スキル身につく+輝きプラス!

スピリチュアルタロット士資格

タロットカードって 神秘的!この力を自分の ものにできないかな…

スピリチュアルタロット士資格は、タロットカードを用いた占いができるようになり、かつ、相談者の心理、心、精神や過去世、現世、そして、未来に至るまでの幅広い世界を見る力を身につけていることを証明できます。

占い師の才能も影響してきますが、20代のような若くてエネルギーもある時に身につければ知識と技術が熟成されていき、しっかり実力を磨けるでしょう。

スピリチュアルタロット士資格(旧:スピリチュアルタロットアドバイザー)が求められている理由

タロットカードは、そのカードの持つ意味合いの多さと組み合わせによる1万~100万通りもの意味の多さ、鑑定結果の違いから占い師のスピリチュアルな感性や、人生経験の濃さなどが影響する分野でもあります。

多くの人はそうした人の深みを持たないため、人生経験豊富な占い師のアドバイスを求めています。

カードの持つ神秘性も見出だせるようになる

まずはタロットカードの意味を覚えて、派生する意味合いや、他のカードの意味との組み合わせによる違いも即座に理解できないといけません。

そこには運命的な確率から算出されたカードと意味が並ぶため、神秘的な鑑定結果が常に得られます。

占いに慣れてくると、その特異性や不確実性などに理解が及ぶようになるでしょう。

気持ちの整理をつけるために役立てる

運命的な確率で特定の意味を持つカードを引くことになるため、何かを決断する時、何かを選択する時の判断材料のひとつにもなります。 時には気持ちの整理のためにタロットカードを活用できるので、人生で重要な選択がある時にも参考の一つとして頼れます。

カードの結果と鑑定まで

タロットを引いた場面

タロットカードから得られた結果は、そのカード本体の意味と正位置・逆位置、展開法による違いやその後の引き方や絞り込み方によって異なる意味を持ちます。

こうした多面的・複合的に示されるタロットカードの意味を読み解いて鑑定結果とするまでがタロットカード占い師やスピリチュアルタロット士の任務です。

スプレッドと正位置・逆位置の違いについて

タロットカードの展開の仕方、カードの引き方や配置の仕方によっては、表と裏、正位置と逆位置などから意味を判断する場合があります。

時にはわざと畳と畳の隙間のような物がある台の上でカードをばらまいて、カードがその隙間に刺さることでより強い意味を持つと鑑定することもあります

正位置はポジティブな意味合い、逆位置はネガティブな意味合いを持つと判断されることが多いです。

カードの組み合わせで変わる鑑定結果

カードの組み合わせは、確率論的に起こりうる場合の数が大きくなります。展開法で配置する枚数、引く枚数、意味に含ませる枚数と意味の組み合わせを考慮すると一回の占いだけでも数百から数千通りの中から意味が導き出されていることになります。 2度、連続で同じカードを引くだけでも天文学的確率です。

相談者の悩みに合わせて伝える

タロットカードも、相談者に対して行う場合は占いの側面を持ちます。

相談者の悩みに答えを出せるような結果を出さなければいけないので、タロットカードの意味を拡大解釈するなど、関連用語や派生する用語から意味を理解していき、分かりやすく伝える必要があります。

悩みに合わせてカードの意味を伝えていく

占いでは、相談者の悩みの内容によって、カードの持つ意味と捉え方が変わります。

恋愛の悩みなのに愚者のカードが逆位置で出たからと言って、愚かだとか、わがままだとか、そのままの意味を伝えても意味がありません

恋をうまく進ませるには、わがままに自分が気をつけるのか、相手のわがままを許すのか判定する必要も出てきます。

カードの意味からアドバイスするコツ

タロットカード占いでは、カードの持つ意味合いに対して広い視野を持ってアドバイスするスキルが必要です。

特に表現力が必要で、語彙力、国語力、伝え方などのスキルが最も重視されます。 教養と広い知識と経験、多方面の感性が必要で、どんな経験でもその占い・鑑定に役立ちます。

占い方法やカードの配置も学べる

タロットカードの引き方、展開法は厳密に決まりがないため、占い師独自に、本質を導き出しやすいように工夫する必要があります。

展開法の形もスピリチュアルな意味合いを持たれる形やシンプルなペンタゴン、ヘキサゴンなどを活用しても良いでしょう。

展開する時に入れるカードを事前に絞り込んでおいても良いので、オリジナルのやり方を見つけ出しましょう。

スプレッドも引き方もルールはない

タロットカードには決まったやり方や、引き方はありません。ただそこに、大量のカードと、たくさんの意味が与えられているだけで、鑑定結果、占い結果は確率次第です。

逆に細かい決まりがないので難しい占いになりますが、使いこなせるようになると、それだけ奥深い占いとして、趣味にも仕事にもなります

若いときからはじめて経験を積める

カードの暗記、表現力の修行、人生経験など相当多方面に手足を伸ばしていく必要があるため、若いうちから意識してチャレンジする心と熱意・情熱が必要です。

若さに頼ってひたすらに勉強するのも、経験を積むのもどの体験も糧になるのが占いの世界です。 今のうちから知識を身につけて、すべての事象が身になるように健闘していきましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です