スキル身につく+輝きプラス!

ペット介護インストラクター資格

ペットのQOLを向上させながら 最期を迎えてあげられるようになれます

ペット介護インストラクター資格とは、犬や猫の介護に関する知識を有している方に与えられる資格です。資格取得によって、介護が必要になり、辛い思いをしているペットや飼い主を支える人材になれるといった内容です。動物のお世話に興味がある方には役立つ資格です。

今回は、ペット介護インストラクター資格の概要と取得する意義について説明します。

ペット介護インストラクター資格が役立つ分野・将来の仕事

ペット介護インストラクター資格とは、犬や猫の介護に関する知識を有している方に与えられる資格のことを言います。

資格取得のために学ぶ内容の例として次のものを挙げます。

  • 介護の基本的な知識
  • 聴力障害や視力低下への対処方法
  • 適切な食事の与え方
  • 排泄補助のしかた
  • ワクチン接種と狂犬病予防注射について
  • 健康状態の把握のしかた

この他にもさまざまな内容を学びます。資格の勉強は独学で行います。資格取得に対応した通信講座もあります。

知識が習得できたら、ペット介護インストラクター認定試験を受けて合格すると資格が与えられます。

ペット介護インストラクター資格はここで役立つ

ペット介護インストラクター資格はペット業界で活かせるようになります。

その理由は、ペット業界には老犬・老猫のケアや介護を行う仕事があるからです。資格取得によって、そのような仕事に就く道が開けます。

資格が役立つ仕事の具体例を挙げると次のとおりです。

動物病院の補助スタッフ
動物病院には、獣医のアシスタントをするスタッフがいます。受付や診療の補助が業務内容となっています。犬や猫は高齢になると病気になりやすいため、動物病院に頻繁に通院します。老犬・老猫の介護の知識や健康維持のための知識を活かすことで病院に来たペットに適切なお世話ができるようになります。
ペットショップのスタッフ
ペットショップでは、子犬・子猫の販売を行っています。スタッフの業務は主に、子犬・子猫のお世話がメインとなります。しかし、近年はペットを数時間から数日預かるペットホテルの事業を行っているところもあります。預かったペットが高齢だったり、急に病気になったりした時には、資格の知識を活かして適切なお世話ができるようになります。

ペットにも人にも優しく暮らすために

ごはんを食べなくなる
ペットも高齢になると歯が弱くなったり、消化器官が衰えたりして、ごはんを食べなくなります。ごはんが食べられないと栄養補給ができず、命を落としてしまいます。そうならないために、柔らかいごはんを手作りしたり、流動食を与えたりしなければなりません。
寝たきりになる
ペットも人間と同じく、歩けなくなり、寝たきりになります。寝たきりのままにさせると褥瘡が起きるので、定期的に抱きかかえて体位交換させてあげます。
排泄を助けて身体を清潔に保つ
介護が必要なペットは排泄も自力でできなくなります。排泄の体位がうまくできないペットは抱きかかえて、排泄を助けてあげます。たいていは、その場で粗相をしてしまうので、排泄物で汚れた身体をきれいにしてあげます。
ペットとの別れを実感する
ペットの介護で身体的な負担に疲れてしまう飼い主もいます。しかし、それ以上に、日に日に衰えていくペットを目の当たりにして、別れの時が近づいていると実感します。この精神的な負担が飼い主にとって最も辛いのです。

ペットの介護は、ペットにも飼い主にも辛いことがたくさんあります。

その中で、ペットが少しでも健やかに余生を過ごし、飼い主の心身共にかかる負担を減らすことがペット介護インストラクターの役割です。

ペット介護インストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

ペット介護インストラクター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

ペットの介護について正しい知識を持っている人がいなければ、ペットは苦しい思いをします。

ペットのQOLを向上させる

適切なごはんを与えなければ、ペットは栄養失調で命を落とします。排泄が思ったとおりにできないまま放置されると身体が不衛生になります。

ペット介護インストラクター資格を取得して、正しい知識を持ってペットのお世話をすることで、ペットは幸福を感じたまま最期を迎えられます。

ペットがQOLを向上させながら余生を過ごすために資格を学ぶ意味があるのです。

動物に興味がある方はチャレンジしてみてください

この記事を読んでいる方の中には、漠然と動物には興味はあるけれども、将来何をしたいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

動物に興味があって、動物に触れたいという気持ちが少しでもあれば、今のうちにペット介護インストラクター資格の勉強をしてみてください。

ペット業界で勤められる可能性が広がるし、将来、自分がペットを飼った時にも資格の知識が役に立ちます。

勉強は必ずあらゆる形で役に立つ時がくるので、自己投資といえます。自己投資は少しでも若いうちに、興味があるうちにすることが大切です。

介護代行やお世話代行の仕事にも

ペット介護インストラクター資格が役に立つ仕事として、動物病院の補助スタッフとペットショップのスタッフを挙げましたが、ペット介護代行業者のスタッフとしても活躍できるようになります。

現在は、24時間体制でペットの介護をしてくれる業者もあります。また、自宅に訪問してお世話をしてくれるペットシッターもいます。

資格を活かして、ペット介護代行業者のスタッフとして働くことで、過酷なペット介護の現場を支えられます

ペット介護インストラクター資格は、動物が好きでお世話をする仕事に就きたいと考えている方には役に立つ資格です。興味のある方はぜひ資格取得にチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です