深めて学べる資格

アジア圏、インド、中国、日本といった地域に昔からある、その土地に根ざした占いには一定の信憑性や関連があることも多いです。

東洋占星術は、東洋で認識できる天体や星を参考にしていることも多いため、地球、宇宙単位で見れば東洋は東洋で、西洋は西洋の占星術で鑑定した方が効果は大きくなります。

アジアやインドの占いで世界を広げる

九星気学や東洋占星術はインドや古代中国、アジア圏の中で発展してきた占いです。

そのため日本人である私たちや、アジア人にとっては相性の良い占いで鑑定結果もかなり当たることが多く、的を得ているものとなります。

西洋占星術に比べると精度も高くなりやすいため、20代のうちに身につけておくとしたら、先に九星気学を学ぶのが良いでしょう。

若いうちから世界規模の教養に

占いは、世界的に見れば学問よりも長く言い伝えられてきた上に、統計的に考えられている部分もあります

うさんくさいと学びもしない人もいますが、歴史的には数百年、数千年と人々と共にあった文化のひとつなので、学んで知識を得ておいて損はないです。 知っていると、それだけ世界観を広げられます。

カルチャースクール講師をする時にもおすすめ

20代のうちに東洋占星術士資格などを取得することによって、その後の長い人生の中で東洋占星術の知識をさらに深めながら生き、その人生経験を持って老後に占い師にも、カルチャースクールの講師としての道もひらけます。

長い経験を積むためには知識と技術の習得を先に行う必要があります。時間もお金も比較的自由にできる20代や専門学校生のうちに興味のある分野の知識を広めることは大切です。

将来のカルチャースクール講師も目指して

若いうちに資格やスキルなど、手に職がつく能力を身につけておくと将来その知識を仕事に生かせるようになります。

カルチャースクールや生涯学習の講師をしたり、企業の研修講師をしたりして、高齢者になってもお小遣い稼ぎ、本格的な仕事として続けられます。

収入源の不安を減らせるという点でもスキルを増やすことには意味があります。

占いのできる社会人は需要がある

20代でも占いができると、自分自身の人生の選択や相性診断、学校内での言動に気をつけられます。

社会人になってからも、職場のオフィス環境、人員配置の不都合などさまざまな事象に対して、別のアプローチと提案ができます。 模様替えと称して最も人間関係が円滑になる配置にすれば仕事の成果も上がりやすいはずです。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です