スキル身につく+輝きプラス!

ピラティス資格

美ボディも目指せて 代謝もUPもできます

ピラティス資格とは、ピラティスの基本原則について理解し、その動きや呼吸法、姿勢、さらには日常生活での注意点など、幅広く理解しているものと認定された証です。

ピラティスは、元はリハビリテーションの一環でもあるため対象は幅広く、テレワークによる運動不足も危惧される最近では特に注目されています。

ピラティス資格が役立つ分野・将来の仕事

ピラティスは、ヨガや太極拳を参考にドイツで生まれたエクササイズです。

激しい動きではなく、ストレッチを中心とした動きでありながら、インナーマッスルを鍛え、身体を整えます。

心肺機能の強化にもなるため、運動が苦手な方や高齢者まで誰でも取り組めるエクササイズとして人気です。

ピラティス資格を取得すると、資格そのものを生かして自宅やカルチャースクールでの講師活動ができるようになります。

ピラティスはカルチャースクールでも人気の講座なので、1つのスクールでも複数の講師が様々な時間や曜日でレッスンを行う場合が多いようです。

また他にも、ピラティスを学ぶと、正しい身体の動かし方や筋肉の使い方などが身に付けられるため、スポーツにも役立てられ、ダンスなどの表現にも応用できるのです。

ピラティス資格には、代表的なものとして以下のような資格があります。

  • ピラティスセラピスト
  • ピラティスインストラクター

ピラティス資格には特に受験資格が定められておらず、独学でも学べる内容です。

ただし独学ではどうしても分かりにくい部分があるため、通信講座などしっかりとした教材で勉強した方が良いでしょう。

ピラティスの知識は自分の心身の健康にも役立つため、取得して全く損のない資格と言えます。

ストレッチと運動で毎日健康に

現代社会は、深刻な運動不足です。

中でも、座りっぱなしになる場面は非常に多く、また正しく座れていない方がほとんどだと言われています。

積極的に運動を…と言われても、スポーツをする機会などあまりなく、ジョギングやジムはかなりモチベーションがないと続きません。

結局、「そのうちやろう」と先延ばしにしてしまい、さらに運動不足に陥ってしまうのです。

適度な運動が健康のために必要なのは分かっていても、なかなか実践に移せない方は多いですよね。

そのような方にピラティスはピッタリです!

ピラティスはエクササイズではありますが、走り回ったり飛んだりはしないので自分の部屋でも取り組めるのが魅力。

またストレッチなどの運動だけではなく、姿勢や呼吸など日常生活で意識する部分についても知識が付きます。

健康を意識した生活が自然とできる上、ストレッチで身体をほぐしながらインナーマッスルを鍛えられる。

ピラティスが人気なのも納得ですよね!

シェイプアップや部分痩せもしやすくなる

シェイプアップや部分痩せもしやすくなる

「最近身体がなんだか重たい」
「このポッコリお腹をなんとかしたい」

そのような悩みにも、ピラティスは役立ちます!

ピラティスで正しい身体の使い方が身に付くと、インナーマッスルが鍛えられます

インナーマッスルが鍛えられると身体が動かしやすくなり、日常生活での運動量の増加も期待できるでしょう。

ピラティスそのものも、ゆっくりとした動きではありながらかなりの運動量なので、基礎代謝のUPにもなります。

また姿勢を整えるだけでも、部分痩せには効果的だと言われています。

ピラティスでは、身体に付いた悪い癖を積極的に修正するので、それによって使われていなかった部分の筋肉も使われ、部分痩せにもつながるのです。

頑張っても部分痩せが出来なかった方にとって、ピラティスが救いになるでしょう。

ピラティス資格で稼げる金額

ピラティスを仕事にする場合、どのくらい稼げるものなのでしょうか?

様々な働き方や条件があるので一概には言えませんが、スタジオやスポーツジムなどでピラティスインストラクターとして働く場合を見てみましょう。

【ピラティスインストラクター】

正社員月給17~20万円程度(都内・初任給)
フリーランス1クラス3,000~5,000円程度(約60分)
アルバイト時給1,000円程度~

正社員の給料を見ると、一般的な会社員に比べると少し安い印象でしょうか。

経験や実力によって条件は大きく異なりますが、「稼げる仕事」とは言えないかもしれませんね。

しっかりと稼ぎたい方には、自分でスタジオなどを開業する道もあります。

人気のスタジオになれば、かなりの収入UPが見込めます!

ただしピラティスの知識だけではなく、経営や集客など様々な能力が必要となりますので簡単ではないでしょう。

ピラティスそのものについてもより幅広い知識と経験が必要ですし、他のスタジオや講師と差が付くような+αが必要です。

ピラティスの人気は近年高まっているので、それを考えると将来性のある資格だと言えます。

趣味でピラティスを始めたのをきっかけに、ピラティスセラピストやピラティスインストラクターなどの資格取得を目指す方が多いのも特徴です。

自分自身と向き合う方法としても、ピラティスは有効です。

様々な分野でも応用ができるピラティス資格は、あなたにとっても強みになるでしょう!

心と体を同時に使って行うピラティスを基本からみっちり身につけられます。 ↓

ピラティスエクササイズに関する基本的な知識をしっかると習得できます。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です