スキル身につく+輝きプラス!

パワーストーン鑑定士資格

占いの視点もプラスして より効果的な使い方も 出来るんです!

パワーストーン鑑定士資格は、人気があり定番のパワーストーンの知識を身につけて、天然石の邪気払いや運気について知識があることを証明できます。

パワーストーンの管理方法や浄化の方法も学べるため、石のメンテンナンスや日常的なお手入れについてのスキルがあることも示せます

パワーストーン鑑定士資格(旧:パワーストーンスペシャリスト)で学べること

パワーストーン鑑定士資格では、パワーストーンの種類とその石の持つ意味、運気、特徴や特性を学び、正しく生かす方法を身につけていることを証明できます。

パワーストーンの基本から応用まで

パワーストーンの持つ運気や魔除けの力は、それぞれの石の種類により少しずつ異なり、身につける人の誕生日や本質、九星気学的な本質の違いなどから最適なパワーストーンが異なります。

開運、金運アップを目指している人に、金運が上がりやすいという石を渡しても効果はない場合があります。

その人それぞれに適した石があるので、資格講座などで学んで、正しい石を提案できるようにしましょう。

石の選び方から組み合わせ方まで

その人の誕生日と誕生石、風水的な方角、九星気学から見たその人の人生における吉方位、四柱推命や陰陽五行からみた特性も併せて、その人に最も適した石の種類や石の産地が割り出せます。 ただ単に誕生石を用意しても、それは販売戦略的に誕生石が適当に当てられているだけなので意味がありません。もっと占星術的視点から見た石選びが大切です。

定番のパワーストーンを学べる

世間一般に人気が高いパワーストーンを学ぶことによって、とりあえずのパワーストーンの提案ができるようになります。

水晶だけでもピンク色、金色のものがあり、水晶の石の中に他の鉱石が一緒に入った状態で発掘されているような石はパワーも強く、希少です。

定番のパワーストーンから、希少なパワーストーンまで習得できるのがパワーストーン鑑定士資格です。

誕生石12種類は定番中の定番

パワーストーンをアクセサリーとして身につけたい人には、まずは誕生石を提案する所がスタート地点です。

その話の流れで誕生日や性別、氏名などが分かるはずなので、占い鑑定的な分析をして、おすすめの石を提案できるようになると、プロの領域です。

誕生石は、その人の誕生日を知れるきっかけになるので、正しく生かしてその人に本当に適した石を見つけるべきです。

金運や総合運アップできる石も人気

ただ金運が上がってくれれば良いという場合は定番の石を紹介しましょう。

タイガーアイ、ラピスラズリ、シトリン、ルチルクオーツなどが一般的です。

タイガーアイやルチルクオーツにはいくつか種類もあって、色によっては高額になりますが、その希少性から金運はより高まるでしょう

ただし、金運のうち、お金を稼ぐ運、貯金する運、ギャンブル運、仕事に伴う金運などどういった分野の金運が必要なのかによって選ぶべき石は変わります。 これもより専門的に学んで正しい石を選べるようにしましょう。

天然石と風水の関係を学ぶ

いろいろなパワーストーン

風水の開運グッズとして天然石のクラスターや水晶球体を置く場合もあります。

邪気払いや気の浄化、空間浄化の意味合いが強いのですが、石の種類を間違えると本当にただの置物になってしまって意味がありません。

見る目がなければレプリカを掴まされてしまって、余計に気の巡りが悪くなることもあります。

石の邪気払い・浄化のパワー

よくあるのはアメジストの原石がそのまま固まった状態のクラスターで、中に手を入れるとジリジリ、ビリビリするような感覚があるはずです。

そうした空間は、浄化や調整に作用して、フラットな状態に戻してくれると言われています。

ほとんどの浄化用の石やクラスターはパワーがほとんど落ちない上に、特定のメンテナンスをするとパワーが戻ってきます。

資格講座などで正しい処置ができるようになると、一生、天然石と正しく付き合えます。

風水と天然石の関係性

風水では建物の建っている場所と運気を見ますが、既に住んでいる、建っている場所の運気を少しでも高めるために置物をすることがあります。 ほとんどは置物にはマイナスの意味合いしかないのですが、空間によっては水晶やアメジストを置くことで悪い気を避けられます

石の管理と使い方を身につける

パワーストーンはどんな状態で身につけるかでその効果が変わると言われています。

発掘された状態に近い、鉱石のクラスターのようなままではエネルギーが強く、加工されて小さくなるにつれてエネルギーは弱くなります。

パワーストーンブレスレットはアクセサリーとしても邪気払い・魔除けとしても生かせますが、日々浄化しないと邪気を纏ってしまうこともあります。

使った石は浄化が必要

身につけてしばらく経っている天然石、部屋に長期間置いてある石は、その空間の邪気を払ったり、邪気を変わりに受けたりして穢れてしまいます。

そのままにしているとその石そのものが悪いものになるので、時々月の光・太陽光に当てたり、お香を炊いたりして適切な方法で浄化しましょう。

ブレスレットも定期的にメンテナンスすべし

おしゃれだからと身につけている天然石ブレスレットがあるのであれば、紐が切れていなくても定期的に浄化をしましょう。

天然石はその全てがパワーストーンだと考えてよいものであり、着用者が何も意識していなくても邪気を集めて閉まっていることがあります。

無知なままだとそれがトラブルの要因になることもあるので、パワーストーンの浄化や取り扱いに興味がある方は、資格講座などを通して学んで見るのもよいでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です