スキル身につく+輝きプラス!

スポーツフードマイスター資格

スタミナや脳機能に関する 食の管理までも学べます

スポーツフードマイスター資格は、栄養素の働き方や年齢ごとに必要な栄養とそれを取れる食事などのスポーツ栄養学の知識があることが認められる資格です。この資格はスポーツ選手の健康管理に使われるのはもちろんのこと、実生活の健康についてもより良い状態にできるので、一般の人でも取得する人が増えています。

今回はそんなスポーツフードマイスター資格について紹介していきます。

動き盛りだからより必要になる知識

スポーツ選手は、試合や大会でベストなパフォーマンスを実現する必要があり、その時の動きに関わるのが普段の練習と食生活です。

ただ、ベストなパフォーマンスが必要になるのは、仕事や学業においても同じことで、スポーツフードマイスター資格の知識が生かせる場面は意外に多いです。

肉体労働であれば身体を動かすのは当たり前ですが、デスクワークや勉強でも頭という体の一部を使うので、必要になるのは実は同じ知識です。

それでは、スポーツフードマイスター資格ではどのような知識が得られるのでしょうか。

栄養補給で動きを大幅に改善できる

栄養補給は普段の生活の中で身体を動かすために不可欠なものです。

そして、栄養補給はバランスの良い摂取が重要ですが、状況によって合わせた栄養補給をすると、鈍っていた動きを改善できる可能性があります。

脳のエネルギー補給をするブドウ糖

疲れた時に甘い物が食べたくなる状況は、多くの人が経験したことがあると思います。

これは単に甘い物がおいしいという理由ではなく、多くの甘い物に含まれる糖質を身体が求めているサインになっています。

そして、糖質は体内に入ると、ブドウ糖(グルコース)として分解され、エネルギーに変換されます。

このエネルギーは身体の様々な部分を動かす時に使われるため、疲れて頭や身体が動かない時には、脳が摂取するように求めてくるのです。

栄養素は適切に摂取すべきもの

糖質はエネルギーにもなりますが、過剰に摂取すると毒にもなり得ます。

糖質の摂取は血糖値を一時的に上げるもので、体内では血糖値を上げ過ぎないようにするためのインスリンが分泌されます。

そして糖質を過剰摂取した場合は、血糖値は急激に上がり、インスリンも過剰に分泌されて、今度は大幅に血糖値が下がることになります。

血糖値が下がりすぎると、疲れた時と同様に頭がボーっとしたり、眠気が来たりすることになるので、エネルギー補給とは真逆の効果になってしまうのです。

そレを防ぐためには、糖質がどのくらい摂取するのが正しいか、覚えておく必要があります。

スポーツフードマイスター資格では、そんな身体を動かすために必要な栄養素の適切な摂取量や摂取方法について、体系的に身に着けていく内容になっています。

落ちないスタミナを発揮するための食事

スポーツ選手におけるスタミナは重要な要素であり、パフォーマンスを最大限に発揮するためにも、スタミナは落ちない方が良いのです。

普段の生活でもそれは変らず、仕事でもスタミナがあれば、1日の仕事や勉学をある程度楽にこなしていけるでしょう。

スタミナに関わる栄養素

スタミナは身体を長く動かすため持久力のことです。

スタミナを付けるには継続した運動で底上げするのも大事ですが、栄養を取って体内が常に動いて循環している状態にするのも重要です。

そしてその循環に必要なのは、鉄分やビタミンB1、B2と言われています。

鉄分は酸素を運ぶヘモグロビンに関わり、ビタミンB1とB2はエネルギー変換に必要な要素です。

また、タンパク質は筋肉などの身体を構成する要素として使われるため、タンパク質の不足もスタミナを付ける際に必要な栄養なのです。

普段の食事に必要な栄養素をプラスする

普段の食事に必要な栄養素をプラスする

スタミナを付けるために必要な栄養素がわかった上で、実際に食事をしていく時は、普段のバランスはそのままにして、必要な栄養素を増やしていきます。

例えば鉄分はひじきやしじみに含まれるため、普段の食事に小皿としてひじき和えを添えたり、汁物をしじみの味噌汁に変えたりすると、自然と鉄分が確保できます。

また、豚肉はビタミンB1とタンパク質、卵はビタミンB2と鉄分を多く含んでいるため、主菜には豚肉の生姜焼きや目玉焼きに変えると、スタミナ重視の食事になります。

これ以外にも4つの栄養素を含む料理は数多くありますが、あくまで普段の食事に組み込む形を取るのが理想的なスタミナの付け方です。

スポーツフードマイスター資格では、上記のような身体の機能を挙げるための料理のレシピについても、栄養素と共に学べる内容なのです。

ミスを減らすための食事のとり方

スポーツ選手と仕事の両方において、身体を動かす際にミスをしてしまうことも、本来のパフォーマンスができなくなる要因です。

そして、ミスを減らすには先に紹介した糖質などで頭を働かせるのも大事ですが、それと共に摂取する際の食事のとり方も気にするべき項目です。

様々な効果が期待できる咀嚼

ミスを減らすための食事のとり方として最も大切なのは、よく噛んで食べることです。

健康のためによく噛む方が良いことは、それまでに聞いたことがある人も多いかもしれませんが、それは消化吸収良いだけでなく、様々な効果が期待できるからです。

まず、咀嚼することは脳を働かせることにも繋がり、特に認知機能である前頭前野や記憶を司る海馬を活性化させると言われています。

認知機能や記憶力が継続的に能力を発揮させるため、食事のタイミングのよく噛むことで活性化できるのは大きく意味のある行為です。

また、よく噛んで食べると脳の満腹中枢が満たされやすくなるので、食べ過ぎにならない効果もあります。

食べ過ぎることは余分な栄養摂取になり、眠気や余計な疲れを引き起こす可能性もあるので、その面でもよく噛むことが有効に働く可能性があるのです。

スポーツフードマイスター資格では、食事の管理や指導についても学べる内容となっており、栄養だけでなく食べ方や食べる前後の行動についても知識として身に付けられます

スポーツ関連のお仕事をしている方だけでなく、部活をサポートするお母さんにもおすすめの資格と入れるでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です