スキル身につく+輝きプラス!

手相鑑定士資格

話のネタや困ったときの ヒントにもなります!

手相鑑定士資格では、定番の手相線に関する知識、鑑定結果を適切に伝える知識とスキルを身につけられます。数少ない手相占いスキルを証明できる資格で、20代など若いうちに取得しておくことで、実務経験も長く積めて有利になります。

手相占いに興味がある方におすすめの資格です。

手相鑑定士資格で学べること

この資格では手相鑑定の基礎知識、占いとしての実務などを学べるようになっています。占い師として働き始めるのに必要最低限の知識を習得していることを証明できます。

その人の資質や才能を見る

手相占いでは、対面で、その人の人相や服装、表情、声、手の色・大きさ・形、そして、手相を総合的に見て相手の状態を判断します。

手相からはその人の本質や才能、運命を見て、アドバイスするための情報として用います。

ほとんどは恋愛や人間関係、仕事、その人の本質に関する鑑定依頼で、占い自体は覚えてしまうとできてしまうものですが、相手の心に響くように伝えるのは非常に難しいです。

その人の健康状態や今を見る

鑑定する時には、その人の両手、手の甲も確認するのが正しい手相占いです。

手の線、丘などを細かく見ていくのも大切ですが、両手の違い、利き手、指の長さ、線の長さや場所などから本質を見ていきます。 基本的には健康な人が多いのですが、一本の指だけ真っ白だったり、全体的に手が真赤だったりした場合には、何かしら病気を抱えている可能性もあるため、医師の診断を提案したほうが良いこともあります。

有名な手相と占いに必要な手相

手相占いを学ぶ際は、まず世間的によく知られている手相からマスターすると効率的です。占いをする時にも多くの相談者が定番の手相から気にかけるため、先に鑑定するクセをつけてしまいましょう。

ただし、実際の鑑定、本質を理解するための鑑定では見る線が異なっている場合があるので、本質理解に必要な手相も資格講座を通して学ぶ必要があります。

生命線・知能線・感情線

基本的な生命線は、その人の生命力や病気への耐性、寿命の長さなどを意味します。知能線は知能の高さや頭脳労働への向き不向きも判断できます。

感情線は怒りっぽい、メンタルが弱い、感情が豊かなどさまざまな結果を表します。

一般的なこれらの線からも、その人の性格や特徴を導けるものです。

ずばり言い当てる必要はないですが、それが欠点になることも美点になることもあることを、加味して伝える必要があります。

運命線・健康選・結婚線

運命線を見るだけでは、その人の正確な運命はわからないため、運命のシグナルの強さや意味合いを判定するのに役立て、健康・結婚線など、運命に左右される可能性もある部分で、具体的な鑑定結果を導き出すと良いでしょう。 これらは基本的に、線の長さ、線の濃さで、その意味の強さが変わると考えて良いでしょう。

手相の知識を証明できる希少な資格

手相のイメージ

手相占いのスキルを証明する資格は少ないです。

そのうちの一つがこの手相鑑定士資格で、手相占い、手相鑑定スキルを証明できます。

名刺や履歴書にも記載できて、占い師として自己紹介する時にも役立てられます。

手相は知識と実力が全ての占いスキル

手相は覚えていなくても、本や図鑑を見ながら趣味的にも見られます。ただし、知識だけでは他の手相の線との関連性や、ある特定の場合にのみ意味を持つ特殊な手相などを見つけられません。

丘の広さや面積、厚みなどと合わせて、線の濃さなども、たくさんの経験、鑑定例から比較して鑑定結果を出すことになります。

知識だけでも意味はなく、現場でどれだけ多くの人の手相を見てきたかが重要です。

意外と奥が深く学ぶことは多い

手相占いは単純に線があるかないかをみるのではなく、線をなす丘や線の深さ・濃さ、他の線との交差や結合点なども見ていきます。

手相があるように足の裏にも相があり、その足の相が手相より強く出ていることもあります。 この資格では手相のみを見ますが、それだけでも鑑定はかなり奥が深く、本来は瞬時に鑑定結果を出せるだけで相当の実力者と言えます。

相談者の悩みに寄り添うスキルが最も重要

どんな占いでも、鑑定結果を得てからが重要です。相談者の悩み、心情、気持ちに寄り添ってアドバイスする必要があり、特に言葉選びには慎重にならなければいけません

相談者を余計に不安にさせたり、悲しくさせたりするのは、占い師としては失格です。手相鑑定士資格などを通して正しい伝え方も学びましょう。

相談者の手と現実の両方を見極める

占い師として相談者の対応をする時、手相もみながら、その相談者のおかれた現実にも寄り添う必要があります。

20代や新社会人など若者はまだ経験が足りず、どう寄り添えば良いのか分からないかもしれませんが、共感するだけでも意味はあります。

その人の現実と、手相の示している未来を合わせてアドバイスができるようになると、一人前の手相占い師です。

若いうちに覚えれば人生の決断にも生かせるかも

手相は、一度見方を覚えてしまうと、一生その知識を使えます。飲み会の話のネタにもなり、自分の手相の変化、人生の変化にも気づけるでしょう。

深い関係になる人の手相を見るチャンスがあれば、その人との関係性も思い通りになるかもしれません。

手相占いに興味がある方は、早めに手相鑑定士資格の取得を検討してみましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です