スキル身につく+輝きプラス!

リフレクソロジスト資格

反射区の優しい解きほぐし方が学べ むくみや冷え性知らずになれます

リフレクソロジスト資格は、足裏や手のひらにある反射区を刺激する「リフレクソロジー」についての知識を有していると証明するものです。当記事では、世界的に人気のあるリフレクソロジーの民間資格、「リフレクソロジスト資格」の学習内容を掘り下げてご紹介していきます。

より詳細な内容を知りたい方は、ぜひ資格公式サイトもご覧ください。

リフレクソロジスト資格が役立つ分野・将来の仕事

世界的に人気のあるリラクゼーションの1つに、リフレクソロジーがあります。

リフレクソロジーとは、足裏や手のひらにある「反射区」と呼ばれる場所を刺激するトリートメント。

それによって、人間にもともと備わっている自然治癒力を高めることが目的です。

リフレクソロジーは各国によって違いがありますが、特に、痛みの少ない英国式と、“イタ気持ちいい”台湾式・中国式が有名です。

日本ではよく足裏マッサージと混同されますが、ツボ押しほどは強く刺激を与えないのが、リフレクソロジーの特徴。

反射区をまんべんなくソフトに刺激していくことで、心身をゆっくりと解きほぐしていくトリートメントです。

まさに、現代のストレス社会にぴったりだといえるでしょう。

そんなリフレクソロジーには、実は民間資格が存在します。

「リフレクソロジスト資格(旧:健康リフレクソロジーインストラクター)」もその1つで、足裏のリフレクソロジーやハンドリフレクソロジー、ボディケアに関する知識などを備えていることを証明する資格です。

このリフレクソロジストの資格を得ることによって、整体院やサロン、フィットネスクラブやジム、温泉などで、リフレクソロジストとして働くチャンスもあります。

カルチャースクールで講師として活躍するなど、選択肢が広がりますよ。

癒しの分野で手に職をつけたいと考えている人には、ぴったりの資格です。

次の章で、リフレクソロジスト資格取得のために知っておきたいことを見ていきましょう。

心に無理をさせない生き方をするために

まず、リフレクソロジーの効果についてご紹介します。

リフレクソロジーで期待できる効果

  • 体の冷え、むくみ、コリなどの解消が期待できる。
  • 血行を促進するため、体がポカポカと温まる。
  • 胃腸など内臓の機能の回復につながる。
  • 老廃物の排出を促すため、むくみの解消につながる。
  • 疲労回復、免疫力の向上をめざせる。
  • 自律神経の乱れを整え、ストレスをやわらげる。
  • 目の疲れにアプローチできる。
  • 筋肉の張りをゆるめることで、姿勢の改善も期待できる。
  • 代謝が上がることで、美肌やエイジングケアもめざせる。

こういった数々の効果が期待できるのが、リフレクソロジーです。

さらに、リフレクソロジストは、リフレクソロジーの効果をさらに高めるための知識にも精通しています。

例えば、リフレクソロジーの効果を高める食事、美肌・ダイエットとの関係性、足湯についてなど。

また、鍼灸やヨガなど、リフレクソロジー以外のボディケアについての知識も必要です。

幅広い知識が求められますが、癒しの分野で活躍するのであれば、覚えておいて損はない知識です。自分自身や大切な人の健康管理にも役立てられますよ。

リフレクソロジスト資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

リフレクソロジスト資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

大手保険会社の調査によると、現代のビジネスパーソンの7割がストレスを抱えているのだとか。

参照 : 2018年 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査

そんな中、靴と靴下を脱ぐだけで受けられるリフレクソロジーは、疲れたビジネスパーソンにおすすめのトリートメントです。

あるデータによると、リフレクソロジーを受けた人の中で多いのは、20代~40代の女性。

参照 : 市場調査データ リフレクソロジー | J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

特に20代の女性では、27%が半年に1回ほど通っており、2~3か月という頻度で通う人も27%いるという回答結果が得られています。

その反面、全体としては、まだリフレクソロジーを受けたことがない層が半数以上を占めているので、今後のアプローチ次第では、新規顧客を開拓できる余地が十分にあるでしょう。

初めてリフレクソロジーを受ける人をあなたの技術でしっかりと癒すことによって、あなたのファンをどんどん増やせるかもしれません。

リフレクソロジストの資格を取得するのにはお金がかかりますが、若いうちに資格を取っておくと、将来の選択肢が広くなります。

若いうちはリフレクソロジーサロンなどで勤務して、実力がついたら自分のサロンを開業する、といったプランも現実味を帯びてくるでしょう。

若いうちの習得で人間力が上がるかも

また、若いうちからリフレクソロジストとして働くと、仕事を通していろいろな人と出会えます。

中には、仕事やプライベートの話をしてくれる人もいるでしょう。そうした人との会話を通して、自然と視野が広がっていくはずです。

さらに、最近はコミュニケーションを円滑にするスキルとして、「聞く力」に改めて注目が集まっています。

このようなスキルも、お客さんの話に耳を傾けているうちに、自然と身につくでしょう。

一般的に若い人の方がスキルの習得は早いため、若いうちからリフレクソロジストの資格を取得することで、総合的な人間力の向上も期待できます

このように、疲れた人を癒してあげられるだけでなく、自分磨きにもなるのが、リフレクソロジストの資格取得の大きなメリットです。

疲れた時は自分の足裏をマッサージしてリフレッシュできるのも、リフレクソロジストならではの魅力。

興味が出てきた人は、ぜひリフレクソロジストの資格にチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です