スキル身につく+輝きプラス!

パームリーディングアドバイザー資格

相性もわかるから 人間関係改善にもグー!

パームリーディングアドバイザー資格は、手相をより詳細に分析し、鑑定し、適切に伝えるスキルがあることを証明する資格です。より深く、細かく鑑定することで精密な結果を導き出せるようになり、相談者の悩みにもじっくり向き合えるでしょう。

手相鑑定士資格と合わせて取得することによって、占い師としての仕事でも生かせるでしょう。

パームリーディングアドバイザー資格が求められている理由

現代は人との関係性を良好に保ったり、仕事の現場の人間関係もコントロールして成果を最大化させたりする工夫が必要です。

そうした人間関係の改善やコントロールに手相による相性を活用したり、その人の本質にあった職場に異動させたりする方法が取り入れられています。

人と人の相性や本質を確かめられる

ケンカばかりしてしまう職場環境では仕事そのものが進まない上に、優秀な人材が現場を去る可能性もあります。

採用にかかったコストを考えると、各自の実力を最大限発揮できるように采配するのが得策で、そのために手相を活かす方法があります。

その人の手相から、また、特定の診断から個性が分かるようになると、それに適した現場に配属させることで業績は最大化させられ、コストは最小限に抑えられるでしょう。

人間関係を改善するのに生かせるスキル

20代の部活動や、ゼミ内の人間関係でも同じく、人間関係を最適化できる配置にすると、トラブルは減って、余計な摩擦も減って、全てが最大限プラスに進みます。

手相だけでなく、ホロスコープや九星気学の視点も持って采配することで、その効果は大きくなるでしょう。 どんな現場でも、人間関係の良い環境であれば事故も減り、成果は最大化されます

手の形・線・丘を本格的に見る

手相を見る時には、線だけでなく、手の指の長さ、形、指の太さなども見ます。

丘と呼ばれる手のひらの広い面部分を見る必要もあり、手相の線を特定するために手のひらの範囲を把握する必要もあります。

なんとなく手相を見るのではなく、確証を持って鑑定するためには、正しい手相の知識が必要です。

それぞれ異なる線と丘について

人によって手相が違うのは周知の事実ですが、線だけでなく丘と呼ばれる手のひらの面の違いも、手相占い師は考慮する必要があります。

丘の広さ、丘と丘の関わり方、線の状態などから、その人の示している本質を見抜けるようになっています。

線も丘も両方鑑定して、総合的に本質・特性をまとめましょう

指の長さや太さ・色もチェックする

手相占いでは、指のサイズや色もチェックします。たいていは瞬時に判断できることですが、指の太さや線の状態で、その人の体重や肥満度も関係なく、ありのままの手相を鑑定できるようになります。

肥満の状態で変化した手相も鑑定要素になりますが、肥満でなかった場合の手相まで判断して運命を導きます。 手のひらの色、血色、傷の有無、乾き方や肌質などからもその人の運命が分かります。

占いから鑑定・アドバイスまで

手相のイメージ

手相占いではその人の手を見て本質を見ていき、総合的な情報をまとめて鑑定結果を出します。

その後、相談者にアドバイスするまでが占い師の仕事で、占い師が手相を見ていられる時間はそれほど長くありません

手相を見て、瞬時に判断し、脳内で鑑定結果をまとめて悩みに合わせたアドバイスをするという高等テクニックが求められます。

その人の本質を見てまとめることの大切さ

手相の線からその人の特徴を割り出すことは、知識さえあれば、誰でもできるものです。

問題は、その結果を相談者の役に立つように、相談者の悩みを解決できるようにまとめて、適切に伝えることと、その難しさです。

本質を正直にそのまま伝えても相手に響かなかったり、間違った切り口で話していたりすると吸収されません。 適切な伝え方をするのも占い師の役目です。

その人の目標達成のための適切なアドバイス

占いの依頼を受けている場合には、何かしら悩みがあるはずです。 その悩みの解決や目標達成のために適切に、与えられている運命や未来を提示して、何に気をつけたら良いか、何に力を入れるとよいかをはっきりさせるのも大切です。

占い師として成功するには経験が大切

手相占い師になるには、手相を見る力だけでなく、相談者の悩みに寄り添ったり、辛いことに共感したりする力も必要です。

鑑定結果だけまとめて機械的に伝えるのではなく、人の温かみや心を持ってアドバイスをするスキルが必要です。 コミュニケーション力・アドバイス力に関しては経験で身につけるしかありません。

若いうちに取得すれば経験を多く積める

20代の若者でも、手相占いを身につける価値は十分あります。

早いうちに身につけていると、その後の40年、60年という人生で経験を積めますが、60歳、70歳になってからでは人生経験はあっても、占い師としての経験は積めません。

身につけられるスキルは早いうちに身につけておくのが正解です。

知ってから社会に出れば全て経験になる

手相占いに限らず、さまざまな教養を得て、広い世界を知っている状態で社会人になると、それだけ見えてくる世界が広がります。

手相に関する知識や鑑定結果の伝え方なども、現場の仕事に生かせる側面があるかもしれません。 どんなスキルでも無駄になることはありませんので、手相占いに少しでも興味があれば、パームリーディングアドバイザー資格の取得も検討してみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です