スキル身につく+輝きプラス!

レジン資格

知識は基本から応用まで しっかり身につきます

レジン資格には、UVレジンデザイナーやレジンアートデザイナー認定試験があります。レジン資格について、将来役立てられることやレジンでできること、学ぶ意味などについてまとめました。

今後レジンに関する資格を取得したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

レジン資格が役立つ分野・将来の仕事

UVレジンデザイナーやレジンアートデザイナー認定試験など、レジンの資格を取得した際に役立つ分野・将来の仕事について表にまとめてみました。

レジン資格が役立てられる場面内容
レジンデザイナークリエイター専用のメディアなどで個人販売をしたり、個人の作成したアクセサリーを販売できる店舗などで役立てられます。副業として活動している方も多くいらっしゃいます。
ハンドメイド作品の制作レジンの技術と合わせて、レジンだけではなく、手芸などと合わせることにより、ネックレスやピアスなどのアクセサリーや小物などの作成に役立てられます。

キーホルダーやチャームを自作できる

レジンアートを学ぶことでどういったことに役立てられるのか?といった疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

レジン資格を取得するにあたり、UVレジンの使い方や使う道具、便利道具やテクニックなど、基本から技術までをまんべんなく習得します。

そのため、たとえば自分の「欲しい!」と思ったアイディアを形にして、「なかなかお店に自分好みのデザインがない…」といった場合に自作できるといったメリットがあります。

レジンアクセサリーを始めるにあたって資格は必要ない!

また、レジンアクセサリーは始めるにあたって、資格は絶対に必要というわけではありません。

自分の好きな型を作成し、中に押し花やスパンコールなどの素材を入れて固めるだけでキーホルダーやアクセサリーができる、たいへんお手軽な趣味と言えます。

しかし、レジンはお手軽に始められるものですが、その反面技術を要する趣味とも言えます。

もし人に教えたい・もっと自分の技術を高めたいといった場合には、UVレジンデザイナーやレジンアートデザイナー認定試験などの資格を取得していると、将来は大変役立てられます

今後、レジンアートに関するワークショップを開きたいと考えている方や、レジンの技術を高めたいと考えている方には、たいへんおすすめの資格です。

レジン資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

レジンアートは、ここ最近でたいへん人気が出てきた趣味の一つ。

若い女性に絶大な人気があり、今や知らない・見たことがない方がいないほどのアイテムとも言えます。

「レジンをするにあたり資格が要らないのであれば、レジン資格はなくてもいいんじゃない?」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、レジン資格を持っているのといないのとでは、知識と技術量が大きく変わります。

資格取得で得られた知識は基本から応用までしっかり身についたものなので、人に詳しく教える際に説得力に違いがあり、ワークショップを開く際にも信頼性を得るのがとてもスムーズになります。

自分の好きなことを極めたい・これから副業として始めたいと考えている方は、できるだけ早いうちから学ぶことをおすすめいたします

何を始めるにしても遅いということはないのですが、知識・技術を有するには若いうちからの投資が大切です。

レジン資格をできるだけ若いうちから取得し、副業としても本業としても役立てられると、将来的に自分のオリジナルのレジンアイテムをより高いクオリティで作成できることでしょう。

アクセサリーの自前修理も気軽にできる

アクセサリーの自前修理も気軽にできる

ただ、レジンを作成できるだけでは壊れたときの修繕については、よっぽど慣れている方でなければ修繕が難しいです。

しかし、レジン資格で習得した深い知識によると、自前修繕もお手のもの。

レジンに関する扱いを熟知しているため、「お気に入りのレジンアクセサリーが壊れちゃった…」といった場合でも、自分でなんなく修繕できるのもいいですね。

「レジンアクセサリーってセンスがないと難しい…」と思っている方も、レジン資格を学ぶことで簡単にオシャレ&センスの高いレジンアクセサリーが作成できるようになります!

受験もしやすい環境になっているため、仕事や家事で忙しいという方でも、隙間時間を作ってでもレジン資格を取得することが可能です。

趣味の資格を持ちたい・好きなレジンアクセサリーの作成で副業をしたいと考えている方は、ぜひレジン資格の受講をおすすめいたします。

それぞれの資格で何が学べるのかということを簡単に記載してみましたので参考にしてください。

UVレジンデザイナーはレジンの扱い方を基礎から学べるのに対し、レジンアートデザイナー認定試験はレジンの応用というイメージです。

どちらもレジン資格として必要な技術を学べることには変わりないと言えるでしょう。

レジンに関する基本的な情報・便利道具・フレームを使った基本テクニック・型を自作する方法・ミール皿を使ったテクニック・ミニボトルのキーホルダー・押し花フレームピアス・オリジナルリングの作り方などが学べます。 ↓

イニシャルのイヤホンジャック・写真入りのアクセサリー・レジンを作る・ステンドグラス風ペンダント・ペーパーフラワーのネックレス・失敗例などが学べます。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です