スキル身につく+輝きプラス!

心理カウンセラー資格

周囲の人のメンタルヘルス にも貢献できる資格です

心理カウンセラー資格には、メンタル心理ヘルスカウンセラー資格・メンタル心理インストラクター資格の2つがあり、それぞれ心理学に基づいたメンタルケアについて学び、自身でストレスをコントロールできるスキルがあることを証明できます。

学校では学ばないですが、現代人には必須のスキルです。

心理系の知識は今後のデフォルトスキル

ストレスの多い現代社会において、自身のメンタルを維持するのは必須スキルです。

疲労やミス、上司や部下との関係などでストレスを抱えることは多く、休息の時間は短いために心を病んでしまう方も多いです。

仕事に優秀な方でも心を病んでリタイヤしていては、社会的にも、会社的にももったいないです。

心を強くしてどんな時でも前線でエネルギッシュに頑張れるように心理学の知識を身につけましょう

メンタル心理ヘルスカウンセラー資格

このメンタル心理ヘルスカウンセラー資格で習得できるのは以下のスキルです。

  • 心理状態とその要因の理解
  • 心理ケアの方法とコントロール
  • 症状理解とカウンセリングの基礎


メンタル心理ヘルスカウンセラー資格では、主に心理現象、心理状態の知識を身につけて、心がどんな状態にあるか分析・理解し、その心理状態に合わせてメンタルケアできるスキルがあることを証明できます。

自分の心の状態を理解できることと、他者の心のケアができることは全くの別物で、まずは自分の精神状態を知り、コントロールする力が必要です。

メンタル心理インストラクター資格

このメンタル心理インストラクター資格で習得できるのは以下のスキルです。

  • 共感力を生かしたカウンセリング
  • 他者のメンタルケアをする方法
  • カウンセリングの注意点

2つ目のメンタル心理インストラクター資格では、他者のカウンセリング、ヒアリングに重点を置いて、相談者の心のケアを行うのに必要な知識とカウンセリング手法をじっくりと学びます。

他者のカウンセリングとなると、内容によっては心を病みすぎていて危険な場合もあるため、安易に実践はできません。

家族や友人、子ども、職場の同僚などの悩み相談を、かなり知識がある人として受けてあげられるようになると考えると良いでしょう。

自殺を考えるほど悩んでいる人のカウンセリングを受けるのは危険なので、適切に医師の処置を受けられるようにしましょう。

厳しく理不尽な世の中で潰されないために

厳しく理不尽な世の中で潰されないために

現代の日本では、どれだけ努力してもなかなか評価されない悲しい現実もあります。

評価されないだけならまだマシで、罵倒までされることもあります。

接客業や立場の弱い職員ではただ耐えるしかなく心を病んでしまうことも多いです。

そんな理不尽な世の中でも潰されないように強く生きるには、メンタルコントロールが必要です。

うつ病にならずにやっていくために

仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切る考え方が大切ですが、仕事中に言われた「自分」への言葉はとても重く残ります。

仕事中に言われた言葉は、例えば接客の仕事であれば「店員」に言っただけの認識でしかなく、人を傷つける側は「人間」ではなく「店員」に、言葉を選ばず文句を言ったという事象になります。

この場合、文句を言われたのは自分ではなく「店員」のコスプレでもしている時の他人だという感覚でいると、ストレスが少し軽減されます。

影響されない心の強さを鍛えて欲しい

接客業のたとえ話を続けると、その言葉を選ばない文句を言った「人間」は、その人こそ言葉を選ぶ「心の余裕」がない状態で、既に心を病んでいる可能性が高いです。

他者に罵声を浴びせるほどの状況ではないのに、言葉を荒げるということは、感染症で言えば「心の病気を移す」のと同じです。

心の余裕の無さを、他者を蔑んでこき下ろすように扱うことで、その自分を安心させられます。

そういった心理状態があり、それに伴う行動を、目の前で科学的に視認できたと考えれば、その罵倒を発した「人間」を通して「心の余裕がない人の取る行動」を実験番組でも見ている感覚で知覚できた事になります。

自己分析や心理状態把握は大人の常識

心理状態への理解や心理学的知識があると、たいていのことは考え方次第でなんとかなります。

それでも傷ついてしまうことはありますが、まずは自分の心から強くするために心理カウンセラー資格の勉強をしてみても良いでしょう。

自分の心の状態を正しく把握して

自分自身の心を理解すれば、対症療法も分かって、いつまでもクヨクヨしないで済むようになります。

少し傷ついても回復が早くなるのでダメージが長続きせず、強い心を持てたことになります。

メンタルケアも仕事のうち

20代のまだ若い頃は、ちょっとした他者の言葉でも大きく傷ついてしまうことが多いですが、早いうちに心理学の感覚を身につければ、その後の長い人生で、ちょっとのことでは悩まなくなります

余裕があれば心理カウンセラー資格を身につけて、厳しい現代社会を強く生き抜けるようにしましょう。

相談に来られる方の話をしっかりと耳を傾け、解決へと導けます。 ↓

カウンセリングの様々な技法を身に着け、実践出来るレベルまで進められます。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です