スキル身につく+輝きプラス!

手相資格

早くから使えると 人生の選択に 迷わずにすみます!

手相資格は、自分自身や知人・友人の性格・本質を知るのに役立てられます。占いの一つとして生かせるため、恋愛相談や悩み相談、自身の悩み解決にも活用できます。

ここでは取得できる手相資格2種類を紹介しています。

20代の若者の自己投資、スキルアップにもおすすめです。

手相資格で学べること

この資格で学び、取得できるのは以下の2つの資格です。それぞれ学習できる内容を紹介します。

手相鑑定士資格

手相鑑定士資格では、以下の習得を目指します。

  • 手相からその人の資質を導き方
  • 主要な手相の線や丘の見方
  • 手相の線の持つ意味

手相を見られることを示すだけでなく、手相の線からその人の個性、本質、性格を見抜き、占い、鑑定に生かせるように学んでいきます

人によって異なる手相で、同じ線であることを判定するのが難しい場合もあります。

どんな線でも鑑定できるように手のひらの「丘」も見ることを学ぶため、占いの現場と同様の鑑定ができるようになります。

パームリーディングアドバイザー資格

パームリーディングアドバイザー資格では、以下の習得を目指します。

  • 手相と手の総合的知識
  • 手相の鑑定結果の伝え方
  • 相談者の本質の伝え方

手相の鑑定だけでなく、手の大きさ、色、指の太さ、ほくろの位置からもその人の本質を見極められます。

このパームリーディングアドバイザー資格では鑑定した後、相談者に鑑定結果を伝える方法や注意することも学びます。 より本格的な手相占いに役立つスキルを身につけられます。

手相を見てできること

自他の手相を見ることで、その人の過去、現在、未来を見通せて、その人の歩むべき道や、人・物事の相性を確認できます。

自分や相手の運命や未来を予測できる

自分自身の手相を両手合わせて見ると、手相に違いがある場合が多いです。

生まれ持った手が持つ運命と、今を表す手を比べることで、運命通りの生き方ができているか確かめられます。

その後の未来についても同様に、手相の線の伸び方などから見通せるようになるでしょう。

自分に向いている分野や苦手分野が分かる

手相を見ることで、その人の得意、不得意もある程度判定できるようになります。

何かをするのに適した時期・年齢、向いている仕事と学問、進むべき進路や進学など、多くの事象を手相は物語っています。 手相が全てではないのですが、判断要素が足りない場合や、決断が不安な場合には手相の鑑定結果も、人生に選択肢を与えてくれるのです。

相性・恋愛占いにも生かせる

手相占いは、人間関係の相性や恋愛関係も鑑定できるようになっています。

20代や新社会人など若者は特に出会いも多い時なので、手相を話のネタにしたり、自分自身を深く知って相手との関係を気づく時にも活用できるようになっています。

自分の本質を知れば恋もうまくいくかも

恋愛は、自分をよく知る所から始めるのがベストです。

自分自身の個性、性格、本質、好みなどを再確認し、自分でも知らなかった自分を見つめることで、うまくいく恋の仕方や、お付き合いの方向性なども見出だせるはずです。 相手を知るのも大切ですが、最優先で自分のことを深く知り、その自己認知を持った上で相手の手相を見られるようになると、判断しやすくなります。

相性が良い人との付き合い方がわかる

自分の手相を知っていて、相手の手相を見られるようになると、相手よりも先に、2人の人間関係上の良い側面、悪い側面を見られるようになり、相手に合わせたり、自分がアドバンテージを取ったりなどもできるようになります。

絶対に失敗したくない相手に出会えた時も手相を見られるだけで、相手の手を触ることもできて、相手の個性もわかり、コミュニケーションも深められます。 手相を見られるというだけで、人生において大きなアドバンテージになります。

手相占いの教室を開くのにもおすすめ

20代のうちから教室を開くことはないかもしれませんが、若いうちに手相占いの知識を習得することによって、その分長く手相占いの経験を積めることになります。

その経験は、若いうちに学んだからこそのもので、中年、高齢になってからでは積めません。

若いうちに先行自己投資として占いのスキルを身につけることで、将来、どこかできっと役立つでしょう。

将来年を取ってから講座を開ける

生涯学習講座やカルチャースクールなどを開講することによって、地域の人々との交流も深められて、受講料の売上で多少なり収入も得られるようになります。

手相の線に関する事実は変わらないことで、一度身につけてしまうと、一生使える知識になります。

若いうちに手相の知識を身につけて、将来役立てられるよう自分に投資しておきましょう。

手相占い師になれる

20代の時点で、将来占い師を目指している方は、待たずに手相占いの知識を身につけましょう。

占いは経験が全てで、少しでも長い経験と鑑定スキルが必要です。頭脳も若くてフレッシュで、いろいろな人と出会うチャンスも多い学生の時代に手相を学べていると、それだけで多くの経験となります。

手相占い師、なんでもできる占い師を目指す方は、手相資格を通して手相を学んで将来の糧とすると良いでしょう。

占いを学び始めるのに早すぎることはなく、特に手相は時代が変わっても手相の意味する内容は変わりません。

早いうちに身につけることによって、それだけ手相占いのスキルを生かす時が多くなります。まずは手相資格で基本から学び、実力を磨いていってください。

手相の基礎知識から実際に占い鑑定が出来るレベルまで学べる

手相のそれぞれの線について理解し、さらに総合的な判断も出来るようになる

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です