スキル身につく+輝きプラス!

姿勢資格

正しく美しい姿勢を ずっと保てるようになれます

姿勢資格は、姿勢が身体に及ぼす影響を理解し、美しく正しい姿勢で日常生活を過ごせるよう、指導できるレベルの知識を持つ方が取得できる資格です。

姿勢について学ぶことで、姿勢が悪いことで生じるデメリットや姿勢を正すことで生まれるメリットを理解出来るようになり、自分自身の姿勢も美しく保てるようになります。

姿勢資格は、その知識が十分であると認定された方が取得となります。

姿勢資格が役立つ分野・将来の仕事

姿勢資格が存分に生かせる仕事は「姿勢コーディネーター」です。

姿勢コーディネーターとして「どんな姿勢が良い姿勢なのか」「良い姿勢を保つためにはどうするべきか」などを指導し、姿勢を改善していきます。

「姿勢コーディネーター」の資格は、JLESE日本生活環境支援協会で取得可能です。

また、ジムトレーナーにとっても姿勢資格は役立てられます。

ジムトレーナーは肉体づくりをサポートしますが、日ごろから肩こりや腰痛に悩んでいる方に姿勢の改善指導をトレーニングに加えると、ジム内に留まらず日常生活にまで役立つ体幹トレーニングも同時に行えるので、ジム利用者にとても喜ばれます

ジムトレーナーに向いている姿勢資格は日本インストラクター技術協会「体幹コーディネーター」です。

ジムインストラクターとして普段の生活に寄り添った指導をしたいのなら、姿勢資格は役に立つでしょう。

エステサロンや整体に勤める方も、姿勢資格は役に立つでしょう。

どちらもお客様の姿勢矯正をするのですが、施術で矯正もしつつ普段の生活でも姿勢を美しく保つコツをお客様へ伝えると、喜ばれること間違いなしです。

その他には、姿勢資格取得の過程で学んだ知識を生かし、カルチャースクールを開いて姿勢指導を行います。

疲れにくい姿勢を学んで1日元気に

仕事中はデスクワークで座りっぱなしという方も居れば、反対に立ちっぱなしで座る暇がないという方も居ると思いますが、どちらも同じ姿勢ばかり取っているという共通点があります。

「同じ姿勢ばかりで疲れるな」と感じる方も多いでしょう。

姿勢資格で学ぶのは「正しい姿勢」です。

正しい姿勢は「疲れにくい姿勢」でもあります。そして立ち姿が凛として美しいと、しっかりとした印象を相手に与えられるのです。

具体的にどのような姿勢が疲れづらい姿勢なのでしょうか?

実は立つ場合も座る場合も、意識するポイントは変わりません。

立っていても座っていても共通すること
まず背中ですが、背骨がS字になるよう意識しましょう。頭は真っ直ぐ、顎は引いて、少しだけ下腹に力を入れると自然と姿勢が良くなります。足の裏はすべてを床に付けて重心は均等に置くようにしましょう。
立っている場合
膝を真っ直ぐ伸ばし、足は肩幅より少し小さめに開くようにしましょう。
座っている場合
椅子になるべく深く腰掛けましょう。背もたれがある場合は背もたれに背中を付けるようにします。正しい姿勢で座って疲れづらくなるとは言っても、同じ体勢をずっと続けると疲れるので適度に伸びをしたり屈伸したり、身体を動かすようにしましょう。

このような基本的な姿勢についての知識も、姿勢資格を取得する過程で身に付けられます

姿勢資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

姿勢資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

そもそも、なぜ姿勢を正しく保つ必要があるのでしょうか?

その理由は単純で、「姿勢が悪いと、身体に悪影響を及ぼすことが多いから」です。

姿勢が悪いと背中に負担が掛かり、自律神経の乱れや運動能力の低下まで誘発します。

姿勢が悪いことで身体に出る悪影響の一例を以下に挙げます。

  • 首が凝る
  • 背中や腰が痛くなる
  • 顔のシワやたるみ
  • 太りやすくなる
  • むくみが出る
  • バストが下がる
  • 肌荒れ

首の凝りや背中・腰の痛みは、姿勢が悪いことによって血行が悪くなる、または筋肉が固まることで引き起こされます

バストが下がるのは、背中が丸まったことで肋骨が下に下がることが原因です。

そして太りやすくなるのは姿勢が悪いことで筋肉を使わなくなり、筋肉が衰えるからです。

ここまでの理由はなんとなく想像出来る、納得できるものですよね。

しかし顔のシワやたるみ、肌荒れやむくみは姿勢と何の関係があるの?と思ってしまいます。

顔のたるみについてですが、顔の表情筋は背中の筋肉が引き上げているので「背筋が衰える=顔がたるみシワが出る」ことに繋がるのです。

また、肌荒れは姿勢が悪いことによって内臓が圧迫され、老廃物が体内に溜まった結果引き起こされ、むくみも悪い姿勢によって、血液やリンパの流れが悪くなって引き起こされます。

姿勢が悪いと、ここまで身体に悪影響が出るので、若いうちから姿勢が悪いままでいると、老化が早まってしまうおそれがあります。

「若いから大丈夫」ではなく、「若いうちから姿勢を改善する」という意識が大切だということを、姿勢資格取得者は理解しています。

体調不良を最小限に抑えられる

ここまでのお話だけでも「姿勢が悪い」というだけで身体に悪影響を及ぼすことがわかりました。

「最近体調が優れないな」という方は、もしかしたら姿勢に原因があるかもしれません。

「姿勢を正すだけで体調不良が激減した!」「姿勢が良くなっただけで便通が良くなって痩せた」という方も少なくありません。

なるべく病気に罹らず健康でいたい、いつまでも若々しくありたいと思う方、またその知識を深めて姿勢で悩む方々を救いたいという方は姿勢資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

姿勢と心と体の関係、美姿勢と顔のゆがみの関係など、姿勢が及ぼす様々な影響をしっかりと理解できる

良い身体のバランスを保つための様々な知識を習得出来る

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です